ワカサギ仕掛けおすすめ付け方として、2種類の違いを知ることでワカサギ釣りの釣果があがりやすくなります。ワカサギ釣りでは、穂先の選びも気になりますが最も悩むものがワカサギ仕掛けの選び方ですね。ワカサギ釣りは奥深く、ちょっとだけしか離れていない隣の人は爆釣して自分は全然釣れないという経験をした人も多いのではないでしょうか。

ワカサギ釣りでは、仕掛けの付け方のチョイスによって釣果に大きく影響してしまいます。逆に言うと、ワカサギ仕掛けのおすすめの付け方をマスターすることによって、ワカサギの状況変化に応じてエダス間隔を付け替えて釣果をあげることが可能です。それでは、少しでも釣果アップの可能性が高まるワカサギ仕掛けおすすめの付け方と、エダス間隔の差による効果の違いについてご紹介していきたいと思います。

ツーリー
ワカサギ釣りは、仕掛けの選び方が重要とは聞いていたけど、それを使い分けることが最も重要なんだね。釣れる実績があるワカサギ仕掛けのおすすめであっても、状況によって付け方が変わってくるのは知らなかったよ。
スポンサーリンク

ワカサギ仕掛けのおすすめの付け方は状況変化によってチェンジ


ワカサギ仕掛けのおすすめの付け方は、「コレ!」とただ1つの仕掛けにこだわるよりも柔軟にローテーションさせることが重要なポイントとなります。ワカサギ釣りは腕の差が出やすい釣りでありますので、隣の人は釣れまくっているけど自分にはワカサギがヒットしないという現象が多々発生します。これには、ワカサギの動きや状況によって、ワカサギ仕掛けの付け方を変えているため釣果が良くなっているという事があります。

もちろん、ワカサギ仕掛けの針自体の選び方も大切ですが、それよりもワカサギ仕掛けのエダスの間隔の理解をすることでワカサギの釣果アップに繋がります。ワカサギ仕掛けのエダス間隔は、仕掛け針によってその感覚が違っており大きく「約12センチ間隔」「約15センチ間隔」の2種類のエダスがあります。

また、中にはエダス間隔が均等ではないカスタマイズされたワカサギ仕掛けもありますが、これは基本の「約12センチ間隔」「約15センチ間隔」の違いによる使い分けができるようになってから使用するのが良いです。ワカサギ仕掛けのエダス間隔の理解が無い状態で、上級者向けの不均等のエダス間隔を使うと、全然ワカサギが釣れなくなるという事態が発生する場合があります。

つまり、釣果アップを狙うためのワカサギ仕掛けのおすすめの付け方は、状況に応じて「約12センチ間隔」「約15センチ間隔」の2種類のエダスを使い分けるということになります。続いてそのワカサギ仕掛けのエダス間隔の違いと効果について詳しくお話していきます。

ワカサギ仕掛けおすすめのエダス間隔の使い分け方法


いよいよお待ちかねのワカサギ仕掛けで、釣果に大きく左右するエダス間隔による使い分けについて詳しく触れていきたいと思います。上記の図では、左側がエダス間隔12センチで、右側がエダス間隔15センチのワカサギ仕掛けとなっています。ワカサギ仕掛けのエダス間隔が狭いと、それだけアピール性が高まり遠くにいるワカサギへのアピール効果が良くなります。

一方でワカサギ仕掛けのエダス間隔が広いとワカサギへのアピール性が弱くなります。では、ワカサギ仕掛けのエダス間隔が短い方が良いのではないかという意見が出て来ますが、実はエダス間隔が短くなれば近づいてきたワカサギが針に食いつきにくくなるという現象が発生してしまいます。つまり、ワカサギ仕掛けのエダス間隔か短いとそれだけ多くの針が付いているので、遠くにいるワカサギを寄せてきやすい特徴がります。

しかし、上下運動させて誘いアクションを加えていると、エダス間隔の短いワカサギ仕掛けの場合、ワカサギが針近くまで来ても針を避けて通り抜けてしまいます。そのため、ワカサギ状況に応じてエダス間隔の使い分けが必要になってきます。おさらいしてエダス間隔による効果をまとめると以下の様になります。

ワカサギ仕掛けのエダス間隔の違いによる効果
・エダス間隔が短い:ワカサギを寄せれるが近くに来ればヒットしにくい
・エダス間隔が広い:ワカサギを寄せにくいが近くに来るとヒットしやすい

つまり、ワカサギの気配がない場合には、エダス間隔が短い仕掛けで遠くからワカサギを寄せて来るテクニックが必要となります。そして、だんだんとワカサギの雰囲気がして針をつつく感覚を感じたら、直ぐに近くにくればヒットしやすいエダス間隔が広めのワカサギ仕掛けに付け替えます。そうすることによって、近くに寄ってきているワカサギが、針に食いつきやすくなるというメリットがあります。

そして、再びワカサギがどこかへ回遊して針をつつく感触もなくなったら、再びエダス間隔の短いワカサギ仕掛けでワカサギを遠くから寄せ集めるというローテーションを繰り返すことによって、釣果アップを狙います。このように、ワカサギ仕掛けひとつ取ってみてもエダス間隔の効果の使い分けが大切であることが分かります。

エダス間隔の短いワカサギ仕掛け

エダス間隔の広いワカサギ仕掛け

関連記事
ワカサギの唐揚げの作り方と下処理で内臓はらわたの出し方
ワカサギの下処理の仕方とうじの関係性!牛乳で臭い消しも
ワカサギを琵琶湖で網すくいが出来る場所とポイントや条件
クリスティアワカサギ穂先にHGモデル登場!TYPE-KとTYPE-Cの違い
偏光サングラスが釣りに必要な7つの超具体的な理由と見え方

 

スポンサーリンク









Twitterでフォローしよう

おすすめの記事