偏光サングラスとは、通常のレンズの間に乱反射光をカットする特殊な偏光膜を搭載したものです。偏光サングラスをかけると、あなたが見たいと思う対象物に降り注ぐ色々な反射光をカットしてクリーンな視界を実現できます。日常生活でも便利な偏光サングラスですが、特に釣りにおいては釣果をアップさせることも可能な有利な状況を生み出すことが大きなメリットです。

スポンサーリンク

偏光サングラスと釣りについて


偏光サングラスはどのようなサングラスで、普通のサングラスとはどの辺りが違うのかわからないという方も少なくありません。偏光グラスは、普通のサングラスに加えてレンズに偏光膜というフィルターを搭載して、雑光を取り除く効果があります。

偏光サングラスはスポーツショップや釣り具店などによく販売されていて、最近ではメガネ店においてもより専門性の高いシーンで活用できる偏光レンズがオプションレンズとして選択することが出来るお店も増えているように、かなり広く偏光サングラスが浸透してきています。

通常のサングラスは無色のレンズに色を付けて眩しさを抑えていますが、反射光は眩しいままです。例えば、可視光線透過率が50%の普通のサングラスを使用していた場合、直接光の50%カットすると言った具合にそのレンズの可視光線透過率に応じて直接光の眩しさを減らしてくれますが、普通レンズは見たいものも全て暗くしてしまうという欠点があります。

つまり、見たい対象物が乱反射光によって見えにくい状態である時に普通のサングラスをすると、視界全体が暗くなって見づらい乱反射光部分がより暗くなって更に見えにくくなるという状況が発生し、これが釣りのシーンであると大きなデメリットが生じます。しかし、偏光サングラスの場合、一方向だけの光を通過させるので眩しさの原因である、直接光と乱反射光の2種類の光を抑えてくれるのです。

そのため、偏光サングラスの方が一般的なサングラスよりも視界がクリアに見えるということになります。偏光サングラスの具体的な使用例ですが、まずは最も使用されることが多いとされているのが釣りであり、偏光グラスを使用することによって水面のギラギラした反射光を抑えてくれるという効果が期待できます。偏光サングラスを釣りで使用すると、肉眼や普通のサングラスでは見ることが出来ない水の中の状況や魚の姿などが見えやすくなるのです。

スポーツではマリンスポーツやスキーなどで偏光サングラスが活用されています。水面の乱反射はもちろん、ゲレンデもギラギラとした反射光が気になるポイントなので、偏光サングラスをかけるによって視界を雑光の無いクリアな状態にすることが可能です。

偏光サングラスが海や川釣りにオススメな理由

偏光サングラスが釣りをする人にとってオススメな理由を1つずつ見ていきましょう。まずは偏光サングラスかけて釣りをすると「乱反射光がカットされて、水の中の状況がよく分かるようになるということ」です。昼間の日差しが強い時に釣りをしたことのある人であれば、水面がギラギラと反射して水の中が見えづらくどうなっているかよくわからないという経験をしたことがある人は多いでしょう。

そんな時に偏光サングラスを使うことで、このギラついた光を取り除いて水の中の様子が分かりやすくなります。海であれば、釣りの探りポイントである海草がどの辺りにあるかがよく分かるようになったり、岩礁など障害物の有無も確認しやすくなって仕掛けをロストしてしまうことも減ります。さらに、偏光サングラスを使って釣りをすると、魚の姿も見えやすくなるので本命の魚種がいるのかどうかや、エサ取りは何がいるのかなどを確認することが出来ます。

偏光サングラスを釣りに活用することによって、海の状況を判断することが用意になるため仕掛けや釣り方などを調整することもでき、非常に有利かつ効率よく釣りができるようになります。川釣りの場合も海釣りの場合と同様に、偏光サングラスは水面の反射を抑えてくれるので水の中の様子を確認しやすくなるということは共通事項としてあります。

