タチウオジギングをする時に、フックセッティングとフックサイズの選び方はとても釣果に影響が出る重要なポイントとなります。一般的な釣りでは、タチウオジギングに使用する針を使用しない事が多いので、初めて太刀魚ジギングをする時にはそのフックの固定概念から不利な釣り方をしている場合があります。

釣りで対象とする魚の中でも太刀魚は、少し特殊な捕食の仕方をするのでそれに合ったフックセッティングとサイズの選び方によって太刀魚の釣果が激変してきます。また、タチウオ釣りではメタルジグに使用するアシストフックの付ける概念も少し違っていますので、正しく理解することで少しでも釣果アップにつなげていただければと思います。

ツーリー
タチウオジギングのフックサイズと針の形状が釣果に影響する重要な要素だったなんて、あまり知らなかったです。確かに、太刀魚ジギングをしているとフックの形状の差で、釣れる人と釣れない人の差も激しかったですね。具体的に、タチウオジギングの釣果に繋がるフックの解説をしてよ。
スポンサーリンク

タチウオジギングのフックセッティングについて


タチウオジギングのフックセッティング方法は、少し変わっています。主にジギングをするときには、メタルジグにトリプルフックを使って、アシストフックを活用することが一般的です。特に、ジギングといえば青物をターゲットとすることが多く、その感覚のまま太刀魚ジギングに挑むと太刀魚の釣果が下がってしまうことも多々あります。

タチウオジギングでのフックセッティングでは、針の形状も特殊であり「反しの無い針(バーブレスフック)」を使用します。「えっ?釣り針なのに、カエシが無いの?」と、初めて太刀魚ジギングをされる方にとっては驚きを隠せないフックチョイスだと衝撃が走る瞬間ですね。えぇ、タチウオジギングでは釣り針なのに、カエシの無いフックを使用することで太刀魚の釣果がアップします。

タチウオジギングでは、反しの無い針をメタルジグの前方と後方にフックセッティングをします。ただし、太刀魚ジギングでメタルジグにタコベイトを付けるときには、シングルフックのカエシ針を使う場合もありますが、それ以外は基本的にカエシの無い針を使用します。この時、メタルジグの後方にカエシの無い4本針(ヴァンフック)を使用したり、2本針のバーブレスフックを使用して、前方に1本針2本組みのバーブレスフックをアシストフックとして使います。

また、タチウオジギングでタコベイトを使いときには、メタルジグの後方だけ4本針(4本フック)や2本針のバーブレスフックの代わりにダコベイトフックを使用して、メタルジグの前方は同じく1本針2本組みのバーブレスフックをアシストフックを付けます。

タチウオジギングのフックサイズはメタルジグの重さで選ぶ


タチウオジギングのフックサイズは、「S」「M」「L」と大きく3つのサイズがあります。太刀魚ジギングでは、ポイントによってメタルジグの重さを変更することが多く、いつも同じメタルジグの重さでジギングは行いません。そのタチウオジギングで使用するフックサイズは、以下のメタルジグのウェイトによって変更する目安としてください。

太刀魚ジギングのフックサイズの目安
・フックサイズS:メタルジグウェイト80g前後
・フックサイズM:メタルジグウェイト120g前後
・フックサイズL:メタルジグウェイト160g前後

タチウオジギングのフックセッティングの仕方で釣果が変わる理由


タチウオジギングではフックセッティングの仕方と、フックサイズについてお話してきました。太刀魚ジギングでは、カエシの無いバーブレスフック針を使用するのが一般的でありますが、なぜカエシの無いバーブレスフックを使用するかについてその理由をお伝えしていきたいと思います。ルアーフィッシングに限らず、エサ釣りにおいても例外的な釣り以外は、基本的にカエシのある釣り針を使用します。

しかし、タチウオジギングではカエシの無いバーブレスフックを使用することが王道であり、これによって太刀魚の釣果がアップします。太刀魚は多くの魚とは違って、捕食するときには獲物を吸い込むのではなくて、噛みつき攻撃を何度もして獲物が弱ってきたところで呑み込みます。つまり、太刀魚ジギングではメタルジグを呑み込ませて釣るのではなく、メタルジグに噛みついてくる太刀魚に針を引っ掛けて釣るというイメージです。

反しの無いバーブレスフック針を使用することによって、メタルジグに噛みついてきた太刀魚の小さく薄い口にも針がかかりやすい点と手返しの良さが向上するメリットがあります。タチウオジギングは、メタルジグの後方と前方に多めの本数のバーブレスフックを使用するため、比較的多くの針が太刀魚に引っ掛かります。そのため、カエシのある針を使っていると、釣り上げた時に針を太刀魚から外す作業に時間がかかります。

なにより、カエシがある針だと当然ながら針を外しにくいため、タチウオからの思わぬ噛みつき反撃を私たち釣り人が受ける可能性も高まります。太刀魚ジギングでは、メタルジグに噛みついてっ来るタチウオをバーブレスフックで引っ掛ける釣りですので、口掛かりではなくボディへの針掛かりが多いことも特徴的です。他のジギングでは必ずと言っていい程、口に針が掛かりますが太刀魚の場合は口以外へのヒットが多いです。

関連記事
タチウオワインドのアシストフックは選び方で釣果が下がる理由
タチウオ料理は刺身を使ったお茶漬けの作り方が美味でウマい
タチウオテンヤ仕掛けの船での釣り方とエサの選び方
偏光サングラスが釣りに必要な7つの超具体的な理由と見え方
メタルジグの種類と重量や形状別の釣り方とおすすめカラー

 

スポンサーリンク









Twitterでフォローしよう

おすすめの記事