釣竿収納するとき、どのような基準で釣竿を保管しておりますでしょうか。
便利だからと、社内に釣竿を置きっぱなしにしていたり、自転車やバイクに備え付けたりすると釣竿の寿命が短くなってしまいます。
そんなデリケートな釣竿を便利に収納できるアイテムと、釣竿が傷みにくくロッドの寿命を延ばすための理想な収納保管方法をご紹介します。

スポンサーリンク

釣竿の収納には何が便利なのか


釣竿の収納に役立つアイテムは、活用シーンに合わせていくつかタイプあります。
例えば、あなたが持っている釣竿の本数が一本とか、二本といった少ないシーンでは日常使用している傘立てなどを一時的な代用として、釣竿を収納するために活用することが出来ます。
自宅や倉庫などの場所で3~5本以上の釣竿を収納したいシーンでは、ロッドスタンドを釣竿の収納に使うことが出来るでしょう。
また、車で移動するときに収納したいときには、携帯タイプの釣竿ラックを活用する方法などもあります。

釣竿ラックは移動する車内のちょっとした空間の壁とか天井に、釣竿をラック状に設置することが出来ます。車の中に釣竿を収納するときには、あまり長期間釣竿を熱のこもりやすい車内に放置しないようにして下さいね。
高温になる車内の中で長時間ロッドを保管してしまうと、急激な温度差によって釣竿が傷んでしまいます。
それぞれのシーンに合わせて傘立てやロッドスタンド、そして釣竿ラックを使い分けていくことが出来ますよ。

釣竿を収納するロッドスタンドの選び方

釣竿を収納するときにロッドスタンドは重宝しますが、失敗しないロッドスタンドの選び方がというものがあります。
あなたが持っているロッドの大きさに、ピッタリ合ったスタンドを選ぶようにして下さい。自宅や倉庫などの場所で、だいたい何本くらいの釣竿を収納するかも考えなくてはいけません。
立て掛けおきたい釣竿の本数によって、ロッドスタンドの大きさやサイズなどが変わってきます。

ロッドスタンドは機動性が高いタイプや、持ち運べる携帯性を重視しているタイプなど幾つかの種類のロッドスタンドがあります。
釣竿をいつでも持ち運べるように自宅での収納だけにロッドスタンドを使うのか、倉庫などで長期保管のためにロッドスタンドを使うのかなど利用シーンをよく考える必要があります。
ロッドスタンドの購入費用がもったいないと思うときには、自分で作ってみるという方法もあります。
先述しました通り、一般家庭にある傘立てなどを代用として、ロッドスタンドに活用することが出来るかも知れません。

使いやすいロッドスタンドとして人気の商品の特徴は、スタンドの長さを調整できるタイプの物です。
ロッドスタンドの中でも二段階とか三段階で長さを変えられるため、色々なフィッシングシーンで利用する釣竿を立て掛けることが出来ます。
また、ロッドスタンドに釣竿を立て掛ける場合には、リールを傷つけてしまうことが無いように、専用のキャップなどが付いているものも人気です。
さらにハンドルが折りたためるタイプのロッドスタンドは、自宅保管や倉庫保管だけではなく、釣りをする現場へも持ち運びが簡単にできます。

このようなタイプのロッドスタンドを選ぶ場合で、釣りをする時に幾つかのタックルを使いたいときには、エリアトラウトアングラーに対応している物を選んで下さい。アルミ製のロッドスタンドのは軽いために、簡単に持ち運びができます。
竿掛けが付いていると仕掛けを変えるときや、エサを付けるときなどに役立ちます。

釣竿の収納に役立つアイテムは傘立てやロッドスタンド、そして釣竿ラックです。
ロッドスタンドはたくさんの種類がありますので、用途に応じた物を適切に選ぶようにしましょう。

釣竿を収納保管するときの注意点とロッドの寿命を延ばす方法

続いては、釣竿を収納保管するときのよく起こりうる注意点をご紹介します。まず、釣竿を自宅保管する際に室内保管か野外保管かで状況がことなりますが、室内保管であれば空調や湿度などあまり気にすることはありません。
一方で、よく釣りに出かける方であれば釣竿の出し入れに手間がかかるため、自転車やバイクにそのまま釣竿をさしている保管をしている人がいます。

このような保管方法は、雨などの湿気が原因で釣竿が錆び付いてしまう原因となるのであまりオススメの釣竿収納ではありません。
そして、室内保管であっても自宅で釣竿を収納するのではなく、倉庫に釣竿を収納する場合には注意すべき点があります。
それは、釣竿を倉庫収納するときの劣化問題です。釣竿の劣化問題として発生しうる変化は、釣竿塗装のクラック(ひび割れ)や、グリップなどのネチャつき問題などがあります。

倉庫での釣竿収納で、上記のような釣竿塗装のクラックやグリップのねちゃつきは高温多湿の環境であったり、風通しが悪かったりすることが原因で発生します。
そのため、釣竿を倉庫保管する場合には倉庫内が高温にならない環境であり、風通しが悪い(湿気を逃がしにくい)条件であると釣竿収納に不向きな環境といえます。
釣竿を収納するために、せっかく良いロッドスタンドを購入しても釣竿を収納する保管環境が悪ければ大切なロッドがダメージを受けてしまうことを意識してください。このように、釣竿を収納するときに「高温多湿にならない場所」「風通しの良い場所」を意識するとロッドの寿命を延ばすことができます。

関連記事
釣り人必見!釣具が10万円お得!Yahoo!JAPANカードの補償が凄い
偏光サングラスが釣りに必要な7つの超具体的な理由と見え方

 

スポンサーリンク









Twitterでフォローしよう

おすすめの記事