また、川で釣りをする場合には流れ込みなどを攻めることが多いですが、この川の流れ込みポイントというのは非常に反射光が強く出る部分なので肉眼ではなかなか水の中の様子を確認することが出来ません。しかし、偏光サングラスをつけることにより川釣りの流れ込みポイント周辺の様子も分かりやすくなるので非常に便利です。

ウキ釣りなどをする人の場合は特に偏光サングラスのメリットが大きくなります。ウキ釣りの場合はウキの動きによって合わせを行ったりするわけですが、偏光サングラスを使用していないと水面がギラギラしているためウキの動きもよく確認しにくくなってしまいます。偏光サングラスによってウキの動きもよく見えるようになります。

このように、偏光サングラスは海釣りや川釣りで快適かつ効率よく釣りをするためには必要不可欠なものなのでオススメなアイテムとなります。特に、快適で有利な釣りをしたい人には偏光サングラスが必須アイテムといえます。

偏光サングラスは釣り様々なシーンで活躍する

偏光サングラスは、海や川以外での釣りでもオススメ出来るアイテムとなっています。海や川以外での釣りというと、釣り堀や湖などでの釣りも偏光サングラスが大活躍します。釣り堀などでは魚が必ずいることが分かっているので、偏光サングラスなど無くても問題ないのではないかと考える人もいるかもしれません。しかし、釣り堀にいる魚というのは何度も釣られている魚が多いので、いわゆるスレている魚も少なくありません。

特にヘラブナ釣りなどの場合、当たりが繊細だったり、合わせのタイミングを取ることが難しいのでウキの動きというのが非常に重要になってきます。そのため、ヘラブナ釣りをする人はいくつものウキを状況に合わせて使い分けていくわけですが、いくら繊細なウキを使って反応を良くしたとしてもそのウキの動きをしっかりと確認できていなければ何の意味もありません。

そこで偏光サングラスを活用すると水面のギラギラを抑えることによってウキの動きが見やすくなります。また、偏光サングラスには色も付いていますが、ヘラブナ釣りで使用されるウキは赤や黄色、緑など何色かに別れています。多少色がついていることによりウキの色の判別もしやすくなりますので、エサが無くなった事も分かりやすくなり手返しが良くなるので偏光サングラスを使うと釣果を上げやすくなるのです。

さらに湖では若者などを中心にブラックバスなどの釣りが人気です。ブラックバスというのはストラクチャー(障害物)についていることが多く、水の中の状態を確認することは非常に重要になりますので偏光サングラスは非常に有効となります。また、ブラックバスは「見えバス」などと呼ばれるような見えているバスを狙うことも多い釣りです。そのため、水の中がよく見える偏光サングラスはブラックバス釣りにオススメです。

偏光サングラスの見え方の良さについて

偏光サングラスの視界の見え方ですが、一般的なサングラスや裸眼で見るのとはハッキリと違いが現れます。池の中に鯉が泳いでいたとして、一般的なサングラスや裸眼で見ると錦鯉であれば模様がボヤッとした感じで見えている状態、黒い鯉であれば鯉の姿がほとんど確認できないような状態とします。しかし、偏光サングラスをして見ると、模様がハッキリと見えるようになり、黒い鯉も口をパクパクしているのが確認できるほどハッキリと見えるようになるほどです。

偏光サングラスを持っているのであれば、裸眼で見た後に偏光グラスをして同じところを見てみればその違いはハッキリと分かります。ファミリーフィッシングをされる方は子供を堤防にサビキ釣りなどに連れていき、コマセを撒いてみると沢山のイワシや小メジナなどが寄ってくるのを偏光サングラスを付けさせることで見せることも出来ます。

偏光サングラスに興味があるという人は、スポーツ店や釣具屋さん行ってみると多種多様な偏光グラスを見比べることができます。数多くの偏光サングラスを取り扱っているお店でで、偏光レンズと普通レンズの見え方の違いを比較することが出来るボードなどが用意されています。実際にそういった偏光レンズの効果体験ができるお店で見え方を確認してみると納得の上で購入することが出来ますが、近くに偏光サングラスを売っているお店がないという場合には、このまま読み進めてみてください。

