釣具中古品は、釣りアイテムを数揃えるときにはとても安くてメリットがあります。
しかし、中古釣具の価格だけで選んでしまうと、致命的な欠陥があったり使用するのに不向きな中古品があったりとリスクもあります。
この記事では、釣りに超使える釣具の中古品の見極め方と、中古釣具で失敗しないための注意点などをご紹介します。

スポンサーリンク

超使える中古ロッドの釣具を見極める方法


釣具において中古のロッドを見極めるときには、ガイドやブランクス、そして中通し竿やグリップなどを注意深くチェックしていかなければなりません。

例えば、釣り竿ガイドのリングに欠けているところや、削れた後などが無いかをチェックしたり、フレームに腐食や溶接が弱い部分が無いかを見たりして下さい。
ブランクスに傷があるかどうかを、きちんと見ることも大切です。

細かな傷は問題ありませんが、素材にまで達するような深い傷が付いているときには、使用中に壊れてしまう危険があるので注意が必要です。
ロッドのガイドに傷や欠けがあると、キャストしたり魚とファイトしているときに糸がガイドの欠けなどに引っ掛かり切れてしまう場合もあります。
また、中通し竿においては通り道が塞がっていないかとか、付属の糸通しワイヤーがちゃんとあるかどうかも見ておくと良いでしょう。

そして、グリップのコルクや硬化スポンジが欠けていないかや、リールシートにひびが無いかも見て下さい。
もし、ロッドのリールシートにひびがあると、リールの固定が出来なくなってしまいます。
あるいは、リールを巻くときにグネグネとリールが緩んでしまう場合もあります。

超使える中古リールの釣具を見極める方法


釣具において中古のリールを買う時には、かなり注意しなくてはなりません。実は釣具の中古市場に出回っているリールは、不良品があったり使い勝手が著しく悪かったりするものがあります。
リールはギアが摩耗しやすいですが、中古品のリールを買うときには外見だけを見てどこまで摩耗しているか知ることが出来ません。中古リールを買う時に一番気を付けたいのは、リールを回したときにスムーズに回るかどうかです。

中古リールを買う前に店頭に並んでいる中古リールを手に取って実際に回してみると、スムーズにハンドルが回らなかったり、違和感があったりすることがあります。このような中古リールの違和感は、リールのギアが摩耗していることのサインですから、注意して下さい。釣りをするときにリールは酷使する部分なので、リールを回したときにスムーズに回らないとストレスになります。

毎回リールを回す度に違和感があっては、せっかくの魚を逃がしてしまいます。リールの挙動が安定していないと、魚釣りに集中することが出来ません。そして、中古のスピニングリールを選ぶ時には、ベイルアーム(ベールアーム)の中のバネがへたっている可能性がありますので気を付けなくてはなりません。
前のスピニングリールのオーナーがメンテナンスをしていれば問題ないですが、どのようにしてこれまでのメンテナンス状態を知ることが出来るでしょうか。

その前オーナーのメンテナンス状況は、スピニングリールのラインローラーが、ちゃんと機能的に動くかどうかを確認しまてください。きちんと動くなら、汚れや塩などをよく落としていて手入れやメンテナンスをしっかりとされていた証拠となります。
また、リールのドラグの部分や、ブレーキが利くかどうかも必ずチェックしましょう。

中にはリール内部に砂が入り込んでいる場合もあるので、しっかりとパーツのチェックなどが重要です。スピニングリールではハンドルの折り畳みがちゃんと出来るかどうか、ドラグ調整は大丈夫かなどを調べます。
ベイトリールでは、しっかりとリール内で左右に動レベルワインダーがちゃんと稼働するかどうかをみてください。
そして、ベイトリールのクラッチがしっかりと押せるかどうかや、メカニカルブレーキが効くかなどをしっかりと確認してください。

超使える中古ルアーの釣具を見極める方法


釣具において中古のルアーを買う時には、そのルアーの状態をしっかりと確認する必要があります。
たとえば、ルアーに凹みや欠けがあると、ルアーアクションがうまくできないため、釣果に悪影響が出来てきます。
また、ルアーのダメージがひどくてルアーウェイトバランスが狂ってしまっている場合も、ルアーアクションに影響を及ぼします。

ルアーのトリプルフックに歪みや針の反し部分にダメージがあると、トリプルフックを新品と交換してあげれば問題ありませんが、エギの場合は要注意です。
エギは基本的に針部分が簡単に交換できない仕様となっているため、エギの針部分が曲がっていたり針の先端が丸びていて尖っていない状態だと、イカを引っ掛けにくくなります。

この様に釣具の中古ルアー製品で良い中古品を見極めるには、ルアーのバランス機能が整っており、ルアー本体へのダメージが比較的少ないものを選んでください。
ルアーに歪みや欠け、割れなどがあったり、固定側の針にダメージがあるものは避けて選ぶ方が良いです。

釣具の中古品を選ぶときの注意点


中古釣具を選ぶときには、どういう理由でその中古の釣具が売りに出されたのかを考えて下さい。
どんな理由で釣具が売られたのかを考えると、今あなたが手に取って購入しようと思っている中古商品の状態を知ることが出来ます。
もう使い古したという理由で売られた釣具は、あまり価値がないかも知れませんが、昔のユーザーにとって使い勝手が悪くて売られた中古釣具は使用回数が少ないため、へたっていない可能性があります。

その釣具を売った人にとっては使い勝手が悪くても、自分の釣りでの使い方には合っている場合もあるのです。
そんな時は掘り出し物となるので、程度の良い釣具を買うことが出来ます。
未使用品の釣具や、未開封品の釣具中古品などを見つけたときはチャンスですね。

あなたの釣りのシーンを考えて、自分にとって使い勝手が良いかを確認してから中古釣具を手に入れましょう。
中古釣具を見極めるときには、竿やリールの各部分をきちんと見るようにしましょう。
特にリールは、回してこの中古リールはどういった状態で売られているのかを確認して下さいね。

まとめ

  • 釣具の中古ロッドはガイドやリールシートに傷が無いものを選ぶ
  • 釣具の中古リールはハンドルやドラグそしてクラッチが機能するものを選ぶ
  • 釣具の中古ルアーは形状が整っていて針交換が可能なタイプを選ぶ
  • 釣具の中古品を選ぶときにはどういう理由で売りに出されたかを考える

 

スポンサーリンク









Twitterでフォローしよう

おすすめの記事