ジグヘッド使い方は、ワームを装着したルアーフィッシングに分類分けされることが一般的です。そのジグヘッドにワームではなく、エサを使用して斬新な釣り方をするハイブリッド釣法が急激な人気が集まりっており、その釣果実績もスゴイです。そんな、斬新なジグヘッドの使い方のハイブリッド釣法について詳しくご紹介していきます。

スポンサーリンク

ジグヘッドの使い方が斬新なハイブリッド釣法の起源


通常のワームを付けないでエサを付けるというジグヘッドの斬新な使い方である「ハイブリッド釣法」の起源は、兵庫県の淡路島から始まりました。淡路島はその恵まれた海流によって釣りが盛んな地域でありで色々なことに好奇心が強い兵庫県民が、この面白いスタイルの起源というのはなんだか納得出来ますね。ある釣具屋ショップとか釣り雑誌の特集で、このハイブリッド釣法が爆釣しすぎて大いに話題になりました。

通常ワームを使う仕掛けなのに、ジグヘッドに虫餌とか生きエサを付けて釣りをしてみたら、予想以上に釣れたためにかなり話題になりました。「ハイブリッド釣法」という言葉がまだない時代には、ゴカイやアオイソメなどのエサをジグヘッドに付けるという発想なんてあまり思い浮かばない方法でしたし、そのハイブリッド釣法の釣果も驚くほど高かったので一気に広まりました。

ジグヘッドを使ったハイブリッド釣法は、どんな魚が釣れるか分からないほど効果が期待出来るのが大きなメリットです。ジグヘッドに虫エサやエビ餌を付けてハイブリッド釣法をした人が、爆釣過ぎると感じるほど釣果が出ることがあります。もちろんワームとかメタルジグを使って釣るゲーム性の楽しさは素晴らしいですが、やはり魚がハイブリッド釣法で確実に釣れるというのも格別の喜びでしょう。

ジグヘッドのハイブリッド釣法の魅力を語る

ジグヘッドを使ったハイブリッド釣法は、手っ取り早くそしてしっかり釣果がアップする喜びを経験出来るのが、大きな魅力です。釣りにおいては、ルアーやワームの効果は結構高いですが、ハイブリッド釣法を体感することによってやはり餌の力もまた大きいと実感します。ハイブリッド釣法は、休暇を利用して遠出の釣りをしている時に釣果が危うい場面に直面するとボウズを逃れるために使ってみたい釣りの方法となっています。

家族を連れてファミリーフィッシングの釣りに行ったときなどは、ボウズで帰るよりも、ハイブリッド釣法でたくさん魚を家に持って帰った方が盛り上がりますよね。斬新なジグヘッドの使い方をするハイブリッド釣法では、手間がかからずポンポイントでキャスティングもでき操作性も良いため手返しの良さが大きなメリットです。

ハイブリッド釣法は、ジグヘッドに直接虫餌や生きエサを使っていくので、操作性が抜群に良いため棚合わせがしやすくて魚たちへのアピール力が半端ありません。あっという間に魚たちが気づいて、ジグヘッドの付けたエサにアタックしてきます。虫ヘッドリグなどを使うと、ロックフィッシュだけではなく、アジやメバルなどを狙っていくことが出来ます。

釣りを始めたばかりの人は、虫ヘッドの使いやすさも魅力になるでしょう。虫ヘッドの仕掛けはとても簡単で、ラインに虫ヘッドを着けてエサを付けるだけです。ハイブリッド釣法では針が開き気味ですから、スグ餌を刺すことが出来ますよ。ジグヘッドにワームじゃなくて、エサを付けて釣るハイブリッド釣法の起源は淡路島であり、ごく最近から始まったまだ歴史の新しい釣法ですから、今後もさらに進化していく可能性があります。

ジグヘッドのハイブリッド釣法で狙うべき場所


朝方などの水温が低い時間帯などは魚たちがボトム付近の岩礁帯に潜んでいますから、ジグヘッドのハイブリッド釣法で狙う場所は岩礁帯がベストです。また、岩礁帯は日陰にもなっているため、警戒心の高い魚たちにとっては安心出来る定住場所にもなっています。ジグヘッドを使ったハイブリッド釣法で岩礁帯の魚を狙うときには、長めのルアーロッドで出来るだけ遠くへ投げてください。

ロックフィッシュの誘い方としてはエサをセットしたジグヘッド仕掛けを底までフォールさせて、ルアーロッドを立てながら岩の上くらいまで少しだけ持ち上げます。その後、糸にテンションを掛けたまま再びジグヘッドを落として、一定のリズムを保ちながらリールでただ巻きをしていきます。この時に岩からジグヘッドに付けた餌に気がついた魚がバイトしてくることがありますから、穂先の動きに注意を払ってください。

当たりがなく少ししたら、ラインにテンションを掛けたまま再度ジグヘッドをフォールしていきます。この動作とアクションを意識して、ただ巻きとジグヘッドのフォールを繰り返しながら、アタリを待ちます。

