タチウオワインド仕掛けのワームは、強烈なアピール力があっておすすめする方が多く太刀魚ワインド釣法は大注目されています。タチウオワインドは、ワームの柔軟な動きで太刀魚への瞬間的な食わせができる特徴があり、タチウオの釣果実績も出やすいものとなっています。そして、タチウオワインドではそのようなワームの飛距離を伸ばすために、専用のジグヘッドを装着してキャスティングをする独特な釣りです。

一度タチウオワインドのワームの効果を実感すると、これまでウキ釣りをしていた人でさえ太刀魚ワインドのワームを使った釣りをおすすめしだす程、釣れに釣れまくります。そんな、タチウオワインドに使用するワームのおすすめの選び方について知っていると釣果がアップするコツをご紹介していきたいと思います。

ツーリー
タチウオワインドは左右にぴょんぴょんと跳ねるような動きによって、瞬間的に捕食させる釣り方だけど、ワームってどれも同じような物と思ってたよ。ワームのおすすめって、タチウオワインドの仕方によって変わってくるんだね。まずは、太刀魚用のワームの特徴やワインドの極意なども詳しく教えてよ。
スポンサーリンク

タチウオワインドのワームおすすめの選び方で釣果アップ


タチウオワインドのワームのおすすめの選び方は、ルアーロッドのアクションを行うか行わないかで大きく2つ選択をすることになります。太刀魚ワインド釣法といえば、ルアーロッドのアクションをリズミカルに上下運動をさせながらジグヘッドワームを左右にダートさせたり、跳ねさせたりします。その俊敏な動きにタチウオが反射的に食いつくように誘いをかけていく釣り方が一般的なタチウオワインドとなっています。

しかし、この太刀魚ワインド独特の1リール回転1シャクリといったリズミカルなテンポをジグヘッドワームに伝えるには、ある程度の慣れが必要となってきます。特にこれといって難しいスキルではないですが、リズミカルにリールとルアーロッドを同時に動かすワインド動作がやりにくいといった方には、左右のワインドアクションすら不要な「ただ巻きOK」な太刀魚ワインドワームも存在します。

このように、ルアーロッドをテンポ良く一定リズムでシャクリながらリールを巻く太刀魚ワインドと、ただ巻きだけでワームテールがブルブルと振るえて太刀魚が釣れるというワインドの仕方があります。ただ巻きワームだからといって、太刀魚が釣れにくいというものではなく、それはどのような太刀魚ワインドの釣りを楽しみたいかによってワームを選んでいくと良いです。

ただし、タチウオワインドのワームのおすすめとして、そのワーム形状に合った釣り方をしないと逆効果となっていまします。具体的には、ルアーロッドのシャクリを必要としないオンスタックルデザインの「TAKUMinnow匠魚」で精力的にシャクってワインドをしても、それは匠魚ワームがただ巻き専用に作られているので効果的なアクションができなくなり、太刀魚の釣果が悪くなります。

逆に、オンスタックルデザインの「MANATEEマナティー」は、リズミカルにルアーロッドをシャクって左右にアクションを必要とするタチウオワインドのワーム設計であるため、ただ巻きのみをするとアピール力が足りずにこれもまた太刀魚の釣果が悪くなります。タチウオワインドでは、それぞれのワーム性能によって釣り方やアクションが変わってきます。

タチウオワインドのワームの特徴


タチウオワインドのワームの王道は、オンスタックルデザインの「MANATEEマナティー」「TAKUMinnow匠魚」です。これらは、とても柔らかいマテリアルで作られているので、プルプルとした動きが効果的に働いてタチウオワインドの釣果実績もすごくあります。そして、柔らかいボディーであるため、オンスタックルデザインのワームは、太刀魚がどこにかぶり付いているかなど歯形が残るため分かりやすいです。

オンスタックルデザインのタチウオワインドワームを使用していると、歯型の切れ込み位置によってもう少しポイント的な色合いがあるレッドヘッドにチェンジしたりして、ワームのお腹部分を食わせるといった読みもできるようになります。一方で、他メーカーのワインドワームであれば硬いマテリアルで歯形なども付きにくく長持ちはするけれど、どこに太刀魚が食いついたかを見極めるのが難しいといった特徴もあります。

ワームの切れ目や太刀魚が食いついた痕跡を分析して、その時のタチウオの食い状態にあわせたワームチェンジをするのであれば王道で釣果実績のあるオンスタックルデザインのワームに軍配があがります。また、太刀魚の食いついた場所などの分析よりも、ワーム自体を長持ちさせたいといった使い方をしたい方は「アクアウェーブSpark」などもワームが良いです。

どうしてもタチウオの釣果を優先したいのであればオンスタックルデザインを選び、ワームを長持ちさせたい場合にはアクアウェーブを選びます。やっぱりタチウオワインドは、釣れてなんぼだと思うのでオンスタックルデザインのワームがおすすめですね。

関連記事
タチウオの締め方はハサミと首を折るかどっち?ケガ防止方法
タチウオワインドのジグヘッドの重さの目安と使い分けについて
ワインド釣法とは?仕掛けとタチウオを釣りまくるコツ
偏光サングラスが釣りに必要な7つの超具体的な理由と見え方

 

スポンサーリンク









Twitterでフォローしよう

おすすめの記事