釣竿初心者が選ぶときにおすすめの価格や基準というものは、釣りに行くときにターゲットとする魚種によって異なってきます。
たとえば、キスを釣りたいのにルアーロッドなどを選ぶとキスが生息する沖合の砂地まで遠投ができないため単なる釣竿の長さだけで判断ができたいという理由がります。
それでは、どのような釣りで釣竿を初心者の方が選ぶか、そのおすすめとなる基準や価格帯そして注意点などをご紹介します。

スポンサーリンク

初心者の釣竿のおすすめの価格帯は7,000円前後が基準


初心者が釣竿を買うという場合、とりあえず試し買いだから安いもので良いという考え方は釣りがうまくできない状態になる可能性があります。
それとは反対に、初心者の方がとりあえず高い釣竿を買っておけば、釣竿選びに失敗しないだろうという選び方も間違っているので覚えておいて下さい。その理由として、高い釣竿は高機能なため、使いこなすのにはそれなりの経験と技術が必要となるためです。

また、他の理由として比較的高い釣竿は初心者というよりも釣り熟練者向けにターゲットとする魚種を特定した釣竿の仕様となっているためです。
つまり、その釣りたいターゲットとする魚種を攻略するために開発された釣竿であるため、一般的にオールマイティに使える釣竿よりも価格帯が高額になります。
このような釣竿を初心者が買ってしまうと、ある特定の機能だけ突き抜けた性能を発揮する釣竿はとても使い辛い状況となってしまいます。

そのため先述したように値段だけを判断基準として、だた安い釣竿を買ってもすぐにダメになってしまい、せっかくの釣りが楽しめなくなるかも知れません。
釣竿の価格だけを基準に選んでしまって、実際に釣りをするシーンに不向きな釣竿であった場合で、釣りに行って早々に竿が壊れてしまってはモチベーションが上がりませんよね。
初心者にとって最適な釣竿の選び方は、まず釣りたい魚の種類を特定してその魚に対して耐久性があり、使いやすい釣竿を選ぶ必要があり7,000円前後の価格が基準となります。

操作性を重視するには釣竿の長さが4メートルくらい

川釣りをする時には継ぎ目のないタイプの一本竿を買うと、扱いも簡単なので釣りをシンプルに楽しめるでしょう。
釣竿はあまり長すぎるとアクションもし辛くて使い勝手が悪くなりますから、4メートルくらいの長さの釣竿がオススメです。
川釣りでは、釣り竿の全長4メートルくらいの長さがあれば、十分に遠くまで狙ったポイントへ釣り糸を垂らすことが出来ます。

磯釣りをする時にも釣り竿の長さは短い方が使いやすいので、4メートルくらいの釣り竿をオススメしています。
堤防から釣り糸を垂らすにしても、遠投をするにしてもこれくらいの長さで十分でしょう。
遠投することも可能な磯竿を買っておくと、ウキ釣りやサビキ釣りなどにも対応できるので使い回しが出来ますよ。

釣竿を初心者が選ぶときのおすすめと注意点

初心者が釣竿を選ぶときにおすすめしたいことは、釣りをする目的をきちんと決めておくことです。
まずは釣竿を選ぶ前に、どこでどんな魚を釣りたいのかを明確にしておきましょう。
詳しく分からないときには、釣りに連れて行ってくれる友達や釣具屋さんのスタップに相談して、どこでどんな魚を釣るのか尋ねてください。

その後、釣りに行くときにターゲットとする魚種をけってしてから釣竿を買う予算を考えます。釣竿の種類は数が多いですし、値段もピンキリです。
予め釣ろうとする魚種を想定して釣竿に使う予算を決めておかないと、どれにしようかと迷ってしまって必要が無いほど高い釣竿を買ってしまうかも知れません。
釣りをするために必要な釣具は釣竿だけでは無く、リールやルアーなども買っていかなくてはなりませんので、最初の予算建ては大切なポイントです。

そして店頭のお店で釣竿を買うときには、折りたたまれた状態の釣竿を一度伸ばして持ってみましょう。超激安品など品質の悪い釣竿は、ガイドの間隔や状態が一定ではないので注意してください。
まわりに気を付けながら釣竿を降ってみてカチャカチャ音が鳴らないかとか、がたつきが無くてしっかりしているかを確認するのは重要です。

初心者が釣竿を買う時には、長さや価格に気を付けてくださいね。
オールマイティーに使いやすものの基準としては4メートル前後で、価格隊が7,000円くらいの釣竿を見つけていきましょう。
そして、それが投げ竿なのかルアーロッドなのか船竿なのか、あなたがやりたい釣りとターゲットとする魚の種類によって釣竿を選んでいくと失敗はしにくいです。

また、どうしても釣竿選びが難しくてピンとこない場合は、「釣竿セットが初心者にとって単品買いよりもオススメな理由はコレだ」でご説明しております通り釣竿セットを選んでみたり、「釣竿の種類と特徴そして使い方について超分かりやすく解説してみた」の記事で釣竿の種類についての詳しい説明を参考にしてみると釣竿を選びやすくなります。

関連記事
釣り人必見!釣具が10万円お得!Yahoo!JAPANカードの補償が凄い
偏光サングラスが釣りに必要な7つの超具体的な理由と見え方

 

スポンサーリンク









Twitterでフォローしよう

おすすめの記事