台風通過後の釣りは、水潮になって海釣りで魚が釣れないというイメージがないでしょうか。もちろん、タコのように真水をイヤがるものは釣れにくくなりますが、台風通過後の釣りは基本的に多く魚の釣果が上がっている事実があります。その台風通過後の海の状態が魚にとっては好都合であり、食いが立つ状態となっています。それでは、台風通過後の釣りは魚が良く釣れる理由を超具体的に説明していきます。

スポンサーリンク

台風通過後の釣りが魚の食いが立つ理由

台風通過後の釣りは水潮となって、まず海に行っても釣れないというイメージを多くの人が持っています。しかし、実際には台風通過後の海の状態は若干の海の濁りが発生して、海底の砂が舞い上がっている状態となっています。例えば、豪雨が降ったときにシーバスなどの警戒心が強すぎる魚がその警戒心が溶けて釣れやすくなるという話しを聞いたことがあるでしょうか。

ツーリー
えー!水潮になったら全ての魚が海の中で活動しにくくなるんじゃないの?

釣り情報のインフォ
確かに水潮になれば釣りにくくなる魚もいますが、台風が来ることによって海底の砂が舞い上がって海水が濁ります。そして、海水が濁ることによって釣り仕掛けなどが魚に見えにくい状態となって魚の警戒心が低くなります。その結果、台風通過後の釣りは釣果実績が良いことが多いのです。

特に、メバルなどのロックフィッシュは目が良い種類が多いので、針や釣り糸によって警戒する個体がいます。台風通過後の釣りでメバルのようなロックフィッシュの釣果がアップする理由は、このメバルの視界が台風の影響で悪くなってエサやワームは見えるけど、針や釣り糸が見えにくい状態となっているため警戒心が低下する傾向があることが分かっています。

関連記事
メバリングの時期は冬から春が超人気で面白い釣りになる理由

台風通過後の釣りで大物が堤防から釣れやすくなる理由

台風通過後の釣りでは、想像をしていなかった大物の回遊魚が堤防から釣れる場合が通常時よりも多くなります。台風通過後は海底に沈んでいるヘドロが舞い上がりやすくなります。外洋であれば、海の流れも強いので問題がないのですが、強い流れが発生しにくい湾内のヘドロや生物の死骸ゴミなどが蓄積して、底付近の海水が淀んでしまいます。

このような状態であっても、台風通過後に普段流れのない湾内の海底がかき回されて淀みの改善となることが多いです。その結果、魚のエサとなるゴカイ類や小さな生物たちが生息しやすい環境となって、それを求めて小さな魚たちが台風通過後には湾内に集まってくることがあります。その小魚たちをもとめて大型の回遊魚が湾内に迫ってくるため、台風通過後の釣りで大物が堤防でヒットしやすくなります。

自然現象は実に不思議でありますが、このような循環によって湾内の海底の淀みの改善されて水の入れ替えが自然に発生するというメカニズムは本当にすごいなぁと感じてしまいますね。これによって、私たち釣り人にとっても嬉しい魚釣りの循環が生まれます。台風通過後の釣りは、台風の影響で浮遊物などの障害物が多いですが、堤防からメタルジグなどのショアジギングで大物を釣るチャンスでもあります。

関連記事
ショアジギングとは?4つの時期の釣り方と3種のショアについて

台風通過後の釣りではタチウオの時合が狂う

タチウオ釣りと言えば、一般的には夜釣りというイメージがあり、そして朝早くの朝まずめも狙い目の時間帯です。そして、太刀魚は日中が全くと言っても良いほど堤防釣りにおいては無反応のときが多いです。しかし、台風通過後の釣りではタチウオを堤防から日中狙うことも可能になる条件が発生します。台風の影響によって、海水が激濁りをしているときは太刀魚の釣れる時間帯が大きく狂う事があります。

台風などの強い風と豪雨によって生じる海水の濁りが発生すると、その濁りによって台風通過後からの早朝から日中にかけて時間を問わずにタチウオがヒットすることがあります。もちろん、太刀魚の時合のような1投1当たりのような勢いはありませんが、通常の日中と比べると明らかにタチウオのヒットが上がっています。

そのため、台風通過後の2~3日経過した海の状態が激濁りであれば、太刀魚を狙ってみるのも楽しいかもしれません。ただし、太刀魚の夏タチウオのシーズンにちょうと台風が重なっている時期がベストです。台風が通過してもそればタチウオの釣れるシーズン外であれば、釣れないのでご注意してください。

関連記事
ワインド釣法とは?仕掛けとタチウオを釣りまくるコツ

台風通過後の釣りでの注意点

台風通過後の釣りでは、大型回遊魚が釣りやすいからといって急いで釣りに行くことは避けてください。急に強烈な風と雨が止んだといっても、台風の目にその周辺が覆われていることがあります。台風接近中の海釣りは、とても危険であるため絶対にしないでください。しっかりと、天気予報やウェザーニュースで台風の進路を確認して、確実に台風が去ったことを確認してから釣りに行く必要がります。

また、イカなどは台風通過後の釣りで沖合をメインに釣果が上がりやすくなる傾向にありますが、台風によって海上に浮遊物が多い場合はボートでの釣りは危険を伴いますし、乗合船なども延期することがあります。台風が過ぎ去ったからといって、安易にボートで沖合に出ることは危ないのでまずは、目視で海上の浮遊物の有無を確認してから、問題のない範囲内の場合に沖合へ出るようにしてください。

なお、台風通過後の釣りをボートでする場合には必ず2~3日の時間をあけてから沖合へ出るようにする必要がります。台風通過後といえど、海のうねりがひどかったり波が高すぎるという場合には、まともな釣りをすることができない上に危険が伴います。必ず、台風通過後は安全面を1番に考えてある程度の日数の時間が経過してからボートで海釣りをする必要がります。

台風通過後の釣りで陸っぱりへ行くときには、高波でないか十分に注意してください。陸っぱりでの高波発生は、最も危険な釣りシーンです。台風が通過して2~3日が経過していても、釣りポイントへ行ったときに陸っぱりへぶち当たるような高波が発生していたら、釣りをせずに帰ることが一番大切です。台風通過後の釣りは大物が狙えるという嬉しさよりも、事故の不運の方が圧倒的に怖いです。

関連記事
WINDY天気アプリを日本語で使い方と見方を解説!無料で高機能
偏光サングラスが釣りに必要な7つの超具体的な理由と見え方

 

スポンサーリンク









Twitterでフォローしよう

おすすめの記事