エギングをする時にリーダーを付けていないと、いくつかの問題が釣りをする上で発生してきます。エギングで釣果アップするためには、リーダーは必要不可欠な釣り道具であり、それと同時にライントラブル防止の効果もあります。それでは、エギングリーダーが釣果アップにどうしても必要な理由と、その効果についてご紹介します。

スポンサーリンク

エギングリーダーはイカの警戒心対策のために必要

エギングをする時にリーダーを付けないと、視覚が鋭いアオリイカが警戒してエギから逃げてしまいます。エギングで操作性が良いPEラインは、ライン自体に色が付いていてアオリイカはすぐに気がついてしまうのですが、そこにエギング用リーダーを付けておけば、アオリイカに気付かれにくくなります。「エギングラインに求められる条件とおすすめの選び方」の記事の通り、エギングの釣りにおいて、PEラインは飛距離を出すためには絶対に必要ですが、それだけではエギングでの釣果がアップしません。

エギングでは、最適なラインと最適なリーダーを組み合わせて初めて、安定したアオリイカの釣果アップを期待することができます。キャストしたエギで底を取っていくときに、岩場などでPEラインが切れやすくなることがありますけど、エギング用のリーダーをPEラインに付けておけば摩擦に強くすることが可能です。

PEラインは強度が凄く高いものの、擦り切れや摩擦にはとても弱い性質があるため、その弱点をエギングリーダーで補います。リーダーの素材は、フロロカーボン制のエギングリーダーを選んでおけば、岩礁などで釣糸が切れてしまうことを防ぐ「瀬ズレ対策(ラインブレイク対策)」をしっかりすることが出来ます。

エギングのリーダーの選び方

エギング用のリーダーは、どれくらいの太さの物を選んだら良いのかですが、その目安として2号前後のエギングリーダーを選んでおけば間違いは無いでしょう。エギングリーダーの太さが1.5号より下になると、岩礁や障害物による瀬ズレ(ラインブレイク)でリーダーが切れることがあるので気を付けてください。その一方で、エギング用のリーダーが太すぎると今度は逆にエギがなかなか沈まないと言われることがありますが、そこまでの影響はありません。

ただ3号より上のエギング用のリーダーになると、エギが沈みにくくなる多少の影響はあるかも知れないですね。購入するエギング用リーダーの長さの目安は、30メートル巻きくらいの物を買っておけば十分に長持ちします。毎回エギングに使用するリーダーは、約1メートルくらいの長さですから、30メートル巻きのエギング用リーダーを用意しておけば何回も使えるので安心です。

エギングをする時にお得だからと、あまり長いエギング用リーダーのものを選んでしまうと、かえってかさばるので荷物が増えてしまいます。そして、エギングに慣れてくると状況によってリーダーを付け替えたりすることもあるので、あまりにも長く巻かれたリーダーを購入することはオススメしません。いくつかエギングリーダーを利用するときに、逆に保管などが面倒になってしまいます。

結果として、長巻のエギング用リーダーを買うと長期間いや長年たっても使えきれないのでデメリットであります。

話題のエギングリーダーの特徴が知りたい

最近になってとても話題のエギング用のリーダーは、高比重タイプで浮き上がりにくい特徴があります。エギングをしていても高比重タイプのエギング用リーダーは、エギの操作がしやすくてエギを自然に動かしてくれます。アオリイカはとても警戒心が強いですから、エギがナチュラルに泳いでいないと寄ってきません。

エギングをしていて、少しでもエギの操作がぎこちなかったり不自然なエギの動きであった場合はイカはエギから離れてしまいます。そんな時に、エギング用リーダーがエギの動きをサポートしてくれるのはとても助かりますね。エギング用リーダーの素材としてフロロカーボン製は、摩擦や擦れに対して高い強度がありますので人気です。

エギング用リーダーのカラーとして、アオリイカから見えにくい藻と同じようなグリーン系の色やライトブラウン系の色をしているエギングリーダーも評価されています。また、エギング用リーダーの強度ばかりを求めて号数が大きなものを使用してしまうと、逆にしなやかさが欠けてエギが不自然な動きをしてしまいます。

最新のエギング用リーダーは、エギングで必要とされる強度としなやかさを両立させているので、アオリイカの釣果アップに繋がりやすくなっています。そして、磯などラインが切れやすい場所で釣りをするときには、単にエギング用リーダーの号数を大きなものにするのではなくて、切れにくいようにシリコンコーティングされているエギング用リーダーを選びましょう。

エギングのリーダーは、釣果アップに直結する重要な釣り道具です。ついエギングをする時は、PEラインだけに目が向きがちになってしまいますが、エギングに使用するリーダーにもこだわってください。エギングで釣果をアップさせるためには、テクニックなども重要でありPEラインの選び方やエギのチョイスも必須課題でありますが、エギング用リーダーなどの組み合わせを含めた全ての選定が最も大切な要素です。

関連記事
釣り人必見!釣具が10万円お得!Yahoo!JAPANカードの補償が凄い
エギングロッドの失敗しない5つの選び方!これを知っていれば安心だ
偏光サングラスが釣りに必要な7つの超具体的な理由と見え方

 

スポンサーリンク









Twitterでフォローしよう

おすすめの記事