ケミホタル使い方って、いろいろな釣り仕掛けで変わってきますが、そのケミホタルの多様性は随時進化していっております。ケミホタルは主にタチウオ釣りで使われることが多く、太刀魚が夜の暗い海の中で光に反応することがわかってからタチウオ釣りにケミホタルはもはや必須アイテムとなりました。

昔はケミホタルはエサ釣りでしかそのチューブ利用による用途のみであったのですが、今ではルアーやメタルジグにもその使い方の幅が広がっています。それでは、ケミホタルの使い方をルアーやチューブ利用によってどのように活用するのかをご紹介していきたいと思います。

ツーリー
ケミホタルは、夜釣りでは無くてはならない程とても重宝するアイテムだけどその使い方はルアー使用やチューブ使用によって変わって来るよね。最近は、太刀魚などのナイトジギングもケミホタルがジグにも使えるようになったので釣りの幅が広がっているよね。
スポンサーリンク

ケミホタルの使い方と効果


ケミホタルを付けないと、明かりの少ない夜釣りの時にほとんどアタリを確認できないと言っても過言ではありません。その証拠に一度、ケミホタル利用の代名詞の釣りであるタチウオ釣りをケミホタル無しで行うと、全然釣れなくなることが体感できます。また、ケミホタルを使わないと釣果も良くならない事に加えて、ケ真っ暗な海に仕掛けを投げても、どこに落ちたのか、今どんな状態なのかをケミホタルがないばかりに状況を知ることが出来ないのです。

特に引き釣りをしたり、太刀魚ワインドに代表されるダート釣法をしたりするときには、ケミホタルがないと話になりません。また、ケミホタルの使い方を仕掛けのみではなく、道具にも応用することができ、例えばルアーロッドの先やウキの所にケミホタルを付けておくことによって、ほんの小さなアタリや動きも見逃すことが無くなり釣果にも結び付くのです。

ケミホタルを実釣で使用するときは、ポッキっと棒状の本体を軽く折るだけで発光する簡単な仕組みで、エサ釣りの場合はチューブをラインやワイヤーに通してケミホタルを付けたい部分にくっつけるだけという使い方です。ケミホタルは誰もが簡単に使うことが出来るので、夜釣りをする釣り人には欠かせないグッズとなっています。特にタチウオなど、光るものに引き寄せられる習性を持つ魚にケミホタルは有効であり集魚効果を発揮します。

そして、太刀魚釣りでケミホタルを付けることによって、魚に効果的にアピールすることが出来ますし、魚たちの活性をも上げられます。タチウオはキラキラと反射しているものや、発光している物に集まってくるので、ケミホタルを仕掛けに付けておくと釣果をアップすることが可能です。本当にケミホタルに集魚効果があるのか疑わしいという意見もありますが、ケミホタルを使って釣りをした人と使わなかった人の釣果に、明らかな違いが出ることが多くあります。

色々な研究でも、ある種の魚は光に集まりやすいという研究結果も出ています。ケミホタルのような仕組みの水中集魚灯が開発されているのも、魚が明かりに引き寄せられることを裏付けています。また、太刀魚に限らすイカなども光に集まる習性があるので、イカ漁船は船内に何個もライトを設置しておりますし、今では棒状のみではなく、ルアーに付けやすいシールタイプのケミホタルも開発されているくらいです。

ケミホタルの使い方はルアーやチューブ利用で変化


ケミホタルにも色々な使い方があり、今ではエサ釣りだけではなくルアーなどに取り付けしやすい物は特に人気があります。いくつかのワームやバイブレーションのルアー仕掛けの中には、ケミホタルを内蔵できるようになっている機能がルアー本体にありますから、その穴にケミホタルを入れるだけで簡単に使用できます。従来の一般的なものではウキの下とか仕掛けの真ん中あたりに、ケミホタルを付けやすいようにしているセット商品もあります。

これはエサ釣り仕掛けなどへ簡単に固定チューブを使ってケミホタルを一番良い位置に付けられるので、初心者にも評判が良く最も一般的なものです。そして、ケミホタルには色々な色があり、夜釣りでいくつか試せるようになっています。少し前は発光グリーンが定番でしたが、今ではレッドカラーやパープルカラーそしてブルーカラーのケミホタルまで登場しています。

タチウオワインド釣法では、ケミホタルの色を変えることによって、急にヒットが多くなったと言う事もありますので、いくつかの色を用意しておくのがおすすめです。その中でもやっぱり従来の棒状のケミホタルは光が非常に強く、100メートル先でも見えることが出来るので評価されています。この棒状の光が強いケミホタルをそのまま装備挿入できるメタルジグも登場しています。タチウオ釣りをするならば、ケミホタル色についても複数カラーを試して反応の違いを体感するのも良いでしょう。

関連記事
偏光サングラスが釣りに必要な7つの超具体的な理由と見え方
タチウオの締め方はハサミと首を折るかどっち?ケガ防止方法
タチウオの釣り方で防波堤の浮き釣りの特徴と強み
タチウオテンヤ仕掛けの船での釣り方とエサの選び方
ワインド釣法とは?仕掛けとタチウオを釣りまくるコツ

 

スポンサーリンク









Twitterでフォローしよう

おすすめの記事