関連記事
偏光レンズとは?普通サングラスとの見分け方と寿命と透明色

偏光サングラスがエギングの釣りで釣果アップに役立つ具体的なシーン


エギングの釣りでは疑似餌であるエギをいかに本物のエビや魚のような動きをさせるかがポイントになるため、そのアクション法はとても重要です。ただ、アクションの上手さだけではうまくイカの釣果につながらないこともあります。まずエギングの釣りで釣果につなげるためのポイントとして、エギ選びがあります。どんなに上手くアクションをつけてもエギ選びが適切でなければ釣果にはつながらないことも多々あります。

エギングの釣りに使うエギを選ぶ時には周囲の明るさや海水の透明度、潮流などを確認してそのシーンに有効なエギ選びをします。周囲が暗い時間帯や海水が濁っている、水深が深い場合では目立つカラーのエギを使用します。目立つエギを使うことで視認性が高くなり高い釣果が期待できます。逆に昼間のような周囲が明るく海水が澄んでいるような時にはあまり目立つカラーではなくナチュラルカラーのエギを使用するとイカの釣果が期待できます。

その他にもエギングの釣りで釣果アップにつながる要素として、エギを直接ラインに結ぶのではなくスナップを使うことも大切です。ラインを直接エギに結んでしまうと、手元のわずかな動きもエギに伝わってしまい不自然な動きになってしまいます。エギングでアオリイカを釣る時には場所も重要であり、藻が多いようなところなら高い釣果が期待できます。

ただし、アオリイカがよく居る藻の多い場所はエギが絡まりやすく逆に釣果が全く得られないこともあります。藻が多いこのような場所でのエギングの釣りでは、硬めのエギングロッドを使用することで藻に絡まっても藻を切ってエギを簡単に外すことができるので釣果にもつながりやすくなります。エギングでは当たりがあっても掛け損なうこともよくあります。

バラシてしまった時には、諦めて再度チャレンジをしてみましょう。エギングでバラした直後でも、イカに襲われた魚が逃げるようなイメージでエギを底にフォールしていくだけで、もう一度イカがアタックしてくることもよくあります。エギングの釣果アップ要素としてアクション以外にも適切なエギを選ぶ、 直接ラインに結ぶのではなくスナップを使う、硬めのエギングロッドを使う、掛け損なっても諦めないことを意識するだけで釣果アップが期待できます。

エギングの釣りで偏光サングラスを使えばどう有利になるのか

エギングの釣りで釣果アップを目指すためには、周囲や水中の確認をする、スナップを使う、硬いエギングロッドを使う、掛け損なっても諦めないなどのポイントがありましたが、これらのポイントは偏光サングラスを使うことでより高い釣果アップにつながります。エギ選びでは周辺の状況を正しく認識する必要がありますが、光の照り返しが強い状況では肉眼で水中の状況を確認しようとしても難しいものです。

しかし偏光サングラスを使うことでイカが泳いでいる水中の状況も把握しやすくなります。今日の海水の透明度はどうなのか、潮流や水深なども偏光サングラスを使うことで確認しやすくなって、その状況にマッチした適切なエギ選びをしやすくなります。偏光サングラスで水中の確認をする時には、アオリイカが周辺にいるかどうかを確認するだけでなく、岩や藻があるかも確認しましょう。

岩や藻など隠れる場所の多い釣り場では、アオリイカの存在を確認できなくてもエギを入れることでアオリイカが集まってくることもあります。また、エギにスナップを使うことでより自然なエギの動きを演出することができますが、水中で本当にいい動きをしているのかと不安を感じる人もいるでしょう。そんな時でも偏光サングラスを使っていれば、海中でのエギの動きやアクションを確認することができます。

偏光サングラスを使うことで、藻の多い釣り場でも藻を避けながらアクションをつけて釣りをすることができますし、もし藻に絡まってしまっても絡まり具合を確認できることで藻から外しやすくなります。イカを掛け損なった時でも、まだアオリイカが周辺にいるようであれば再度チャレンジしやすくもなります。このようにエギングの釣りでは偏光サングラスを使用するのとしないのとでは釣果に大きな差が出ることになります。

