最近ではエギングロッドが様々な釣具メーカーからリリースされていて、エギングの釣りにどのような差があったり効果があるのかピンと来ないことも多いかと思います。エギングという釣りには、シーズンによってイカにアプローチするタックルも変化するためエギングロッド選びも楽しい悩みのタネでもあります。

自分がしたいエギングに適したエギングロッド選びはとても楽しい反面、どれくらいのロッドの長さに注目したらよいのか、どれくらいのロッドの硬さに注目したらよいのか、どれくらいのロッドの軽さに注目したらよいのか知っておきたい重要なポイントですよね。

そして、エギングをする時のシーズンによってもエギングロッドに必要とされる機能は変わってきますので、オールマイティにカバーできるエギングロッドを見つけることは何も情報がなければ見つけることが難しいです。この記事では、エギングロッドの失敗しない5つの選び方と、知っていれば安心するポイントなどをご紹介します。

スポンサーリンク

エギングロッドの長さは8.5フィートが良いとされる理由


エギングは釣りの中でも、体力の消耗が激しい釣りであると言われています。もしエギングロッドが長すぎると、何度もシャクリをしている最中に体力が消耗してしまい、エギングを続けられなくなってしまうかも知れません。エギングという釣りはエギのシャクリとフォールを繰り返しながら、まるでエギが生きているように見せかけてイカを誘い出していきます。
エギングロッドの長さが長すぎると、ロッド自体が比較的重くなるのでこのエギングのシャクリのアクションを長時間続けることが大変になります。

しかし、それとは逆にエギングロッドの長さが短すぎると、エギングで重要な要素であるエギの遠投が出来ないので、効果的にイカへアプローチがしにくくなることに加えて、キャスト時に底を取ることができず釣果が上がってきません。一日中エギを動かし続けたり、遠投を続けたりしてイカへのアプローチをするためには、軽くてなおかつ丁度良い長さのあるエギングロッドが必要です。
そこで丁度良い長さと言われているエギングロッドが、8.5フィートの長さなのです。

大物のアオリイカにはどの長さのエギングロッドが良いのか

エギングで大物のアオリイカを狙っていく釣りをしたいときには、エギがキャストしやすい遠投に向いているタイプのエギングロッドがオススメです。エギングで釣りたいものが小さなアオリイカでも良い場合には、短いエギングロッドで細かな動きをエギで再現しながら、イカの活性を促すなどの技を使うことが出来ます。

もし、あなたが大物アオリイカを狙っていきたいと思うなら、エギの遠投に適した長めのエギングロッドを選んで下さい。エギングロッドの長さの目安として9フィートくらいのロッドの長さであれば、大きなアオリイカが生息する範囲までアプローチが容易になりしっかり釣り上げられます。

長いエギングロッドは、しなりが良いためにエギの遠投が出来ますし、狙ったポイントにエギをキャストしやすくあり、イカの潜伏域までエギを入れることが可能です。エギングのベテランになると、扱いづらい9フィートのエギングロッドを効果的に使って3キロから4キロのアオリイカをゲットしています。

当然ながら長いロッドになると扱いが難しく、シャクリもしにくいので、最初のうちはもう少し短めエギングロッドでも良いでしょう。どうしても、広範囲をエギングで探りたいのであれば遠投に適した長めのエギングロッドを使用してください。まだどのようなエギングにするか迷ったときには、オールマイティーにエギングがカバーできる8.5フィートのエギング専用のロッドを選んで下さい。

エギングにこれから挑戦しようという人の場合だと、最初はエギング独特のシャクリの仕方を覚えておかなければなりません。
そのため、いきなり長いエギングロッドを買ってしまうと、操作することが難しく疲れ切ってしまって、シャクリどころでは無くなります。短めのエギングロッドにすると、細かなエギングのアクションがしやすいので、イカの釣果も上がりやすくなるでしょう。

ごく自然にエギを動かしてイカを誘い出すためにも、はじめは8フィートか8.5フィートくらいのエギングロッドにすることがオススメです。8.5フィートと言うエギングロッドは、2.6メートル弱の長さとなります。エギングロッドは長いタイプのものだと、10フィートのロッドなんかもありますので、慣れてきたら徐々に遠投がしやすい長いエギングロッドのものにトライしてみても良いかも知れません。

また、釣りの場所としてテトラポットなどのポイントで頻繁にエギングをする際には、少し長めのエギングロッドの方がポイントに寄せやすくなります。一般的なエギングでエギングロッドを選ぶときは、8.5フィートのロッドの長さにするのがコツです。あまりにエギングロッドが長すぎると、操作やアクションがとても難しく、疲れ切ってしまって長い時間釣りを楽しめませんから注意して下さい。

