アニサキス冷凍処理死なない事があり、時として冷凍処理をしていたのにアニサキスによる食中毒が発生してしまう事が報告されています。ちゃんと魚の身を冷凍保存していたのにアニサキス食中毒が発生する疑問が誰しも浮かぶかと思います。そこで、アニサキスが冷凍処理で死なない理由が家庭用冷凍庫にあることをご紹介していきます。

スポンサーリンク

アニサキスが冷凍処理で死なない理由

アニサキスが冷凍処理で死なない理由として、家庭用冷凍庫の魚の保存の仕方が一番のポイントとなります。アニサキス自体は「マイナス8度」で芯まで凍らせることができれば、死滅します。しかし、アニサキス本体のみを冷凍庫で保存する人はほぼ皆無かと思います。通常では、魚の身などに私たちが知らないうちにアニサキスが寄生しています。

当然ながら、魚の身の奥深くまでアニサキスが浸入していた場合、その魚の身の中心まで冷え切るまでには相当の時間がかかることが誰しも想像がつくでしょう。もちろん、アニサキス単体であれば「マイナス8度」で芯まで凍らせると死滅するわけでありますが、家庭用冷凍庫で「マイナス8度」に設定してから冷凍処理をしても、魚の身の奥に入り込んでい待っているアニサキスは「マイナス8度」にはなりません。

それを考慮して、日本の「厚生労働省」はアニサキス対策として、生食用の魚の身は「マイナス20度で24時間以上の冷凍処理」を推奨しています。マイナス8度という温度でまる1日以上冷凍処理をすれば、たとえある程度の魚の身の奥深くに寄生しているアニサキスであってもその芯まで凍らせることができ、アニサキスの死滅につながります。

しかし、アニサキスが冷凍処理で死なない理由は、家庭用冷凍庫の特徴や使い方にあるということをご存知でしょうか。
関連記事
アニサキスが冷凍で死滅する時間と温度について

アニサキスが冷凍処理で死なない家庭用冷凍庫の仕様

アニサキスは「マイナス20度で24時間以上の冷凍処理」をする必要があると厚生労働省は、発表しておりますが日本の冷蔵庫メーカーが販売している冷凍庫の平均温度は「マイナス18度」です。これは、日本工業規格(JIS)の冷凍庫の基準が「マイナス12度以下」と決められているため、家庭用冷凍庫には極端に低い温度が設定されていません。

普通に家庭用冷凍庫を使用していれば、平均値で冷凍庫の温度は「マイナス18度」です。しかし、厚生労働省が発表しているアニサキスの冷凍処理に必要な温度を満たしていない事がわかります。しかも、一般家庭では冷凍室に色々な食材などを入れているため、「マイナス18度」よりも冷凍室の温度が高くなっている事も多いです。

また、一般家庭では業務用冷凍庫よりも温度が高いことに加えて、頻繁に冷蔵庫の扉の開け閉めが多いことも特徴的です。このように日常利用をする冷蔵庫は、その扉の開け閉めによって、さらに冷凍庫が「マイナス18度以下」の状態を長時間保つことが困難な状況となることも多々あります。ただし、家庭用の冷凍庫が厚生労働省の定めるアニサキス死滅温度に達していないから危ないというものでもありません。

冒頭でお話しましたが、アニサキス単体は「マイナス8度」の温度で芯まで凍らせることによって死滅します。つまり、日常利用をする家庭用冷凍庫は業務用冷凍庫よりもその温度が上昇しがちであり、また「マイナス20度以下」になることは難しい環境下でありますが、その分、48時間以上長時間の冷凍を心がけることによって、魚の身の奥深くに寄生しているアニサキスを芯まで凍らせることが可能です。

この様に家庭用冷凍庫で「マイナス20度」に冷凍庫がなっていなくとも、厚生労働省が定める時間以上に魚の身を冷凍処理をすることによって、アニサキスが死なないという事態を避けることができます。

ちなみにですが、大幸薬品株式会社がラッパのマークでお馴染みの「正露丸」を2014年9月19日にアニサキスの活動を弱める効果があるため、【「消化器アニサキス症用薬剤」の特許(特許第5614801号)】を取得しています。つまり、万が一、魚の刺身を食べてアニサキスが体内に入ってしまった場合に「正露丸」を飲むと、アニサキスの活動を弱めることが出来、私たちの回復速度を早める作用が正式に確認され認められています。

関連記事
アニサキスが冷凍で死滅する時間と温度について
ナマコの栄養素と効能が凄い!でも食べ過ぎ注意
イカの精子に要注意!生食すると口内の激痛と共に手術が必要
ブラックバスを食べると危険な理由!寄生虫の刺身の関係性

 

スポンサーリンク









Twitterでフォローしよう

おすすめの記事