タチウオワインドリーダーはやや特殊であり、その太さと長さの選び方がとても大切になってきます。基本的に牙の鋭い太刀魚は通常のショッキングリーダーを使用せずに、ワイヤーリーダーを使用します。タチウオワインドのリーダーをワイヤー製にすることによって、ラインを切られることなく太刀魚ワインドをやり易くする効果があります。

タチウオ以外の他の魚では、ワイヤーリーダーを使用すると釣れにくくなるといった話しを聞くことがありますがタチウオワインドは反射的に食わせる釣り方であるので、たとえワイヤーリーダーを使用しても全く釣果に影響がでません。むしろ、タチウオワインドでワイヤーリーダーを使用しても1投1当たりといったヒットも連発することも事実です。

ツーリー
へぇ~。ワイヤーリーダーを使うと魚が釣れにくくなるといったイメージがあるけれど、それって実際にワイヤーリーダーを使ってタチウオワインドをしている人からすると釣果に影響が出ない結果が出ているんだ。何でもそうですが、思い込みって、チャンスを自ら逃してしまうものなんだね。
スポンサーリンク

タチウオワインドのリーダーの太さの選び方


ここでタチウオワインドのワイヤーリーダーの太さと長さですが、大切なものは長さの選び方です。太刀魚ワインドをするときにワイヤーリーダーの太さは、太いものでも細いものでも釣果に影響はあまりありません。そして、細いワイヤーリーダーであっても、これまで長年タチウオワインドをしてきた経験上、一度たりともワイヤーを太刀魚に食いちぎられたことはありません。

そのため、タチイウオワインドをするときにワイヤーリーダーの太さは正直お好みの問題と言えます。ただし、ただ巻きをするタチウオワインドワームを使用するのであればアクションによって反射的に食わせるというよりも、太刀魚の興味をひきつけながら寄せて食わせるといった釣り方であるため、少しでも警戒心を下げる目的で細めのワイヤーリーダーの方が良いです。

ルアーロッドを大きくシャクって、左右に激しくダートさせる従来のタチウオワインド釣法であれば、細いものでも太いものでもお好きなワイヤーリーダーを使ってください。ちなみにですが、ワイヤーリーダーは太くなるとそれだけ水の抵抗を受けやすくなります。そして、何度もタチウオワインドをしていると次第に太刀魚に噛まれたことによって切れはしないものの折れが発生します。

太いワイヤーリーダーであると丈夫な分、折れ部分がより水の抵抗を受けてアクションをしずらくなる場合もあります。かといって、細いワイヤーリーダーにすると太刀魚に食いちぎられるという事はほぼありません。ワインドアクションが慣れるまでは、ワイヤー部分を太刀魚に噛まれて変形することがあるので、タチウオワインドが初めてという方は細いワイヤーリーダーが良いかもしれません。

タチウオワインドのリーダーの長さの選び方


タチウオワインドのワイヤーリーダーは、長さがとても重要です。毎年太刀魚ワインドをしていると必ずといってよいほど、ワインドをしている最中にタチウオに仕掛けを食いちぎられている人を見かけます。食いちぎられる人のタックルを見ると、共通しているのが短すぎるワイヤーリーダーを使ってワインドをしているということが多いです。

確かにタチウオ以外の釣りでは、ワイヤーリーダーを使ってしまうと釣果に影響が出る場合もありますが、ワインドと言う釣りはじっくりとエサやルアーを見せるというよりかは、反射的に太刀魚に食わせるという釣りです。そのため、ハッキリ言ってワイヤーリーダーが長くても短くても釣果って変わらないのです。実際に、釣果に変化がないのに短いワイヤーリーダーを使うと格段に太刀魚がラインを切る可能性が高まります。

一方、長いワイヤーリーダーを使うと太刀魚が食いついてくるワーム仕掛けからライン部分までの距離が長くなるので、それだけラインを太刀魚に切られる可能性が低くなります。そのため、タチウオワインドをするのであれば断然ワイヤーリーダーは長めの20センチ~30センチくらいにするべきといえます。ワイヤーリーダーの長さを5センチとか10センチにしないと釣果が大きく変わるというのであればアレですが、実際には長いものでも釣果は変わりません。

関連記事
タチウオワインドのワームおすすめの選び方!知ってると釣果UP
タチウオの締め方はハサミと首を折るかどっち?ケガ防止方法
タチウオワインドのジグヘッドの重さの目安と使い分けについて
ワインド釣法とは?仕掛けとタチウオを釣りまくるコツ

 

スポンサーリンク









Twitterでフォローしよう

おすすめの記事