使いやすいエギングロッドの硬さの目安


エギングはシャクリをする事で、アオリイカにエギがリアルに生きているように見せるかがポイントですが、ある程度のエギングロッドの硬さが無いとエギのコントロールが出来ません。エギングロッドが柔らかすぎると水の抵抗や強風などに負けて、効果的にエギを上げたり下げたりすることが出来なくなってしまいます。

エギングロッドが柔らかいと、しゃくってもそのアクションの振動が穂先に吸収されてしまい、釣り糸につながっているエギまで力が十分に伝わらず、ヌメーっとしたエギの動きになってしまいます。エギング以外の普通のロッドというものは、合わせがしやすいように細くて柔らかいものが好まれる傾向にあります。

しかし、エギングでその柔らかいタイプのロッドを使ってしまうと、シャクリの度にロッドが曲がってしまってエギのアクションが出来ずにエギングの釣りになりません。エギングに適した条件としては、ある程度アクションをかけてもロッドが直線形を維持して、エギをしゃくったりフォールしたり出来るようになっていなくてはならないのです。

エギングロッドの硬さが重要な理由

続いて、エギングをする時に硬めのエギングロッドを使用するメリットを解説していきます。エギングで硬めのエギングロッドを使うと、エギの動きにキレを出すことが可能になります。硬めのエギングロッドではロッドアクションがそのままエギに伝わりやすいため、あたかも生きたエギが、右に左に動いているかのような俊敏な動きを出せるのです。

活性が低い大物のイカでも、キレの良い生き生きとした元気なエギの動きを見せると、一気に活性が高まることがエギングではあります。水深がある所でエギの着底がわかりにくいときにも、硬めのエギングロッドを使用した方がエギの着底など繊細な動きを読みやすくなっています。

ハリのあるエギングロッドなら、重めのエギでもびくともしませんし、大きなアオリイカを狙うためにエギをキャストする際の遠投も楽に行えます。逆に少し柔らかめのエギングロッドを使うと初心者などは、手元でアタリを取るのが簡単なため、楽しくエギングが出来ます。

イカはアタリが分かりにくいので、柔らかめのロッドだと最初のエギへのタッチですぐに反応が出来るでしょう。また、エギングロッドの硬さを見分けるためには、硬さの表記を知っておく必要があります。一番固いエギングロッドは、ハードの「H」という記号が付いています。

ミディアムハードは「MH」という記号が付いており、ミディアムが「M」、そしてミディアムライトが「ML」とエギングロッドに表記されます。一番軽いエギングロッドはライトで、「L」の表示がされています。

  • H :ハード
  • MH:ミディアムハード
  • M :ミディアム
  • ML:ミディアムライト
  • L :ライト

パワーがあってやや硬めのエギングロッドで大物イカを狙いたいときには、MH(ミディアムハード)以上のロッドを選んで下さい。MH(ミディアムハード)のエギングロッドに対応するエギの目安としては、3.5号から4.5号までのエギが適合します。それほど巨大なアオリイカを狙うのではなくオールマイティーに使用できる柔らかめのエギングロッドを選びたいときには、ML(ミディアムライト)表記の竿を選ぶのがおすすめです。

ML(ミディアムライト)のエギングロッドに対応するエギの目安としては、2号前後のエギが適合しますから、初心者でも色々なアクション操作をやりやすいです。柔らかいエギングロッドでも3号のエギを使えるようなモデルのロッドもありますから、自分が使うエギに対応しているML(ミディアムライト)のエギングロッドを選ぶのも良いかも知れません。

エギングロッドを選ぶときに、エギング歴な長く経験豊富な人なら硬めのエギングロッド、初心者なら柔らかめのエギングロッドを選ぶようにして下さい。エギングロッドの表記を見て硬めならMH、柔らかめならMLを基準にしましょう。

使いやすいエギングロッドの軽さの目安


当たり前の話しですがエギングの時には、エギングロッドを一日中シャクらないといけません。もしそんなハードな釣りであるエギング時に、エギングロッドが重いと長時間シャクリをすることが出来ないために、必然的にイカの釣果も上がらなくなってきます。

エギングロッドの重さは、エギングではかなり重要なポイントになるので覚えておいて下さい。稀にエギングをする時に、シーバス用のロッドを使う人もいるかも知れません。もちろんシーバス用のロッドでもエギングの釣りをすることが出来ますが、エギング専用ロッドよりもやや重さがあるために腕に負担が掛かります。

シーバス用のロッドを使っているとエギングでは疲れるのが早くなり、1日中シャクリ続けるエギングを長時間することは出来ません。イカは日の出の時と日の入りの時に活性が高くなりますから、1日中楽しめる釣りと言えます。そのため、エギングでは長時間楽しむことができようにロッドは軽量タイプがとても好ましい選択です。

