タチウオ釣り方防波堤浮き釣り仕掛けを使う方法があり、夏後半から真冬にかけて電気ウキを付けて釣りをされている光景を見ることが多くなります。このように半夜釣りを電気ウキを使用して楽しんでいる場合は、その多くが太刀魚を主なターゲットとして防波堤の浮き釣りをされています。タチウオの釣り方は数あれど、防波堤からの浮き釣りは根強い人気がある釣りとなっています。

タチウオの防波堤で行うウキ釣りは、ハードはファイトを行う釣り方というよりかはゆとりのある釣りとなっているので、太刀魚ワインドや太刀魚ジギングのようにロッドアクションを必要としません。そのため、太刀魚釣りを初めてする人にも防波堤の浮き釣りはオススメといえます。では、そのタチウオの防波堤のウキ釣りの特徴と強みについてご紹介していきたいと思います。

ツーリー
タチウオの防波堤ウキ釣りは半夜釣りが多く、なんで長時間タチウオが狙えるのか今まで不思議だったけどやっと謎が解けたよ。太刀魚ワインドやジギングだと、本当に時合の時のみ爆発的に釣れるけどそれ以降は釣れなくなるもん。ウキ釣りがルアー狙いより長時間タチウオが狙えるのは、そういう理由だったのか。
スポンサーリンク

タチウオの釣り方の中でも防波堤の浮き釣りは長釣りに良い


タチウオの釣り方は、大きくルアーフィッシングと餌釣りの2つに分けられますが、防波堤での浮き釣りは根強い人気があると先述しました。太刀魚の防波堤から浮き釣りをする場合は、バンバンと数が釣れる釣りというわけではないもの一晩中タチウオが狙えることも事実です。タチウオワインドなどは、時合に合わせて1投1当たりなども頻発して、数釣りができますが一晩中釣れるかというとそうではありません。

タチウオの釣り方でも、防波堤から浮き釣りを楽しむ場合は長時間タチウオを狙っていきたいという人、あるいは長時間釣りを楽しみたいという人にうってつけの釣りです。では、タチウオのルアーフィッシングと浮き釣りではどうして、釣れる時間帯の長さの差があるのか気にならないでしょうか。それは、この2つのタチウオの釣り方は根本的に、太刀魚が仕掛けに食いつく理由が大きく違うからです。

タチウオのルアーフィッシングの釣り方というものは、太刀魚の活性がとても高いピーク時期にルアーを巧妙に操って反射的にバクりと食わせる方法です。一方で、太刀魚の防波堤からの浮き釣りは反射的に仕掛けを食わせるというものではなく、エサを発見させて寄せて来てかぶり付かせるといった釣り方になります。どちらも仕掛けにタチウオが食いつくわけでありますが、前者のルアーは逃げ惑うベイトをタチウオが追いかけて瞬間的に捕食します。

後者の防波堤からの浮き釣りは、プカプカとエサ仕掛けがウキ下で漂っている状態なので、回遊してきてお腹がすいていた太刀魚が近寄ってきて捕食するといった具合です。浮き釣りの場合、タチウオが回遊しているときに臭いと光を頼りにエサを発見するため一晩中釣る事が可能になります。逆に、タチウオのルアーフィッシングの場合には、太刀魚の時合が終わると追いかけ回す活性も低下しているので、俊敏に逃げ惑うベイトを演出しても追いかけてこないわけです。

つまり、太刀魚の時合が終了して捕食スイッチがOFF状態のときは、獰猛に猛スピードで追いかけ回すことをしないのでルアーフィッシングでは釣果が上がりにくくなります。そして、防波堤からのウキ釣りは、俊敏にエサ仕掛けをアクションさせて食わせる釣り方ではないので、タチウオが臭いと光を頼りに寄ってきてそれほど体力を消耗せずとも捕食できるため、浮き釣りは時合が終了しても長時間の間釣れるという理由となります。

タチウオの防波堤の浮き釣りで釣果を上げるコツ


タチウオの防波堤からの浮き釣りでは、短時間に数は見込めないものの太刀魚の時合が過ぎても釣れるというメリットがあります。そして、太刀魚の浮き釣りをする際に、ちょっとしたコツで釣果をアップさせることができます。基本的には、タチウオの浮き釣りでは受け身な釣り方となりますが、釣り場となる防波堤の選び方によっても釣果が大きく変わります。

タチウオの防波堤の浮き釣りでは、活性が低くなった太刀魚であってもベイトがゆっくりと集まっていれば捕食するのでベイトが集まる環境下の方がタチウオの釣果が良くなります。そのため、防波堤に常夜灯などのライトがあるポイントがあれば、小魚が集まってくるので必然とタチウオの回遊の可能性が高まってきます。太刀魚の回遊がある防波堤の方が、浮き釣りをしているときに臭いと光でタチウオを寄せてきやすくなります。

また、タチウオの浮き釣りをしている時にヒットしてウキが海中に沈んでも即合わせをしない方が良いです。タチウオは青物とは違って、ベイトとなる魚を丸呑みにはせず、何度もかぶり付いて噛み千切りながら捕食する習性があります。そのため、一瞬電気ウキが沈んだからといって、直ぐに竿を大きく上げて合わせてしまうと、タチウオがしっかりと針にかからない場合があります。

つまり、タチウオの釣果をアップさせるためには、電気ウキが沈んでも十数秒から2分間ほどはタチウオに仕掛けを加えさせて針掛かりを待ちます。このとき、竿に重さを感じなくなっている時は、タチウオがエサを加えて泳ぎ回っているのでラインを軽く巻き取ります。途中でルールを巻きながら竿に抵抗を感じたら、しっかりと大きく合わせて太刀魚に針をフッキングさせると針掛かりが良くなります。

タチウオの防波堤ウキ釣りは、用意する道具が多いですが最近では「タチウオ専用の浮き釣り仕掛けセット」などもパッケージ化されているので個別購入での一部買い忘れなども発生しにくり利点があります。

関連記事
タチウオワインドのリーダーの太さと長さの違いによる釣果差
タチウオワインドのワームおすすめの選び方!知ってると釣果UP
タチウオの締め方はハサミと首を折るかどっち?ケガ防止方法
ワインド釣法とは?仕掛けとタチウオを釣りまくるコツ

 

スポンサーリンク









Twitterでフォローしよう

おすすめの記事