エギングをする時には偏光サングラスを使って水中やエギの状況をよく確認しながら釣果アップを目指すことが大切です。

関連記事
エギングロッドの失敗しない5つの選び方!これを知っていれば安心だ

偏光サングラスがブラックバスの釣りで釣果アップに役立つ具体的なシーン


ブラックバスの釣果アップを目指すなら、まず釣りやすいタイミングで釣りを始めることが大事です。私たちは朝と昼、夜に食事をするのが一般的で、魚にも人間と同じように食事をするタイミングがあります。多くの魚が朝マズメと夕マズメを捕食の時間としていて、これはブラックバスも同じであるため、このマズメのタイミングで釣りをすることで釣果アップが期待できます。

ただ、いくら食い気の高いタイミングで釣りを始めたとしても、ブラックバスがいる場所で釣りをしなければ当然ながら釣果アップは期待できません。ブラックバスは障害物の多い場所にいることが多いので、水中に障害物が多い場所を事前に確認しておくことがとても必要です。朝マズメと夕マズメのような食い気が高い時間帯で、ブラックバスがつきやすい場所で釣りをすることで釣果アップにつながります。

さらに釣果アップを目指すなら、ブラックバスとルアーとの位置にも気を配る必要があります。ただ闇雲にルアーを投げていたのでは、たまたまブラックバスがかかることもありますが高い釣果アップはまず期待できないです。ブラックバスは横に目がついているため、真上や真下にルアーがある場合にはそちらの方向を向かない限りはルアーを認識することができません。

また、ブラックバスは、正面数十センチ程度まで近づかないと焦点を合わせることができません。ブラックバスが認識しやすい場所にルアーを入れてこそ高い釣果アップが期待できます。ブラックバス釣りで釣果アップを期待するためには、食い気の高い時間帯を選んで釣りを始める、ブラックバスがつきやすい場所を選ぶ、ブラックバスが認識しやすい位置にルアーを入れることを意識しましょう。そうすれば、ブラックバス釣りで高い釣果アップが期待できます。

ブラックバス釣りで偏光サングラスを使えばどう有利になるのか

ブラックバス釣りで釣果アップを期待するためには、食い気の高い時間帯を選んで釣りを始める、ブラックバスがつきやすい場所を選ぶ、ブラックバスが認識しやすい位置にルアーを入れることなどのポイントがありました。朝マズメや夕マズメを狙ってブラックバス釣りを始めることは誰でもできることです。

ただ、ブラックバスがつきやすい場所を選ぶ、ブラックバスが認識しやすい位置にルアーを入れることは、ブラックバス釣りを始めたばかりの初心者ではどのようにしたらいいのかと疑問を感じる人も多いです。この疑問を解消してくれるのが、偏光サングラスです。偏光サングラスは光の照り返しを防いでくれるので水中の状況も把握しやすくしてくれます。

ブラックバスが釣れる釣り場では池や川の水が濁っていることがほとんどでありますので、水中の状況はまず肉眼では確認できないできないです。しかし、そんな濁った状況でも、偏光サングラスを使うことにより肉眼では見えなかった水中の状況が把握できるようになります。水が濁っているブラックバスの釣り場では、周りにある草や木などが映り込んでしまい水中の中はほとんど見えません。

偏光サングラスをつけることでその草や木の映り込みがなくなって、水中がよく見えてることに加えて水中にある流木や水草、岩なども見えやすくなります。この偏光サングラスの効果によってブラックバスがいるのかも把握しやすくなり、どの障害物にブラックバスがつきやすいのかも簡単に探すことができます。また、偏光グラスを使うことでブラックバスの位置が確認できれば、どのポイントにルアーを入れたらいいのかもわかります。