また、エギングでは複数本のロッドを用意しても良いですが、1本はオールマイティーに使用するものとして軽いタイプのエギングロッドを持っていれば、思う存分楽しめます。

エギングロッドが軽くないとシャクリが続けられない

まだエギングの釣りを体感したことのない人であれば、そこまでエギングロッドの軽さにこだわらなくても、シャクリは出来るだろうと思うかも知れません。しかし、エギングでは「エギングのシャクリ方の代表的な3種類と上達のコツ!」で詳しくご紹介しております通り、エギング独特の二段シャクリや三段シャクリなどをするとなると、あっという間に腕に疲れが溜まってきます。

何回もエギングロッドを上に上げたり下げたりしなくてはいけませんし、スラックジャークをしようとすると、横方向のエギのアクションの動きも出てきます。エギングでは、イカを誘い出すためにピッチを上げてシャクリやジャークをしようとすると、どうしても軽いエギングロッドが欲しくなります。

重量の軽いエギングロッドを使って釣りをしていた方が、キビキビとしたアクションが可能になりイカに対してアピール出来る動きを演出することも可能です。アクションが取りやすいロッドにすることで、釣果も上がってくるでしょう。軽くて使いやすいエギングロッドは、120グラム前後の重さが目安となります。

エギングロッド自体の重さが120グラムくらいなので、他の竿に比べるとかなり軽量です。エギングロッドの中には100グラム前後の物もありますから、強度や長さなども考えて選んでいきましょう。軽いエギングロッドでありながらも、長くて硬さがある竿はエギングではかなり人気です。

エギングロッドが軽いのにロングキャストが来て、アタリを逃さない繊細さを兼ね備えたロッドは評価が高くなっています。また、釣り糸が絡みにくいインターラインロッドや、小さなアクションをしっかりサポートしてくれるトルクを持っているエギングロッドも使いやすいと言えます。エギングロッド自体が軽いと、ロッドが長くてもエギングの操作性が良いですからとても助かります。

そして、エギングロッドのブランク性能が高い物は、大きなアオリイカにも耐えられますし、シャープなシャクリとジャークで長時間のアクションが出来ます。迷ったときには、120グラムを目安にしてエギングロッドを選んで下さい。エギングロッドが軽ければ軽いほど自分の腕への負担が少なく、エギングを楽しめるでしょう。

1万円未満と2万円前後のエギングロッドは何が違うのか


1万円未満のエギングロッドと2万円前後の価格のエギングロッドとを比べてみると、一番分かりやすい違いとしてロッドに使われている素材が大きく異なります。エギングロッドに求められる性能というのは、一般的に軽さと強靱さです。エギングロッドに、この理想的な2つの機能を両立させることは簡単ではありません。

そこで、1万円未満のエギングロッドを見てみると、どうしてもロッド自体の強靱さを出すために重いくて硬い素材をロッドに使っています。しかし、2万円前後のエギングロッド製品は高価な素材であるカーボンを使うことが出来るので、軽いながらも強度のあるエギングロッドとなっています。

さらに2万円前後のエギングロッドになると、チタンフレームもガイドに使われていますから、エギングをしているときの感度が更に良くなるという利点があります。

エギング初心者はどれくらいの価格のエギングロッドにしたら良いか

エギング初心者は、カーボンテープが巻かれて十分な強度を持っているエギングロッドがオススメです。そのような条件を満たすエギングロッドは、1万5,000円前後の価格帯で購入することが出来ます。エギングに必要なロッドの強さやハリがありながらも、風などの外的要因で釣り糸が絡みにくいようなガイドが付いています。

また、エギングをする時には「エギングラインに求められる条件とおすすめの選び方」の様にPEラインがとても重宝しますが、初めてエギングする人にとっては、PEラインに苦労してしまうことがあります。エギングに慣れないうちからPEラインを使用するとロッドにラインが絡むことが多くなりますが、糸がらみがしにくいガイドが付いていると、まだ安心してエギングを楽しめるでしょう。

エギングロッド自体に見た目のカッコよさなどを大切にする人は、グリップにコルクが付いているものや、高級感がある物が良いかも知れません。小さなタイプのガイドを使っているエギングロッドは軽いので、慣れていないシャクリを続けても疲れにくいため初心者には歓迎されます。

そして、2万円前後の価格帯のエギングロッドになってくると、ロッドの持つ機能が高性能なので大手メーカーのエギングロッド製品を選ぶと外れや失敗がありません。ロッド自体の重さも、エギングに最適な軽量化された100グラム近い物もありますし、性能も安定しています。

