タチウオテンヤ仕掛けでの釣り方では、王道のエサ釣りでありダイナミックな太刀魚とのファイトを楽しむ事ができます。タチウオテンヤ仕掛けでの船釣りでは、大型のドラゴン級太刀魚を狙えるという事もあって夏シーズンから冬シーズンにかけて乗合船などの予約もいっぱいになるほど人気があります。また、タチウオテンヤ仕掛けは、船釣りで大物を狙えますが釣り方やエサの選び方によっても釣果が変わってきます。

ツーリー
タチウオテンヤって、いつも釣り方が同じで仕掛けの種類も1つで良いと思っていたけど活性の変化によって変えると釣果がよくなるのかぁ。あと、エサの選び方の基準なども詳しく教えて欲しいなぁ。
スポンサーリンク

タチウオテンヤ仕掛けの船での釣り方


タチウオテンヤ仕掛けの船での釣り方は、ちょっとしたコツがあり食わせのタイミング作りがとても重要になってきます。太刀魚は獰猛な海のギャングとも呼ばれるほど、その捕食の仕方には勢いがあります。多くの魚は、対象のなる小魚などを呑み込む形で口の中まで勢いよく吸いますが、タチウオは捕食対象の頭からお腹部分を目掛けて噛み付いて引きちぎります。

そのため、太刀魚は捕食があまり得意ではなく、何度も噛みつきながら少しずつ食べていきます。イメージすると、ピラニアがエサとなる肉に噛みついて一口ずつ食べていくような形と少しにています。船釣りでの太刀魚テンヤ仕掛けでは、捕食が下手な太刀魚に食いのタイミングを与える必要があり、ボトムへテンヤを落としてから3~5巻きぐらいリールを巻いて一定時間止めてタナをキープします。

この巻いて止める巻いて止めるという動作は、繰り返しながら探るタナを徐々に上げていきタチウオが食いつくのを待ちます。タチウオテンヤ仕掛けの船での釣り方の基本動作は、このような手順を繰り返します。太刀魚の船釣りテンヤではドラゴン級のタチウオがヒットすることも多いので、食いつけば強烈な引きを楽しむことができます。

タチウオテンヤ仕掛けのエサの選び方


タチウオテンヤ仕掛けのエサの選び方は、イワシやキビナゴそして秋刀魚などの餌を選ぶことが多いです。太刀魚のテンヤ釣りでは主にイワシやサンマを好んで使用する人が多いですが、オールマイティーに使用シーンを網羅できるエサとしてはイワシです。イワシは程良い大きさでありながら、臭いの強いエサとなるのでタチウオテンヤ仕掛けにはとても効果的なエサです。

そして、太刀魚の活性が良いときには大きめのイワシやサンマなどをタチウオテンヤに巻き付けて尻尾部分にはワイヤーを巻かないようにします。タチウオテンヤにイワシやサンマを巻き付けるときに、尻尾部分までワイヤーでグルグル巻きにしてしまうと尻尾が潮の流れでユラユラと揺れないので太刀魚へのアピール力が弱まります。

そのため、タチウオテンヤ仕掛けにイワシやサンマを巻き付けるときは、尻尾部分が稼働するようにします。そして活性が良いときにはタチウオテンヤ仕掛けも大型のものを使う事でシルエットが大きくなり、ドラゴン級のタチウオがヒットしやすくなります。一方、タチウオの活性が低いときには、タチウオテンヤ仕掛けも小さいものへ交換して、エサは秋刀魚ではなくイワシを選んで更に頭部分をカットしてエサのシルエットも小さくなるようにします。

タチウオの活性が低いときには大きめの餌に食いつくが悪くなるため、タチウオテンヤ仕掛けもエサも小さくすると食いが大きい仕掛けより良くなります。また、エサをタチウオテンヤ仕掛けに巻き付けるときには、お腹部分に切れ目を入れて内臓が少し露出するようにすることで、臭いによる集魚効果が高まります。太刀魚を寄せるための工夫として、エサのお腹部分を少し切れ目を入れることも釣果アップのコツとなります。

関連記事
タチウオの締め方はハサミと首を折るかどっち?ケガ防止方法
タチウオの釣り方で防波堤の浮き釣りの特徴と強み
タチウオの釣り方はルアーの種類を変化させないとダメな理由
ワインド釣法とは?仕掛けとタチウオを釣りまくるコツ

 

スポンサーリンク









Twitterでフォローしよう

おすすめの記事