あなたはエサ釣りをする時には、まずゴカイ釣り餌を選ぶことは多いでしょうか。実は、ゴカイの釣り餌は釣りを始めてする人からベテランまで幅広く愛されてきているエサです。さらにはゴカイの釣り餌は仕掛けを選ばずに万能に使えるという便利なエサでもあります。そんなゴカイが釣りで万能エサとして使われてきている理由についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

ゴカイの釣り餌は仕掛けを選ばず食いが抜群に良い


釣り餌のゴカイは姿形がアオイソメと似ているので、同じ虫エサだと誤解されていることが多いです。しかしゴカイはアオイソメよりも魚の食いがかなり良いので、万能エサとしてより釣り人からの人気があります。ゴカイの釣り餌は多くのフィールドで使い勝手が良く、その使い方も仕掛けを選ばずに簡単なため、ゴカイが万能エサとして評価されているのです。

釣り餌に用いられるゴカイは環形動物門多毛綱で、動物の仲間に分類されます。昔からゴカイは釣り餌として人気ですが、お手軽な価格で生命力もけっこう強く、そして海に投げ入れても長時間ゴカイの身がシナシナ状態になりにくいので、万能エサと知られています。ゴカイの全長の大きさも約10センチ前後で小ぶりで柔らかく、魚たちにしっかりアピールしてくれます。

余談ですが魚だけでは無く野鳥などの餌にもなるため、ゴカイはあらゆる生物の餌として存在していると言えます。釣りに行くときに、「とりあえず魚のエサはゴカイを買っておく」という人が大多数を占めます。

ゴカイの釣り餌を使って釣れる魚の種類が多い


ゴカイの釣り餌を使って釣ることが出来る魚の種類が豊富なのも、万能エサと言われる理由の一つでしょう。例えば、ゴカイの釣り餌を砂地の釣り場で使うとハゼやキスが釣れます。ハゼは河口付近で見られますが、大きなものは40センチ以上もあって釣り人に親しまれている魚です。秋シーズンなどはかなりハゼが釣れるので、ゴカイを使った釣り人達がハゼを続けて釣っているのを見ることがあります。

キスは5月あたりから釣れ始めますから、ゴカイを使ってぜひ狙いたい魚です。キスは天ぷらにするとカナリ美味しいので、釣った後の楽しみがあるのも良いですね。さらにゴカイの釣り餌でメバルやカサゴ、そしてメゴチなどもよく釣れます。春シーズンは産卵を前に活性が上がっているチヌなどを、ゴカイの釣り餌で狙っていくのも人気です。

また、これはごく稀でありますがゴカイの釣り餌で釣りをしていると、一本針にタコがかかったり思わぬ大物がかかってりすることもあります。私も個人的に4回ほどゴカイの釣り餌でタコを掛けていますが、さすがに1本針では釣り上げることができないのでタモがこの場合は必要です。むろん、ゴカイの釣り餌でタコを釣るつもりはなかったのでタモを持っていなかったことに悔しい思いをしたことは言うまでもありませんね。

ゴカイの釣り餌は色々な使い方が出来るので万能エサ


同じゴカイの釣り餌でも針へと付け方に応じて、アピール力を変えていくことが出来ます。餌の付け方を変えただけで、釣果が変わってくると言うのもゴカイの釣り餌の大きな魅力です。例えば、ただゴカイを釣り針にぶら下げるようなかけ方をすると、ゴカイのクネクネとした動きで活性が低い魚を誘うことが可能です。ゴカイの頭の部分を針に引っかけて、フォールさせていくと魚にアピールしてくれます。

魚の活性がすでに高いときには、何匹かのゴカイの釣り餌をまとめて針に複数かけて下さい。大好物の餌がまとまってあるために、すぐに魚がアタックしてきます。何匹かは胴体までしっかりと針に刺してうち一匹は頭だけを刺して動くようにしておくと、アピール力をキープ出来ます。このように複数匹のゴカイを釣り針にかけるとき、付け方を変えることでフッキング性能も向上します。

魚の群れをゴカイの釣り餌を仕掛け周辺に良さ体ときには、ゴカイの臭いを発散させるためにゴカイの体全体を針に通す方法が有効です。ゴカイの釣り餌の付け方によってゴカイの臭いを広げて、魚がいるタナを意識しながら魚の群れがどこを回遊しているのかを探すことも可能です。ゴカイの釣り餌は使い勝手も良いですし、釣れる魚も多いので万能エサと呼ばれています。色々な餌のつけ方を試して、まだ釣ったことの無い魚を狙っていきましょう。

関連記事
ゴカイとイソメの違い2つと保存方法を知ると釣りに役立つ
塩イソメの作り方と保存方法!釣果が良くなる付け方と使い方
集魚戦隊サバレンジャーという新しい釣りエサが凄すぎる!
アカムシユスリカの釣りえさ販売店と保存方法について
偏光サングラスが釣りに必要な7つの超具体的な理由と見え方

 

スポンサーリンク









Twitterでフォローしよう

おすすめの記事