ジグヘッドのハイブリッド釣法で海藻帯を釣るときの注意点

ジグヘッドのハイブリッド釣法を使うときに、海藻帯を狙うべき場所に選ぶのも釣果が上がりやすくなります。海藻帯は魚たちが身を隠しやすい場所なので、操作性に優れたハイブリッド釣法で狙うと効果的です。アナハゼなどの魚は特に海藻帯を好んで潜んでいますし、フィッシュイーターなので食欲が旺盛です。ジグヘッドに生きエサなどで誘ってあげると、釣れる確率が高くなります。

その一方で、海藻帯には魚だけではなくて障害物も多くあるため、ジグヘッドが根掛かりしないように注意してください。ちょうど海藻帯の上をただ巻きしているときに、アタリが来やすいためにルアーロッドの動きに敏感に反応できるように集中しましょう。

波止場でハイブリッド釣法はできるのか

波止場で、ジグヘッドにエサを付けて釣るハイブリッド釣法をすることも出来ます。ハイブリッド釣法を波止場ですると、遠投をしなくても良いので初心者でも腸jかを上げやすくなります。食卓に上がっても食べやすいアジとかサバ、そしてイワシなどを釣ることが出来るのも、ハイブリッド釣法を波止場でするメリットです。

波止場はハイブリッド釣法をする時に魚影などを確認しやすいため、ジグヘッドを落とし込むポイントを決めやすいのも人気の理由です。ある程度、潜んでいる魚種の特定など予想出来ますから、ジグヘッド仕掛けに何のエサを付ける方も戦略が立てやすいです。波止場ではロングキャストをせずに少し沖合手前のほうに投げて、数秒間ジグヘッドをフォールさせ、リズムをキープさせてただ巻きしてください。

その後ラインにテンションを張ったまま静かにジグヘッドを沈めて、ボトムを少しさらいます。ジグヘッドでボトムをさらっているときに、魚のアタリが来やすいです。ジグヘッドにワームでは無くエサを付けて釣るハイブリッド釣法では、狙える場所がいくつかあります。まずは、上記のポイントを参考にトライしやすいところから始めましょう。

ジグヘッドのハイブリッド釣法で釣りやすい魚と具体的な誘い方


ジグヘッドにエサを付けて行うハイブリッド釣法の基本的な、使い方とポイントの攻め方が理解できたところで、具体的な釣りやすい魚の効果的な誘い方をご紹介していきます。

チヌをハイブリッド釣法で釣る方法

ハイブリッド釣法を使ってチヌを釣ることが出来ますが、狙えるポイントは河口とか磯がメインとなります。近くに河口や急がないのであれば、港湾地帯でもチヌを狙っていくことが出来ます。チヌを狙うにあたって、ジグヘッドに付けるエサとして向いているものはイガイがおすすめとなります。イガイを付けたジグヘッドを、波止場の壁すれすれに落としていく方法が特に有効です。

あまり釣具店とかで売っていないイガイですが、釣り場現地の地域密着型のエサ屋さんでも比較的簡単に手に入れることが可能です。また、どうしても釣りポイント周辺にエサ屋さんがなければ、岸壁とかテトラにくっついているイガイを、少しだけ取って餌として使いましょう。

イガイを付けたジグヘッドでチヌを釣るには、落とし込み釣りが一般的です。チヌはイガイが大好物ですから、イガイが多く付いているポイントを狙ってフォールさせ、少し待ってみて下さい。ジグヘッドに反応がなければ、少しずつポイントをずらして、再びジグヘッドを落とし込み、それを根気強く繰り返しチヌのヒットを待ちます。

アジやメバルをハイブリッド釣法で釣る方法

アジをハイブリッド釣法で狙うときには、餌の大きさを気にしてジグヘッドに付けることがポイントです。細かく千切った青イソメとか、サイズの小さなオキアミをジグヘッドに使ってください。デイゲームなら、ボトム付近をジグヘッドで丁寧にさらっていきます。ゆっくりとジグヘッド仕掛けを落としてあげて根掛かりに注意しながら、底から上下1メートル付近を入念に探っていくのが効果的です。

ナイトゲームの時には、アジの警戒心が緩んで海面付近まで上がってくるので、表層付近を中心に狙っていきます。また、メバルは岩礁帯とか海藻帯に潜んでいます。日中にメバルを狙っていくときには、ジグヘッドに生きエビを餌として付けてください。夜になるとメバルはとても活性が上がりますから、ジグヘッドにはイソメなどの虫エサにしてみると大物サイズが釣れることがあります。

ハイブリッド釣法でカサゴやコブダイも狙っていこう

ハイブリッド釣法では、他にも色々な種類の魚が釣れます。どんな種類がハイブリッド釣法に向いているというと、カサゴやコブダイです。カサゴは底を好んで生息していますから、ボトム狙いで釣っていくのがおすすめです。カサゴは大きな餌がよりアピールするため、ジグヘッドにはキビナゴとかエビなどを使ってください。また、カサゴはテトラの近くなどに潜んでいるケースがあるので、ジグヘッドの落とし込みで穴釣りなんかをしてみるのも良いかも知れません。

