釣り道具通販で買う時は、何を基準に買ったり何を参考にしたりすると良いかわからなくなったことはないだろうか。
ここでは、釣り道具を通販で注文する時には安いという理由以外に大切にしなければならない知識もあります。
この種類の釣り道具は通販を利用して、あの種類の釣り道具は通販ではなくて、実店舗の釣具屋さんを利用する方が良いということを理由を添えながら徹底解説してみました。

スポンサーリンク

釣り道具の通販でロッドを買うことが適している理由


釣り道具であるロッドを買う時には、品質をとても重視する必要があります。
釣具屋さんなどの実店舗では、お客さんが確認しやすいようにロッドをケースから出して並べているものが多数あります。
お店を訪れた人は実際にロッドを手に取って、重さとか使ったときの感覚を確かめます。

つまり、お店に展示してある多くのロッドは、不特定多数の人がすでに何回も触っているものですし、ティップなどは天井に当たったりしているかも知れません。
実際に私もエギングロッドを買ったときには、アクションがしやすいかロッドを振っていたことを記憶しています。
しかしながら、店内でロッドを軽く振っていたら蛍光灯にロッドの先が当たってしまったこともありました。

また、プラスチックケースに入ったロッドであっても、お客さんは実際にそれがどれくらいの軽さがあるのか、またアクションしやすいのかを確かめるためにケースから出して確認している姿も釣具屋さんの店内では良く見かける光景です。
プラスチックケースから出して、竿先の調子を確かめるために竿先を手で曲げて確認する人もいるため、実店舗のロッドというものは以外と使用されているものが多く存在します。

その他にも、ロッド同士がぶつかっていることとか、お客さんが奧のロッドを取るために、手前のロッドが倒されたこともあるかも知れないのです。
細くて繊細な作りのロッドは、魚釣りの時の負荷には耐えられますが、落としたりしたときの外からの衝撃には弱い作りです。
実店舗のロッドは、新品で購入してもすでに傷んでいる可能性があるため、釣り道具は倉庫できちんと管理されている通販で買うのがおすすめです。

釣り道具の通販でリールを買うことが適していない理由


釣り道具であるリールを買う時には、実際に手に取って回したときの感覚を確かめる事がとても重要な要素であります。
見た目で買うよりも使い勝手で買うべきリールは、釣り道具の通販よりも釣具屋さんに出向いて実店舗で買ったほうが間違いは無く失敗しません。

釣り道具の通販は初心者の方にとってとても難しいため、初めて釣りをする人などは、リールが軽い方が疲れにくいですし、アタリもとりやすくなっていますことを実店舗でアドバイスをもらいながら購入しましょう。

実際には何を釣るかによってもリール選びが違ってきますが、バス釣りなどをする時には、リールのハンドルを巻いたときに音が鳴るタイプではない方が良いでしょう。
たとえばリールのドラグ力や、リールのハンドルを一回転して何センチ釣り糸が巻けるのかも重要であり、そのハンドル回転のスムーズさなども人それぞれとても好みがあります。

細かな部分を自分の目と手で確認するためには、リールは釣り道具の通販ではなく実店舗で買うほうがリール選びに失敗しにくいので良いです。
もちろん実物を店舗で確かめて、格安の釣り道具の通販を見つけて買うという賢い方法もあります。

釣り道具の通販でウエアを買う場合は要注意


釣り道具であるウエアを買う時には、その機能性以前に要注意です。
釣りに適したウエアというものは、比較的丈夫でありそして機能的です。
アウトドアウエアの中でも、釣り用のウエアは高性能であったとても利便性が良いです。

しかし、独特な機能や特徴があって、サイズの選定が一般的な日常着と比べてとても難しいです。
釣り道具の通販では、主にアパレル専門のECサイトではないためインターネット上での衣類品の見せ方というものがうまくない場合が多いです。
衣類品を専門に扱うインターネットショップでは、釣り用のウエアよりも商品説明が比較的簡単なタイプの日常着を紹介しています。

それも着用シーンがとてもイメージできる構成になっていて、ウェブ上から自分が着用するときのシーンも想像できるかと思います。
一方、釣り用のウエアとなると、その利便性や活用シーンなどをインターネット上でイメージ化させることは難しいです。
さらにアパレル専門ではなく、釣り道具の通販であればサイズや機能などスペック的情報のみが記載されるにとどまります。

そのため、釣り道具の通販で釣り用のウエアはサイズの問題もありますが、釣りに行くときに使用するイメージなどが浮かびにくいです。
釣り用のウエアは、通販ではなく実店舗での購入がおススメです。