この様に偏光サングラスを活用することで、よりゲーム性の高いブラックスバス釣りが楽しむことができるようになります。有利な釣りシーンを実現できることからも偏光サングラスはブラックバス釣りで欠かせないアイテムとなります。

関連記事
ブラックバスの世界記録保持者は日本人だった!その賞金額が

偏光サングラスがアジングの釣りで釣果アップに役立つ具体的なシーン


アジングは梅雨の時期から始まり秋にかけてピークを迎える釣りです。アジの適水温は16~20℃と言われ、この水温から外れる冬から春にかけてはアジングをするのは難しい時期となります。アジングをするなら海水温を確認して、アジの活性が高まる適水温になってから釣りを始めると良いです。 アジングでは、釣りをする時間帯も重要です。

特にアジのあたりが多い時間帯は、朝マズメと夕マズメです。もちろん日中でもアジが釣れることはありますが、日中は多くの魚が食い気を示さない時間帯なので高い釣果を期待する人には日中のアジングは避けるべきです。アジングで高い釣果を期待するなら、アジが食い気を示す時間帯である朝マズメや夕マズメを狙うことがポイントです。

アジングでは、ワームやジグヘッドを使って釣りをします。アジングの釣果アップのためには、複数のワームとジグヘッドを用意しておくことも大切です。釣り場のベイトによってアジがその日に反応しやすいワームのカラーや長さ、太さにも大きく違いが出てきます。釣果を気したアジングをするためには、まずはどのようなワームが反応しやすいのかを、ワームやカラーローテーションで見つけることが重要です。

アジングのジグヘッドは、軽い0.8グラム前後の重さのジグヘッドを使うことで動きもゆっくりになってあたりも出やすいです。ただ、アジングのタックス自体が元々軽量傾向にあるため、潮の流れによっては軽いジグヘッドでは流されてしまいうまく反応しないこともあるので、潮が早い時には1グラム以上のジグヘッドを使うのも有効な方法です。

アジングで釣果をアップさせる上で最も重要な点が、場所選びやタナの探りです。釣果の実績がない場所でアジングをしてもやはりアジを釣るのは難しいですし、高い釣果が期待できる場所であってもアジがいる場所に仕掛けを入れることができなければ釣果にはつながらないです。アジングの釣りをする前にはしっかりと現地の情報収集をして、確かな実績がある釣り場に通って、その釣り場に合ったタナを見つけてアジングをすることが釣果アップにつながります。

アジングの釣りで偏光サングラスを使えばどう有利になるのか

もうご存知の通り、偏光サングラスを使えば水中の中も把握しやすくなります。アジは群れで行動しているため、魚の群れさえ確認できれば初めてアジングをする人でも比較的簡単にアジを釣ることができます。ただ、乱反射光が激しくて照り返しのある状態だと肉眼では海中の状況はほとんど把握することができず、アジの群れを探すのは簡単ではありません。

そんな状況の時に、偏光サングラスをつけることで水中の様子も分かりやすくなって釣果アップに需要なアジの群れを見つけやすくなります。そしてアジング釣果の高い場所を探すには、近所の釣具屋さんで情報収集をするというのが最も確実な方法です。しかし、どんなにアジング釣果の高い場所でも、群れで行動しているアジはその群れを見つけることができないと釣果はほとんど期待できないです。

高い実績のあるアジング釣り場で釣果アップを期待するなら的確にアジの群れを見つけることがポイントです。そのためには偏光サングラスを使うことが必須条件となります。アジの群れが確認できるということは、タナも自然と分かることになります。アジングに限らずどんな釣りでも目的としている魚種のタナは重要なのですが、魚群探知機も使わないような岸からの釣りではこのタナを確認するのがとても難しいです。

しかし、偏光サングラスを使うことでアジの群れを確認することができるだけでなくそのタナの位置もある程度を把握することができて釣果アップにつながります。 また、偏光グラスを活用して海中の状況が把握しやすくなることはアジの群れを見つけやすいだけでなく、アジがエサとしているベイトの群れも確認しやすくなります。

