釣具買取を考える時とは、いったいどういう時が多いだろうか。
あなたが持っている釣具も数多くあり、様々な釣りを経験するうちにロッドにこういう機能が欲しいといった事を思ったことがあるでしょう。

例えば、ジギングをしていて今のロッドだと長くてパワーが足りないから、少し短めでパワーのあるロッドが欲しいなどと考えた時、今使用しているロッドは眠ってしまう。

このように釣具を買い替えるときなどは、ぜひとも釣具を高値買取してほしいものです。
この記事では、買換えなどで不要になった釣具の買取を考えるときに高値で引き取ってもらうコツと釣具買取業者の選び方をご紹介します。

スポンサーリンク

釣具の買取は売りたいと思ったら早めに売ると高値になる


釣具を高値で買取してもらいたいときには、できるだけ早い決断をすることが高値で売れるコツです。
自分の釣具を売るときには、買ったときから時間が経てば経つほど、残念ながら買取価格・買取金額は低くなっていきます。
買換えなどによって、ロッドやリールなどを使わなくなったら、すぐに買取してもらうように決断して下さい。

最近では、インターネットや電話などで釣具買取の査定をすぐに申し込めたり、その査定が無料だったりする業者があるので、気軽に売りやすくなっています。
特に釣具はその時々のトレンドの変化が早く、次々と新しい商品が登場します。
そのため流行のスピードの変化が激しい釣り道具は、『これ使わないかもしれない』と思ったその時が売り時と言えます。

釣り道具の中古品の需要は、できるだけ製品の状態が良いものが多数であり状態の悪い物は需要が低いです。
特に、機能的には問題ないのに見た目が悪いという理由で極端に釣具の買取価格が下がってしまう時もあります。
釣り道具は潮風にさらされるので、釣具によっては錆なども発生しております。

そのような錆をしっかりと落としてメンテナンスをしてから、釣具の買取に出す方が高値買取となりやすいです。
ここまでお手入れして、さらに外箱や付属品などを探して、できる限り新品に近い状態で釣具の買取に出してください。

釣具を売りたい時はココに注意する


あなたが持っている釣具を買取業者に売るときには、査定サービスの前に釣り道具のお手入れをしておくようにして下さい。
査定をする時に肝心の釣具がキレイな方が、高値での買取を期待できます。
では、一体どんな釣具の掃除やお手入れをしておいたら良いのでしょうか。

まずは難しく考えずに、釣具のホコリや釣りをしたときに付いてしまった魚の汚れを取るようにしておきましょう。
柔らかい布で釣具の錆を落とすことや、金属磨きなどで磨いてあげるとツヤが出て釣具の印象が良いですよ。
また、釣具を水洗いをして魚の汚れをしっかりと取っておき、空拭きをしてあげるのもオススメのお手入れ方法です。

なかなか取れない釣具のしつこい汚れを無理に落とそうとして、釣具に傷を付けないように注意してください。
査定サービスの時に釣具に傷が多いと比較的安く見積もられるため、買取希望の釣具には出来るだけ傷を付けないようにしましょう。
さらに釣具の付属品が購入時のままの状態で付いていると、釣具の高値買取の可能性が高くなります。

購入したときの箱や説明書に加えて、竿袋やリール袋、そして保証書などがあれば揃えておきましょう。
たったひとつの付属品である竿袋があるだけで、数千円アップすることもありますよ。
また、特にロッドとかであれば竿袋にルアーウェイト情報やそのロッドに適して適正ライン号数などの情報が記載されたタグなども捨てずに保管しておきましょう。

釣具買取業者を選ぶときのポイント


釣具の買取業者を選ぶときには、総合買取をしている街のリサイクルショップよりも、釣具専門の買取業者を選ぶことがコツです。
珍しくとてもレアな釣具や年数物というのは、様々なものを取り扱う総合買取専門店では見分けることが出来ません。
専門の釣具業者なら高値が付いていた釣具が、リサイクルショップでは格安で買い取られてしまうなんて事になりかねないので要注意です。

釣具はとても繊細ですから、専門家が取り扱わないと簡単に壊れてしまいます。
リサイクルショップで売ったら、買取をキャンセルして釣具が手元に戻ってきたときに破損しているなんてことも起きかねません。
また、宅配買取で釣具の買取業者を選ぶときには、買取の際の送料が無料かとか、キャンセル料が無料かなどを確認しましょう。

あなたが売りたいと思う釣具の買取料金が、最終的にいくらになるかをきちんと確認することが重要です。
自分の持っている釣具を高値で買取りしてもらうコツは、早い決定をすることや釣り道具を掃除しておくこと、そして付属品の保管です。
売りたい釣具を高値で買取りしてもらいたいのであれば、釣具専門の買取業者を選ぶことも覚えておきたいポイントですね。

その他にも、釣具の買取業者では査定サービスの一環で出張買取を行っているところもあります。
釣具の数が多いと、宅配買取に出す送料も高くたるので、そのような時には出張買取のサービスをしていて尚且つ買取実績が豊富な企業を選ぶと高価買取の査定額が出やすいです。

釣具の買取の時に確認すべきこと


釣具の買取を希望する場合や考える場合には、日常雑貨を取り扱う総合リサイクルショップよりかは釣り専門もしくはアウトドア・レジャー製品を専門に取り扱う釣具の買取業者を選ぶことが良いとご説明してきました。
そこで、釣具の買取で確認すべき点を具体的にご紹介していきます。

まずは、釣り道具の買取では専門的な知識を持ったプロフェッショナルが査定しないと、その釣具の価値が正確ではありません。
釣具の買取をしてもらうショップや企業が、釣具のリサイクル商品を多数抱えているかを調べましょう。
続いて、釣具の買取においてのサービス面をしっかりと確認します。

具体的には、以下のような要点が重要項目です。

  • 釣具の買取にあたり事前相談できるかどうか
  • 査定してもらうだけで料金が発生するのか無料なのか
  • 釣具の買取金額が振込支払いの場合に手数料がかかるのか
  • 釣具を査定してもらってからのキャンセル料はかかるのか
  • 釣具の買取までの流れを電話やメールでサポートしてくれるのか
  • 釣具の査定にはどれくらいの時間で見積もりを出してくれるのか
  • 一番重要な要素である査定する人は釣りに詳しいかどうか

以上が、釣具の買取業者を選ぶにあたって、高値買取してもらうためにしっかりと確認しておきたい要素ですね。

まとめ

  • 釣具の買取は、売りたいと思ったら早い方が高値買取となりやすい
  • 釣具を売る時には必ず買取前にお手入れをして綺麗な状態にする
  • 釣具買取をしてくれるショップは総合店ではなく釣り専門店が良い
  • 釣具の買取時にはお店のサービスや専門性をしっかりとチェックする

 

スポンサーリンク









Twitterでフォローしよう

おすすめの記事