コブダイは見た目もインパクトがありますが、引きの強さもかなりインパクトがあります。コブダイは肉眼で魚影を確認しやすいので、見かけたところを中心にジグヘッドを投げてください。コブダイもまたチヌと同様にイガイが好きですから、イガイを調達して、イガイが群がるポイント狙ってジグヘッド仕掛けを落としていきます。

コブダイは急に突進してフッキングするため、突然の引きにも耐えられるようにルアーロッドをしっかりと持っていましょう。色々な種類の魚が釣れるハイブリッド釣法で、美味しい魚を釣っていきたいですね。

ジグヘッドにエサを付けて釣るハイブリッド釣法が釣れまくる理由


ハイブリッド釣法は、ジグと餌のメリットを持っています。ジグの棚合わせの操作性が優れているためが魚を誘う力が効果的になり、そして餌のアピール力が合わさっているために、ジグヘッドにエサを付けて釣るハイブリッド釣法は非常に効果的なのです。このハイブリッド釣法の発想はとてもシンプルで、これまでジグヘッドにワームを付けていたところに生きエサを付けてみたという好奇心から誕生した釣り方です。

興味半分でいざハイブリッド釣法を試してみたら、ジグヘッドと生きエサの組み合わせがとても良く、爆釣が相次ぎ話題となりました。餌だけだと魚がいるポイントで誘うことが難しいですし、ジグだけだと棚合わせが難しくてアピール力が物足りないことがあります。ハイブリッド釣法は現段階では、釣果を求めるアングラーには最強の釣り方かも知れませんね。

ハイブリッド釣法のジグヘッド仕掛けが簡単に作りやすいのも釣れる理由

ハイブリッド釣法のジグヘッド仕掛けが初心者でも作りやすくて、すぐに試せるのも魚がたくさん釣れる理由となっています。ジグヘッド仕掛けを作るのが難しければ、それだけ手返しも悪くなって釣果も当然ながら落ちてしまいます。しかし、ハイブリッド釣法は釣りの経験がなくても簡単に仕掛けが作れて、尚且つ効果的な棚合わせが簡単にできるのであれば釣果が上がるのも納得です。

ハイブリッド釣法は、細めのラインにジグヘッドにエサを付けて結ぶだけなので誰でも簡単に出来ます。しかもこのジグヘッド仕掛けが、操作性に優れて棚合わせも簡単なため魚にしっかりアピールしてくれます。冬の指先がかじかむ季節にも、このハイブリッド釣法は作りやすいジグヘッド仕掛けなので助かりますね。さて、ハイブリッドのジグヘッド仕掛けの内容は、7フィート前後のルアーロッドにスピニングリールを付け、フロロカーボン素材のラインにしてください。

ハイブリッド釣法に使用するラインは0.6号前後であれば良いです。PEでも良いですが扱いがシビアなため、最初のうちはフロロカーボン素材のラインの方が使いやすいのでおすすめです。また、ジグヘッドのPEラインを直結してしまうと万が一の根掛かり時に、困ってしまう要因となるため、PE使用時はジグヘッドとPEラインにショックリーダーを挟むようにしてください。

ハイブリッド釣法専用のジグヘッドだとさらに釣れる

ジグヘッドのハイブリッド釣法をする時には、それ専用(向いている)のジグヘッドだと、さらに釣果がアップする可能性があります。魚の種類とかポイントの場所によってジグヘッドの重さを幅広く選べるので、ハイブリッド釣法で釣果を上げやすくなっています。ジグヘッドは0.5グラムから、10グラムまでの重さが揃っているので心強いです。

専用のジグヘッドには、どんな餌を組み合わせたら良いでしょうか。例えばジグヘッドに青虫とかゴカイを組み合わせると、魚にしっかりアピールしてくれます。ハイブリッド釣法専用のジグヘッドは、シャンクの長さが違って餌が外れにくいようになっています。何回もキャストとジグヘッドのフォールを繰り返すようなときには、餌をそのたびに付け替えなくても良いため効率的に釣りが出来ます。

ジグヘッドにワームじゃなくエサを付けて釣るハイブリッド釣法が釣れまくる理由は、ジグと餌のメリットを両方兼ね備えているからです。ハイブリッド釣法に向いているジグヘッド仕掛けを使って釣果をアップさせましょう。

関連記事
釣り人必見!釣具が10万円お得!Yahoo!JAPANカードの補償が凄い
塩イソメの作り方と保存方法!釣果が良くなる付け方と使い方
偏光サングラスが釣りに必要な7つの超具体的な理由と見え方

 

スポンサーリンク









Twitterでフォローしよう

おすすめの記事