アジがどんなものをエサとしているのかを確認できれば、アジングで使用するワームのカラーや長さ、太さなども変更しやすいです。アジが追いかけているエサと似たようなカラーや長さ、太さのワームを使うことで釣果アップが期待できます。

関連記事
アジング釣果アップのコツ!そしてアジが釣れる5つのキーポイント

偏光サングラスがジギングの釣りで釣果アップに役立つ具体的なシーン


一般的なジギングでは、金属製のメタルジグを使って釣りをします。このジギングの釣りでは魚の形をした金属素材のメタルジグをいかに魚のように見せるかがポイントです。様々なアクションを与えることで、金属素材のメタルジグを魚が泳いでいるように見せながら釣果につなげます。そのため、このジギングの釣りでは、どのようにアクションを与えるかが重要になってきます。

狙っている魚のタナを見極めて、そのタナでフォールや巻きのアクションをすることで釣果アップも期待できます。水深のあるポイントでは、まずはメタルジグを着底させてそこから巻き上げながらアクションをつけていくのですが、釣果アップを期待するならメタルジグ着底からすぐに底を切ることがポイントとなります。中層にいる魚が狙いであったとしても、メタルジグが底に着くまでにそのメタルジグを魚たちは見つめています。

時には、そのフォール中のメタルジグが着底するまで魚が追っかけてきていることもあります。しかし、メタルジグが着底したとたんに動きがないと、魚にはすぐに作りものだと気付かれてしまって食いつくことはないです。そのため、ジギングの釣りでは、メタルジグ着底後すぐに底を切ることが重要であり、底を切ることはメタルジグにアクションを与えることにもなり、追っかけてきている魚がその瞬間にヒットする可能性も高まります。

すぐに底を切るというアクションは、根魚などを狙う場合でも同じです。船などで釣りをする場合にはどの程度で着底するのかをまずは把握しましょう。水深などをラインの色である程度の着底するタイミングを把握する、仕掛けを入れてどのくらいの時間で着底するのかを確認することで高い釣果アップが期待できます。また、最近では金属製の器具ではなくジギングサビキを使って岸から釣りをする人も増えてきています。

このジギングサビキで釣果アップをするには岸近くに魚がいるのかを把握する必要があります。周りの人が釣れ始めればその周辺には魚が集まっていると確認することができます。この魚が集まってきているタイミングで、ジギングサビキをすることによって高い釣果も期待できます。

ジギングの釣りで偏光サングラスを使えばどう有利になるのか

ジギングを行う際にも偏光サングラスはとても役に立ちます。船で沖に出れば、周りには何も障害物なく、この状況下では太陽の光の照り返しも強く受けることになります。海水面からの光の照り返しを強く受けると周りの潮目状況を把握しにくいですし、目にもあまり良いものではありません。偏光サングラスを使うことで周りの潮目状況が把握しやすくなり、目を守る役割を果たしてくれるのでジギングをする際にも偏光サングラスは必須アイテムとなります。

船でジギングをする時には、青物を狙った釣りが多いです。この青物は、エサとなる小魚を探して常に回遊しています。そのためジギングで青物を狙うにはまずはエサとしている小魚の群れを探すことが釣果アップにつながるポイントです。魚群探知機で小魚を探すことがほとんどですが、海上に鳥山ができている場合には小魚の群れがいると判断することができます。

ただ光の照り返しが強い海上では、肉眼で鳥山を探すのは難しいこともあるでしょう。そんな時に、偏光サングラスを使えば照り返しの影響を受けることなく鳥山を探すことができて釣果アップが期待できます。また、ジギングサビキをする場合にも偏光サングラスは活躍してくれます。偏光サングラスを使うことで海中の様子も分かりやすくなり近くに魚が集まっているのかも把握しやすいです。

周りの人が釣れだすと今まで釣れなかった人はその付近に集まるようになり、釣りにくさを感じることもあります。周辺の人が釣っているかを確認して魚が集まっているかを判断するよりも、偏光サングラスを使って自分で魚が集まって探す方が釣果アップにつながります。周りの人が釣っていない状況でも、偏光サングラスで的確に釣りやすい場所を見つけることができます。