釣り道具の通販は品番やモデル名のチェックができれば向いている


釣り道具を通販で買うときには、必ず品番やモデル名を確認するようにして下さい。
ブランド名だけを頼りに釣り道具の通販で調べてもリールとかロッドだけで数多くの種類が存在するので、正確な値段を比べることが出来ません。
通販で釣具を買う時には、最初に釣り道具の品番や型番そしてモデル名をチェックし、その後にそのモデルの価格を検索して、安いものを探しましょう。

時々、釣り道具の通販で調べたときに気になるアイテムの価格が安いと思っても、釣具屋さんの店舗の年末年始セールや開店セールなどで、かなり価格が下がっていることがあります。
その場合、釣り道具の通販以上に値段を下げるときもあるため、急いでいないときには、通販の価格と店舗の価格を比べることをして下さいね。

また、釣り道具を選ぶときにはアフターサービスがどれほど手厚いかとか、保証期間がどれくらいかなども、通販と実店舗で変わってくることがありますから注意しましょう。
一般的に、通販で釣り道具を買うのに向いているのはロッドで、そうでない物はリールと言えます。

もちろんその時の状況や利用ケースごとに違ってくるかも知れませんが、一般情報として覚えておいて下さいね。
釣り道具のロッドを通販で買う理由はできるだけダメージが少ない新品状態のロッドを手に入れるためで、リールを実店舗で買う理由はそのリールの感覚が実際に確かめるというところにあります。

これらを考え、実際に釣具屋さんの実店舗に出向いて気になるリールを確認して、自分にとってとても使い勝手の良い理想のリールがわかったら「品番・型番」をメモして、釣り道具の通販でその気になったそのリールの品番や型番で検索して、購入するというとても賢いやり方もあります。

釣り道具の通販はショップかオークションかで大きく変わる


ひとくちに釣り道具の通販と言っても、それがECサイト(インターネットショップ)かインターネットオークションかでその利点やデメリットが大きく異なります。
インターネットショップ通販の場合は固定価格で販売しているのに対して、インターネットオークションは競り方式が基本であります。
特にインターネットショッピングの場合は運営元がしっかりとしていることが多いが、インターネットオークションは母体が釣具屋さんから一個人まで様々の出品者がいます。

ここで注意をしておきたいのが、釣り道具の通販でインターネットオークションを利用するときです。
まず、インターネットオークションで釣り道具のロッドやリールを入札する場合は、これは新品なのか中古品なのかをしっかりと確認する必要があります。
インターネットオークションでは、企業出品から個人出品まで幅広い分、釣り道具も新品から中古品まで様々です。

インターネットオークションを利用する場合などは、「ジャンク品」と位置付けられる釣り道具も多くあるため、商品説明はしっかりと隅々まで読む必要があります。
特に、ロッドやリールであれば竿先が折れているモノやリールのハンドルが回りにくいいモノが「ジャンク品」として出品されています。
そのため、ロッドやリールなど釣りにおいて、とても重要な釣り道具アイテムをオークションで入札する場合には、リスクを伴います。

その一方で、インターネットオークションでは安い価格から競りが行われることも多く、ルアーやワーム、その他タックルケースや道具入れといった比較的ロッドやリールと比べて丈夫なものはオークションを利用することもオススメです。
ワームであれば、そもそも新品であればパッケージに入った状態でオークション出品されるので欠陥などは見受けられません。

釣り道具の通販は主に固定販売のインターネットショップでロッドなどを購入して、その他のワームやルアー、タックルボックスなどのアイテムをインターネットオークションを利用して購入することが理想的と言えます。
もちろん、ワームやルアーなどの釣り道具をオークションではなく、インターネットショップで購入しても大丈夫です。
また、釣り道具の中古品は「超使える釣具の中古を見極める方法と後悔しない選ぶ時の注意点」の通り、選び方が重要です。

まとめ

  • 釣り道具の通販でロッドを買うことは商品状態が良いため適している
  • 釣り道具の通販でリールは自分にとって使い勝手が分かりづらいため適していない
  • 釣り道具の通販でウエアの購入はサイズの問題や機能性を体感しづらいため適していない
  • 品番や型番が分かっている場合は釣り道具の通販が適している場合もある
  • 釣り道具の通販はインターネットショップとオークションを使い分けると良い

 

スポンサーリンク









Twitterでフォローしよう

おすすめの記事