ワインド釣法とは、ジグヘッドにワインド専用ワームを装着して左右の俊敏なアクションをさせて反射的にタチウオに食わせるという釣り方です。ワインド釣法は、食いの立った太刀魚にはもちろんですが、活性が低くなったタチウオでも食わすことが出来る釣果実績がとてもあるルアーフィッシングです。それでは、ワインド釣法の仕掛けタチウオを釣りまくるコツについてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

ワインド釣法はワーム仕掛けの左右の動きが重要なポイント


太刀魚ワインドは、ワインド釣法用の専用ジグヘッドにワームを付けて、右へ左へと大きなダートアクションを一定リズムで繰り返していくとタチウオがよく釣れます。数ある太刀魚釣りの中でも、ワインド釣法はタチウオを狙っていくうえで、一番効率の良い釣り方ではないかと感じるほどの釣果実績と手軽さがあります。このタチウオはフィッシュイーターなので、光っているものや大きな動きをする物に自然と反射的に反応してきます。

ジグヘッドワームを右とか左の横方向にダートさせていくと、ワームに必ずと言って良いほど太刀魚がヒットしてきます。ワインド釣法でタチウオが食いつく重要なポイントとして大切なのは、しっかりと左右交互の横の動きをウリ返しながらジグヘッドワーム仕掛けを動かしていくダートアクションです。例えタチウオの活性が低くとも、ワインド釣法ではこの左右のダートアクションで反射的にタチウオに食わすことが可能です。

もちろん、タチウオワインド釣法は釣りビギナーの方であってもそれほど難しいロッドアクションが不要なため、ワインド初挑戦でで太刀魚の釣果が見込める釣りとなっています。タチウオのウキ釣りなどでは活性が低くなったタチウオを食わせることが難しい部分がありますが、このワインド釣法は攻める動き、タチウオのそして捕食スイッチをアクションでアピールさせることもできるので、釣果があがりやすいです。

ワインド釣法はどのシーズンにするのが効果的か

ワインド釣法をするのに良いシーズンは、秋から冬にかけてのシーズンが一番良い時期となります。この秋から冬シーズンは太刀魚が一番大きく育つ時期でありいわゆる「ドラゴン」釣りというメートル級のタチウオが狙えることから最も注目されている時期です。基本的には一年中タチウオを狙うことが出来ますが、一番タチウオが岸に近づくのがこのシーズンなのです。

また、その他にも春から夏のシーズンにかけてもタチウオが岸に近づいてくる時期となっており「夏タチ」として、太刀魚ワインドを楽しめるシーズンです。この夏シーズンは、タチウオのサイズはやや小さいものの数を釣ることができるので、楽しい太刀魚時期ともいえます。1年で夏シーズンと冬シーズンの2回タチウオの接岸ピークが来ますので、この時期はタチウオ釣りの人で堤防などがにぎわいます。

そして、ワインド釣法が最も効果的な時間帯は、夕日の日の入り前の時間帯です。夕まずめ時がタチウオの活性が上がり、餌を求めて岸に接近してきます。日中のタチウオは活性が下がっていて水深のある所にいますから、どうしても日中にタチウオを釣りたい場合にはボトムをさらうようにしていきましょう。朝のマズメ時もタチウオの活性が高いですから、朝4時から7時くらいまでは、かなりのタチウオの釣果に期待が持てます。

夕方のまずめ時から、朝のマズメ時がワインド釣法の効果的な時間帯となっています。

ワインド釣法が上手くいく釣り方を解説

ワインド釣法でタチウオの釣果を出す上手くいく釣り方は、タナを意識していくことです。タチウオワインドの釣り方はシンプルで、ジグヘッドワーム仕掛けをフォールさせてしゃくっていくだけなのですが、フォールさせる速度が大切なので覚えておいて下さい。ジグヘッドワームをキャストして海面から真ん中のタナまでを10秒くらいのスピードで落としていき、真ん中からボトムまでは20秒くらいの時間を掛けましょう。

ボトム付近には、ジグヘッドワーム仕掛けを20秒以上は時間を掛けて落として下さい。このようにタナごとに落とす速度を落としていくと、タチウオに気がつかれやすくなり釣果が伸びます。最初の一投でこのタナの点を意識すると、どのタナにタチウオたちがいるのかを知ることも出来ます。真ん中のタナでバイトがあったなら、そこにタチウオの群れがいて回遊している可能性が高まります。

そこでジグヘッドワーム仕掛けをダートアクションをさせていくと、連続して釣れる確率が高くなります。タチウオワインドではジグヘッドワーム仕掛けをキャストして、ボトム付近まで沈ませている間に既にタチウオが仕掛けを加えて持って行くときがよくあります。このとき、ジグヘッドワーム仕掛けの沈ますカウントをし終わって、リールを巻いていくと全くラインの先に仕掛けが付いている感覚が無いと焦ってしまう事があります。

しかし、リールを巻いて驚くほど軽いときは既にジグヘッドワーム仕掛けをタチウオが加えて泳ぎまくっているので焦らずにしっかりと巻き取っていき、テンションがロッドに伝わった瞬間にしっかりとフッキングをして合わせてください。そうすることによって、ジグヘッドワーム仕掛けを加えているタチウオをバラす可能性が低くなります。

タチウオワインドをするためには、かなりの釣果実績のあるオンスタックルデザインの「ZZヘッド」と、専用ワーム「マナティ」を仕様して、トリプルフックの後方に「ワインドトレーラーフック」を付けます。タチウオは捕食が下手な魚なので、トリプルフックのみだとヒットしてもバレやすいです。トリプルフックをワームに付けることで、タチウオの捕食ミスを防ぎやすくします。

目安としては、3/8ozのZZヘッドと、マナティ90サイズのワームを仕様して、トレーラーフックはシングル針タイプを選ぶと大丈夫です。私は以前にトリプルフックをダブル針タイプにしてタチウオワインドをしましたが、どうもダブル針のトレーラーフックは太刀魚の針掛かりが悪くなって逃がしてしまう事が多かったので、シングル針のトレーラーフックの方が良いです。

関連記事
タチウオワインドのジグヘッドの重さの目安と使い分けについて
タチウオの締め方はハサミと首を折るかどっち?ケガ防止方法
1オンスは何グラム?便利なozとgの早見表
偏光サングラスが釣りに必要な7つの超具体的な理由と見え方
ルアー釣りの仕掛け10選と狙える魚種を超具体的に説明してみた!

 

スポンサーリンク









Twitterでフォローしよう

おすすめの記事