磯釣りとは、海上に岩礁が出ている自然な釣り場で釣りをすることをさします。磯釣りといってもその種類は様々であり、陸繋がりの磯もあれば沖合にポツンと浮かんだ沖磯もあります。特に磯釣りでは、地の大型居付き魚を狙えることもあってとても人気な釣りの一つとなっています。そんな磯釣りを初心者でも分かりやすくその魅力と狙える魚種についてご紹介していきたいと思います。

ツーリー
磯釣りって凄く釣果が良いイメージがあるのだけど、なぜ釣れるのか不思議だなぁ。あと、どうして沖磯釣りって沖合の防波堤へ渡るのと違って魅力があるのだろうかぁ。
スポンサーリンク

磯釣りは意外と簡単に始められる


磯釣りは都心から離れた場所で、静かな自然の中で釣りを楽しめると人気の釣りのスタイルです。磯釣りの基本的な釣り方は、マキエを流して針が付いた仕掛けに食いついた魚を釣るというものです。磯釣りに道具も高価な物は必要なく、誰でも始めやすくなっています。もちろん性能を求めれば価格は上がってしまいますが、メーカー品のエントリーモデルであれば、外れはないでしょう。

ハイクラスのロッドや、リールを買う必要はありません。せめてミドルクラスくらいまでを買っておけば十分です。磯釣りは水平線を見ながら、気持ちよく自然を堪能しながら釣りが出来るのが魅力です。朝早く起きて朝日が昇るのを見つつ魚を釣るというのは、最高の趣味だと感じている人が多くいます。普段の喧噪を後にして、思いきりリフレッシュすることが出来ます。

しかも釣り全般に言える事ですが釣った後に、魚を刺身や煮付けで食べる楽しさもあります。新鮮なお魚をアテにして飲むお酒は最高です。あらゆる意味において、磯釣りは自然を堪能することが可能です。磯釣りをするのに海は絶対に必要な条件ですが、島国の日本にはキレイな海が身近にあります。日本は磯釣りには、もってこいの環境であると言えるでしょう。

つまり、磯釣りでは磯の種類も簡単に選べるため、誰もが始められる趣味なの釣りです。もちろん、磯の中でも潮の流れが荒い沖磯もありますので、ベテランでも危険な磯釣りポイントもあることは事実です。しかし、四方を海に囲まれている日本だからこそ、比較的難易度が低く安全性の高い磯を選べば、若者からお年寄りまで磯釣りを楽しむことが出来ます。

また、磯釣りでは居付きの魚が多いので四季がある日本では、それぞれのシーズンに釣れる魚が違ってきます。一年中釣ったら美味しい魚を食べられるというのは、磯ならではの醍醐味です。

奥が深いのが磯釣りの魅力

磯釣りは気軽に始められる釣りですが、奥が深いのもまた魅力の一つです。季節ごとにターゲットとなる魚が変わってきますから、仕掛けやアクションを工夫する必要があります。また、基本的に釣りでは四季によって釣れる魚が変化するのですが、磯釣りでは居付きの魚もいるのでシーズン外の巨大な魚が狙えるという面白い釣りポイントでもあります。

さらに、磯釣りでは海釣り公園などとは違って少し釣り場を変えることによって、釣果も大きく変化します。潮の満ち引きや波の大きさ、さらには海水の温度や天候などを考えながら、磯釣りをしていかなくてはなりません。やればやるほど、自然と磯釣りの奥深さに魅了されてしまいます。磯釣りの懐の深さに虜になる釣り人が多いのは、納得できますね。

磯では魚影も濃いので自分が思いも寄らないような魚が釣れるサプライズがあるのも、磯釣りの嬉しいポイントです。

磯釣りで狙える魚の種類


磯釣りで多く釣れるのがメジナです。磯のフィールドでメジナを釣るときには、マキエで魚を誘いマキエがある間に、オキアミを付け足し掛けで狙っていきます。ウキを使いながら、アタリを取っていく釣り方です。メジナは比較的上の方のタナにいることが多いので、マキエが非常に有効です。磯釣りでは魚がヒットした際、岩などの陰に逃げようとしますから、負けないで着実に巻いていかないと行けません。

メジナを狙うときには、マキエと仕掛けを合わせるようにしないなら、なかなか食いついてくれません。仕掛けがメジナにアピールするように、重りと位置を調整することが必要です。また、磯釣りでのターゲットとしてのイシダイはパワーがあり、その引きの強さが人気の魚の種類です。ある程度頑丈な道具が無いと、イシダイを釣るのは難しくなっています。

石鯛は沖合にいることが多いために、長めのロッドで遠投すると釣りやすくなります。味が抜群に美味しいイシダイは、釣った後の楽しみがありますが、簡単には釣れません。磯釣りでイシダイを釣れたら立派と言われるくらい、少し難しい対象魚となっています。ちなみにですがサザエとかウニ、そして貝殻などをエサにしてイシダイを誘っていきます。

エサも贅沢であり足場をきちんと確保しておかなずに少し油断している時にヒットするとパワーがあるので、イシダイの引きに持っていかれますから注意してください。イシダイのパワーに負けないような仕掛けセットが売られているので、それらを使うと釣果が上がりやすくなります。しかし、ちょっとやそっとでは切れないような仕掛けのため、値段が高くなっています。何度も使うためには、釣りの後にきちんと真水で洗って陰干ししてください。

磯釣りで狙える根魚たち

白メバルも、磯釣りで狙える魚の種類となっています。磯で釣れる根魚はサイズがあまり大きくなく、ラインなどは細いもので十分です。磯釣りで根魚を狙うときにはマキエは使っても使わなくても良く、ある程度の釣果を出すことが出来ます。どうしても反応がイマイチであり釣れないときには、マキエを使って白メバルの活性をあげて上げましょう。

シーズンによっては、磯釣りで他の魚の種類よりも多く釣れます。25センチから30センチを超えるサイズの白メバルなども釣れるので楽しいです。釣り方は、二段ウキ仕掛けを使って行く方法です。キャストをする時にトラブルが起きやすいですが、飛ばすウキをフリーな状態にしておくとトラブルを防げます。磯釣りで狙える魚の種類は、ここに取り上げたもの意外にも、アイナメとかカサゴなど他にも多くいます。

どれが釣れるのか分からないのも、魚影が濃い磯釣りの大きな魅力の一つです。狙った魚に合った仕掛けやアクションで、釣果をアップさせていきたいですね。なお、磯釣りではとても滑りやすいので滑り止めがしっかりした釣り用の長靴とライフジャケットは必須となります。

関連記事
磯釣りの服装装備と靴の重要性とリスクを知らないと超危険!
偏光サングラスが釣りに必要な7つの超具体的な理由と見え方
ジギングとは?4種類の釣り方の特徴と釣り方を語りまくってみた
穴釣りの時期と釣るためにコツや時間帯について詳しく解説
FGノットの結び方は図解で簡単習得!便利な道具のおすすめ

 

スポンサーリンク









Twitterでフォローしよう

おすすめの記事