関連記事
ジギングとは?4種類の釣り方の特徴と釣り方を語りまくってみた

偏光サングラスがシーバス釣りで釣果アップに役立つ具体的なシーン


釣りを趣味とする人は数多くいてどのような魚をどのような状況で釣ろうかというのは異なりますが、初心者からベテランまでが楽しむことができる釣りが、シーバス釣りです。いくら初心者からでも楽しむことができるといっても、ただやみくもに釣り糸を垂らしていればシーバスが釣れるというわけではありません。シーバスの釣果アップのためにはいくつかのコツが存在しているので、それらをしっかりと確認したうえで臨まなければ、つまらない結果で終わってしまいます。

まず、シーバスがどのような魚かを知らなければ始まりません。シーバスとは、スズキ目の魚の総称のことであり、警戒心がとても強い種類の魚です。シーバスは湾岸沿いや船の下、橋の下などといった障害物の下でとどまりじっとしていることが多いです。シーバスの大きさは季節によって異なり、春から秋にかけてがベストシーズンですが、1年中どの季節でもシーバスを釣ることは可能です。

シーバスは学習能力が極めて高く、同じ場所で同じ疑似餌でもって釣りを行っていると、偽物であるとシーバスが学習してピタンとヒットしなくなります。そのような学習能力がとても高いシーバスの釣りを行う上で、釣果アップに必要なことはいくつかあります。まず、シーバスは一か所にじっとしていることが多いので、その場にルアーを垂らすことが一番です。

しかし、その一方でシーバスは捕食のために群れで移動することもあり、潮の流れにも注意しなければなりません。基本的には大潮の際や上げ潮の時にシーバスがよく釣れるという傾向があります。また、天候も大きな要因です。晴れた凪の日は魚に気配が悟られやすいですが、シーバスは釣りやすいです。反対に曇りや雨の日は、シーバスの警戒心が低下して気配が悟られにくいです。

低気圧では魚が動きやすいともいわれているので、シーバスをよく釣るためには、雨や曇りの日を狙って行うことが勧められます。さらに、シーバスは一か所にとどまることもありますが、捕食のために回遊していることも多く、かつ学習能力が高いので、一か所にこだわって釣りをしていると釣果アップにつながりません。

シーバス釣りで偏光サングラスを使えばどう有利になるのか

シーバス釣りを効果的に行うためには、いくつかのポイントがあります。それらのポイントは天候や潮の流れ、釣り場のポイントなどによる工夫です。しかし、これ以外にも道具によって釣果アップを目指すことは可能です。ルアーや疑似餌の性能もそのひとつではありますが、どのような人に対しても効果があるアイテムが偏光サングラスです。

釣りをする際、海であれ川であれ、水面を見つめて行うこととなり、その場合に対処に困るものが水面で反射する日光です。昼間の釣りをしていれば、太陽光が風で揺れる水面に反射して、どこに何があるのかがわかりません。夜に釣りを行う場合であっても、人口の光が反射されることが多いです。そしてシーバス釣りを行う際には、シーバスがどこにいるのかを確認しながら釣りをする必要があるので、非常に光の反射が、釣果アップの妨げになります。

シーバスが障害物の陰でじっとしているのを見つけるためにも、あるいは捕食のために群れで動いているのを探すためにも、水面をじっと観察してどこにシーバスがいるのかを確認しなければルアーを垂らすことができません。ここで偏光サングラスを装着すれば、今シーバスが捕食活性が高まっているのか、あるいは警戒モードに入っているのか大まかな様子を差潜ることが可能です。

シーバスはとても警戒心が強い魚であるため、海中に見えている状態であれば偏光サングラス活用することによって、ワームカラーローテーションでの捕食スイッチが入るような当たり色を特定することもできます。偏光サングラスをかければ、シーバスの状態を直接確認することのできるので釣果アップにはとても有利なアイテムになります。

