塩イソメというエサをご存知だろうか、最近その作り方保存方法の優位性により人気の釣り餌となっております。あなたも青イソメを使ったエサ釣りをしていて、釣行終了間近になってもまだアオイソメが残ってしまいその処理に困った経験はないでしょうか。

この釣りあるあるの問題に、塩イソメというものが解決してくれます。それでは、塩イソメの作り方と保存方法について詳しく説明していき、塩イソメを使って釣果が良くなる付け方と使い方をご紹介していきます。

スポンサーリンク

塩イソメの作り方と保存方法

エサ釣りをしていてアオイソメが余ってしまった時には、その青イソメを持ち帰って「塩イソメ」に加工してあげることによって再利用することが可能になります。また、塩イソメの作り方も簡単で尚且つ保存方法も冷凍保存なので大掛かりな手間が発生しません。さらにアオイソメを毎回購入するとしても、想像しているよりもその量は多く、なかなか全ての青イソメを使い切れずに余ってしまう方が多いです。

塩イソメは、エサ釣りで余ったアオイソメを再利用できることに加えて使い勝手の良いエサへと変化します。そんな便利なエサである塩イソメの作り方と保存方法の手順をご紹介します。まず、塩イソメを作るために必要なものは以下となります。

 塩イソメを作るために必要なもの

  • アオイソメまたはゴカイ
  • ザル
  • ビニール袋
  • 新聞紙
  • ジップロック
  • 片栗粉

以上が、塩イソメを作るために必要なアイテムです。続いて、塩イソメを作る手順をご紹介します。ざっくりと、塩イソメを作る流れは以下の様になっております。

 塩イソメの作り方の手順

  1. アオイソメまたはゴカイをザルに入れる
  2. ザルに入れたアオイソメまたはゴカイを軽く水でゆすいでゴミを流す
  3. 水を切ってビニール袋に青イソメを投入する
  4. ビニール袋に入れた青イソメと同量分の塩を入れて1時間放置する
  5. 青イソメから水分が出ているので汁を捨てて新聞紙に青イソメを並べる
  6. 新聞紙に並べた青イソメに再び塩をふりかけて3時間ほど乾燥させる
  7. 青イソメの乾き具合を見て必要であれば新聞紙を取り換えて再び塩をかけて乾燥させる
  8. 程よく青イソメが乾燥したら塩と片栗粉を適量まぶしてからジップロックに入れて冷凍保存

以上が、塩イソメの作り方と保存方法です。まずは、青イソメもしくはゴカイなどの虫エサを洗うところからですが、このすすぎの作業は石や砂などを取り除くために必要な工程です。そして、青イソメから砂や石などを取り除いてから同量分の塩をまぶす理由は、青イソメ体内の水分を浸透圧によって絞りだすためです。この塩で青イソメを塗す作業をしないと、新聞紙上で乾かす時間と手間がすごくかかってしまいますので、この工程を忘れないようにしてください。

青イソメと同量分の塩でまぶしながら1時間ほど放置すると、ビニール袋の中は青イソメから出た汁でいっぱいになります。これらの汁をしっかりと捨てて、3~4枚重ねにした新聞紙の上に青イソメを広げて再び塩をまぶして乾燥させます。このときの新聞紙上での乾燥目安は約3時間ですが季節や状況によって青イソメの乾き具合に違いがあるため、様子を見ながら時間などを調節してください。

程よく塩でまぶした青イソメが乾燥しましたら、最後は青イソメに再び塩と片栗粉を適量くわえてジップロックに入れると完成です。塩イソメの保存方法は冷蔵保存なので、少し青イソメを冷蔵庫に入れることに対して抵抗があるかたはジップロックの上から新聞紙を包んでタッパーなどに入れると冷蔵がしやすいです。なお、ジップロックに青イソメを補完するまえにしっかりとアオリイカが塩で締まっているかを確認してください。

塩イソメの釣果アップに繋がる付け方と使い方

塩イソメの作り方が分かったところで、実際に塩イソメが釣果につながるのかという疑問もわきます。塩イソメのメリットは以下の4点があげられます。

 塩イソメのメリット

  • 活エサよりも海中での持ちが良い
  • 一定の鮮度を保ったまま約1年間ほどの長期冷凍保存できる
  • 塩で青イソメの身がしっかりと締まっているので針に複数本掛けができる
  • 塩で青イソメの身がしっかりと締まっているので遠投するエサ釣りがしやすい

上記の4つの点が、塩イソメの大きなメリットです。エサ釣りをしていて、青イソメやゴカイを海に投げ入れたて引き上げた時、アオイソメの身体全体がビヨ~ンとだらしなく伸びきった状態になっていることに気付いたことはないでしょうか。これは、釣具屋さんの青イソメやゴカイの管理に原因となる要素があります。一般的に、釣具屋さんで保管されている青イソメやゴカイなどの虫エサの水質は海水よりも塩分濃度が低いです。

そのため、青イソメやゴカイが海水の塩分濃度には身体が慣れていないため海に入って瞬間、浸透圧で身体から水分が抜けだしていきます。ちょうど、塩イソメの作り方でご説明した塩まぶしでアオイソメの水分を絞り出す工程と同じ現象が海の中で発生しています。しかし、塩イソメは予め塩締めしているので海に投げ入れてもビヨ~ンと細くなることはありません。

また、大物の魚をターゲットとする場合には1本の針に虫エサを複数匹付けることがあります。そんな時でも、塩イソメはしっかりと身が締まっているので海中でも長持ちする塩イソメをより多く1つの針に付けることが可能になります。さらに、遠投の釣りをされる方であれば、虫エサがキャスティング時に身切れする経験が何度もあるかと思いますが、身の締まった塩イソメは身切れをすることがほぼないので、どんなに強くキャスティング時しても平気です。

天然のイソメ類やゴカイ類の生息場所と採集方法

釣り人にとって塩イソメはとても便利なため、天然のイソメ類やゴカイ類を採集して塩イソメに加工する人も多いです。でも、天然のイソメやゴカイはどこにいるのか、ちょっと分かりづらいと思いますので生息場所と採集方法についてお伝えしていきます。天然のイソメ類やゴカイ類は、ゴロゴロと丸まった石が多くある海岸にはあまり生息していません。

逆に、流れが緩やかな入り江状になっている海岸や、藻などが発生して漂流物が多く流れ着く海岸などの砂浜に天然のイソメ類やゴカイ類が生息しています。ただし、上記の条件を満たす海岸であっても土質がドロドロとした状態の水捌けが悪い環境であると天然のイソメ類やゴカイ類が生息している可能性は低いです。良い条件の海岸と土質が見つかれば、海岸の波打ち際の砂浜を注意深く見ていきます。

天然のイソメ類やゴカイ類が生息している海岸であれば、ポツンポツンと小さな穴があります。この穴をスコップで掘っていくと、天然のイソメ類やゴカイ類が穴の中に隠れている場合があるので、採集していきます。このように天然のイソメ類やゴカイ類は水捌けが良い土質で、流れが緩やかな入り江状の海岸に生息していることが多いです。

関連記事
アキアジ鮭釣り餌の作り方!釣れる秘密の塩ニンニク秋刀魚
釣り人必見!釣具が10万円お得!Yahoo!JAPANカードの補償が凄い
偏光サングラスが釣りに必要な7つの超具体的な理由と見え方

 

スポンサーリンク









Twitterでフォローしよう

おすすめの記事