よじれにくいようなブランクスのロッドや、バットパワーとキャストの性能が良いエギングロッドもエギンガーからとても評価されています。このクラスのエギングロッドは、ティップが繊細なのが特徴となっています。エギングにとってとても重要なポイントである飛距離が出やすくエギの動きを出しやすいロッドの特徴があったり、アタリをすぐに感じられるような感度の良さが際立っていたりします。

もう少しランクが上のクラスのエギングロッドになると、ガイドの抜けとか振り抜けの精度がかなり上がってきますが、2万円前後のエギングロッドでも十分にアクションを起こせます。エギングに慣れてきたら、狙ったポイントへエギを飛ばしやすいロッドや、少しのアクションでエギを生き生きと動かせるようなロッドを選びたくなります。

そんな際には、エギコントロールのしやすい2万円前後の価格帯のエギングロッドを選ぶと良いでしょう。エギングロッドの価格帯別の性能をざっくりとまとめると、1万円未満のロッドと2万円前後のロッドは、使われている素材が違います。軽ければ軽いほど、釣果に繋がる上手なエギングが出来ることを覚えておいて下さい。

世界初のエギング専用ロッドを開発したダイワの最新テクノロジー


ダイワは、エギングロッドに自社のテクノロジーを余すところなく搭載しています。実は、エギングブームを到来させた大きなきっかけとしてダイワのエギングロッドの存在があります。ダイワは、世界で初めてエギング専用のロッドを長年のテクノロジーを終結させながら研究を重ねて開発しました。

例えば、ダイワの糸を中に通すインターラインモデルでは、エギングロッド内部が撥水加工されているために傷みにくくメンテナンスもしやすくなっています。従来のインターラインモデルのエギングロッドは、糸がらみがしにくいので人気がありますが、メンテナンスが面倒なのがネックでした。

そこで、ダイワはインターラインモデルのエギングロッドの様に、ロッド内部に撥水加工されていれば、塩水や海水の汚れなどで糸や竿が傷みにくくなります。また、高密度のカーボンを採用しているために、軽量でありながらもパワーがあるのもダイワのロッドの特徴です。ダイワのエギングロッドは、より丈夫に、より細くを目指しているので、チタンフレームなども採用されています。

ダイワのエギングロッドはガイド機能が高い

ダイワのテクノロジーは、エギングロッド本体だけでは無く、ガイドにもその機能が見受けられます。ダイワのエギングロッドは、糸が絡みにくい設計であるだけでは無く、ガイドに軽量素材を使っています。ガイド単体でも数グラムの軽量化に成功しており、長時間のエギングをしても体への負担が少なくなっているのは嬉しいポイントです。

エギングロッドに搭載されているガイドが軽くて丈夫だとティップがぶれませんし、飛ばしたいポイントへエギを的確にアプローチしていくことが出来ます。エギングロッドが軽い上に、しなりが良いとエギのキャストしたときの飛距離も今まで以上に出ます。エギをしゃくってフォールさせた場合をとっても、エギングロッドのガイドの質が良いほど、ぶれないですし感度を維持することが可能です。

エギングのアクションをしているときにやエギがフォールをしているときなどにも、手元にまで振動が的確に伝わってきますから、イカがエギの上に乗ったのを確認してから合わせるなんて事も確実に出来てしまいますよ。ダイワのエギングロッドは、軽さを求めるためにカーボン繊維を多くロッドに使っています。

しかし、カーボン繊維だけを使っても、思うようなしなりがロッドに出ません。カーボン素材と樹脂の適度な混合が無いと、エギングに必要な条件である柔軟性がロッドに出て来ないのです。ダイワのエギングロッドはベストな混合比率でロッドを作っているので、エギングに最適なしなやかさが確保されています。

ダイワのエギングロッドの様に、しなやかさがあると感度も良くなって、細かく振り抜くことが出来たり、エギの動きやアクションを自分の理想通りにコントロール出来たりします。イカは警戒心が強いために、ほんの少しのアタリにも細心の注意を払わなくてはなりません。

感度が良くないとエギングロッドとしての役割を果たせませんから、ダイワのエギングロッド製品は多くのエギング愛好家から信頼されているのです。世界初のエギング専用ロッドを開発したダイワのエギングロッド製品は、素材の使い方が他社とは大きく違っています。

カーボン素材と樹脂の混合の仕方やチタンの使い方、またガイドの開発の仕方など多くの点が際立っています。エギングで良い釣果を出したいと考える場合、ダイワのエギングロッドを使いこなしてみるのも面白いですね。

エギング関連記事

 

スポンサーリンク









Twitterでフォローしよう

おすすめの記事