関連記事
シーバスの釣り方!釣果UPは習性を知りシーズン時期を考える

偏光サングラスが渓流釣りで釣果アップに役立つ具体的なシーン


渓流釣りとは、大きく言えば川釣りのことです。川釣りの中でも平野部で行うことが釣り人の中での川釣りであり、平野部よりも上流の地点で行う釣りのことを清流釣り、そして山間の流れの中で釣りを行う際には渓流釣りと呼び分けていることもあります。渓流釣りは、海釣りとは異なり、海岸沿いで行うこともなければ、船を出して船上で釣りを行うこともありません。

基本的には川岸から釣りを行ったり、あるいは川の中に入って釣りを行うこととなります。また、地域によって異なりますが、渓流釣りの解禁日というものがあります。解禁日となると多くの人々が渓流釣りに訪れて込み合う可能性も高いです。そのような渓流釣りを行う上でも釣果アップのポイントというものがあります。

渓流釣りは、海釣りに比べて様々な面で異なるので普段海釣りをしているからと言って、同じような装備で行ってしまうと、まったく釣ることができないということはよくあります。まず、渓流釣りは服装から注意しなければならず、山間部を移動することも考えて皮膚を保護する服装をしっかりと着用しなければなりません。また、海釣りに比べて渓流釣りで使用するルアーの長さが長いという特徴もあります。

渓流釣りは、餌の種類も川でとれるものを使用しなければなりません。渓流釣りを行う際の釣果アップのポイントとは、静かに釣りを行うということです。川魚というものは非常に警戒心が強く、気配に敏感な生き物です。川の中に入って釣りをしている場合でなくとも、岸の上で人が会話をしていたり、派手な服装をしているだけで川魚はすぐに逃げ出してしまいます。

また、川の中で手を洗ったり、傷ついた魚をリリースしたりすると、その臭いを嫌って川魚が離れていってしまうという事態になりかねません。渓流釣りを行う場合には、魚を怯えさせず静かに行うことが重要です。

渓流釣りで偏光サングラスを使えばどう有利になるのか

渓流釣りを安全に、かつよく釣れるように行うためには、様々なポイントやアイテムが存在しています。その中で特におすすめされるアイテムが偏光サングラスです。偏光サングラスは、渓流釣りに必要不可欠な存在です。渓流釣りでは、海面上を狙うシーンの海釣りと同じように、魚の位置を確認してからルアーを投げる必要があります。

川は海に比べて流れがあり、より一層水面の変化が激しい場合も多いです。すると、一層川からの乱反射が激しくなり、水の中の状況がわからなくなってしまいます。そこで偏光サングラスを装着すれば、川釣り独特のイヤな反射した光を遮るので、川魚の位置を見つけるのに役立ちます。偏光サングラスを装着するのとしないのとでは、川の流れの見え方が全く異なります。

また、川の反射する光を遮ることができれば、目の疲労を抑えることも可能です。長時間渓流釣りを行う場合に備えて、偏光サングラスを装着して紫外線や反射する光を遮ると、より効果的に楽しくストレスフリーな釣りを行うことができます。このほかにも、渓流釣りでは険しい自然がフィールドであるため目を障害物から守るためにも偏光サングラスのアイテムは必要です。

渓流釣りは、解禁日に一気に人が集まる可能性があります。多くの人々が釣りに訪れるので、場合によって投げた釣り竿がぶつかってくる可能性もなくはありません。そのような危険に対しても、偏光サングラスが目を保護してくれます。また、渓流釣りは山間で行うことも多く、山の中や岩場を登っていくこともあります。生い茂った葉や砂や小石、飛び跳ねる水が視界を遮り、目を傷つける可能性、ひいては転倒してけがをする可能背があります。これも偏光サングラスで保護すれ視界が保たれるので安心できます。

関連記事
釣り人必見!釣具が10万円お得!Yahoo!JAPANカードの補償が凄い

 

スポンサーリンク









Twitterでフォローしよう

おすすめの記事