タチウオワインドをする時にアシストフック(トレーラーフック)は、太刀魚のフッキング率を向上させるにおいて重要なアイテムとなっています。タチウオワインドでは、アシストフックにヒットすることが多くその使い分けも奥深いものがあります。しかし、そんなタチウオワインドでもアシストフックの選び方によって釣果を向上できる事もあれば、逆に選び方次第で釣果が下がることもあります。

具体的には太刀魚の捕食の仕方を理解することで、そのアシストフック活用によるフッキング効率を向上させてタチウオワインドでの釣果を上げる事が可能です。一方で、タチウオワインドのアシストフックの選び方を間違えると釣果が下がる理由についてもご紹介していきたいと思います。

ツーリー
タチウオワインドのアシストフックって、素人感覚でヒット確率が上がるだろうと思って選んだら逆に釣果が落ちてしまったんだよね。理由を知ると、納得できました。
スポンサーリンク

タチウオワインドのアシストフックの選び方を間違えると釣果が下がる理由


これまで幾度となくタチウオワインドをしてきて、アシストフックの選び方による釣果の差というものを大きく感じてきました。「たまたまかなぁ?」とタチウオワインド時の釣果の差に疑問を持ち続けていましたが、やっぱりタチウオワインドの実釣を重ねるにつれて、そのアシストフックの選び方に対する疑問が確信に変わってきました。

ずばり、タチウオワインドのアシストフックは「シングルフック」を選ぶべきです。太刀魚ワインドで使用するアシストフックは「シングルフック」と「ダブルフック」の2種類ありますが、ダブルフックを使用するとタチウオの釣果が下がります。初めは単純に針の数が増えればフッキング率が上がるという考えがあったのですが、数を重ねるにつれて「ダブルフック」のアシストフックはフッキング率が下がることが分かりました。

タチウオワインドでアシストフックを選ぶときに「ダブルフック」にすると、まず水の抵抗を受けやすくなります。そして、太刀魚ワインドのジグヘッドは何度も使用すると変形するため、左右のダートアクションの調整は事前にする必要がります。つまり、ダブルフックのアシストフックを使うと、このダートアクションに影響が出やすくなるという理由があります。

また、一番ダブルフックのアシストフックを使用するときのデメリットは、太刀魚の針掛かりが悪くなるという点です。太刀魚は口が小さく厚みも無いのでダブルフックの場合、針掛かりが悪く何度もジグヘッドワームに太刀魚がアタックしてくる感触があるものの乗らないという回数が圧倒的に多いです。シングルフックの場合は、ジグヘッドワームに太刀魚がアタックした感触があると高確率でフッキングします。

そのため、タチウオワインドのアシストフックは、シングルフックの感覚でダブルフックを使用するとあまりの太刀魚の針掛かりの差に驚く人も多いと思います。よくよく考えてみると、ダブルフックの場合はそのまま2本の針毎タチウオの口には入りにくい事が分かります。そして、ダブルフックの2本針の内1本だけタチウオの口に掛かる場合を想定しても、アタック時にもう片方の湾曲した針部分に太刀魚の口先が当たるとフッキングせずに外れてしまう事も想定できます。

やっぱり、太刀魚ワインドのアシストフックでダブルフックを使用することによる、太刀魚がジグヘッドワームをアタックした時の針乗りの悪さは、これらの原因があるのではないかと経験上とても感じてしまいます。

タチウオワインドのアシストフックの釣果アップする選び方


ではタチウオワインドのアシストフックを釣果アップする選び方について、まとめていきたいと思います。太刀魚ワインドではジグヘッドワーム仕掛けにアシストフックを使用することはもはや必須となります。アシストフックを付ける理由として、捕食が下手な太刀魚の針掛かりを向上させるためです。また、どうして太刀魚は他の魚よりも、針掛かりが悪いかという理由はタチウオの捕食の仕方にあります。

タチウオは獲物を見つけると、丸呑みにはせずに噛みついて食い千切るように捕食していきます。そのため、ジグヘッドワームに太刀魚が食い付くときもワーム全体を呑み込むというよりかは、ワームの一部を目掛けた噛みついてくるといったイメージです。そのため、タチウオワインドのジグヘッドワームに噛みついた瞬間にしっかりとフッキングするアシストフックを選ぶことが釣果アップに繋がります。

タチウオは、口の形状大きくなくて細い構造となっています。太刀魚は、口の分厚さも薄いのであまり大きいアシストフックだと瞬間的に食わせる釣り方であるタチウオワインドでは逆に釣果が上がりにくくなってしまいます。タチウオワインドで釣果を求めるためには、アシストフックのサイズを「#1」もしくは「#2」くらいがベストです。

また、タチウオワインドのアシストフックは、ゴム止め部分が黒かグロータイプか大きく2つを選ぶことが多いです。一応クリア系ゴムのアシストフックもありますがトリプルフックに刺したときの固定が緩いのでオススメできません。基本は黒系かグロー系ゴムのアシストフックが良く、太刀魚の食い状態によって選んでいきます。タチウオの食いが良いときは黒ゴム系のアシストフック、食いが渋いときはグロー系のアシストフックがフッキング率向上に効果的です。

関連記事
タチウオワインド仕掛けで爆釣する釣り方!釣れる手順とは
タチウオワインドロッドの選び方は弱点カバーする考えが大切
タチウオワインドのワームおすすめの選び方!知ってると釣果UP
タチウオワインドのリーダーの太さと長さの違いによる釣果差
タチウオワインドのジグヘッドの重さの目安と使い分けについて

 

スポンサーリンク









Twitterでフォローしよう

おすすめの記事