スナッグレスネコリグとは、根こそぎ釣れるリグ「ネコリグ」の弱点を克服した驚異のリグです。ネコリグといえば驚くほどの釣果実績があるブラックバス釣りをする人なら知らない人はいないであろうと言われるリグ仕掛けですが、そのネコリグの抜群なフッキング性能とネコリグの弱点である根掛かりリスクを減らすという2つの視点からスナッグレスネコリグが誕生しました。それでは、スナッグレスネコリグの作り方、それから推奨フックサイズとタックルについてご紹介していきます。

スポンサーリンク

スナッグレスネコリグの作り方


スナッグレスネコリグは先述した説明どおり、ブラックバス釣りにおいてネコリグの抜群のフッキング性のを維持しながら、良く発生するネコリグの根掛かり問題を解決した進化系ネコリグです。ネコリグは「根こそぎ釣れるリグ」という意味合いから名前がついた造語ですが、その特徴はストレートワームの先端にネイルシンカーを埋め込んで、ワーム胴体部分にフックをチョン掛けする仕掛けです。

ネコリグは軽量ワーム仕掛けながら、フックの装着も簡単でありタックルも特殊な物を必要とせず、誰でも簡単にワームアクションが出来るのに抜群な釣果実績があるリグ仕掛けです。そして、超軽量なワーム仕掛けであるのにネコリグは、急な流れのポイントでもしっかりと操作してブラックバスを狙えるという扱いやすいワーム仕掛けでもあります。

ネコリグは確かにブラックバスが釣れまくります。そして、ネコリグはどんな場所でも操作がしやすく状況を選ばず使用できるのですが、ただ一つ弱点があり、それが根掛かり問題です。ネコリグは、ストレートワームにネイルシンカーを付けて、フックをチョン掛けするという単純な仕掛けですがフックがむき出しとなっているため、けっこうブラックバス釣りポイントでは根掛かりが発生してしまいます。

そんなネコリグの弱点である根掛かり問題を解決したリグ仕掛けが、スナッグレスネコリグです。スナッグレスネコリグも同様に、ストレートワームにネイルシンカーを付けて、フックをワーム内部に留めるという付け方をします。スナッグレスネコリグは、作り方も簡単で根掛かりも発生しにくくのに操作性も良く、そしてブラックバスが爆釣しまくる釣り人に重宝するリグ仕掛けです。

スナッグレスネコリグの推奨フックサイズとタックル


スナッグレスネコリグの推奨フックサイズは使用するワーム毎に異なってくるのですが、実際のフックの装着イメージを見てもらうほうが分かりやすいと思います。上記画像は、スナッグレスネコリグの断面図であり、ストレートワームにネイルシンカーとフックが付けられた設計図です。上部のスナッグレスネコリグが推奨フックサイズの大まかなイメージです。

一方、下部のスナッグレスネコリグのイメージはストレートワームに対して、フックサイズが大きすぎるのでバランスが悪くなり操作性に悪影響が出て来ます。また、フックサイズによってはスナッグレスネコリグに刺す位置が異なってきます。スナッグレスネコリグにネイルシンカーを刺した状態で、ストレートワームの重心を探します。そして、スナッグレスネコリグの重心ポイントを目安にフックを付けてください。

また、スナッグレスネコリグのフックサイズは上記画像とのバランスを目安として、フックをワームに刺す角度は45度になるようにします。ワームに対して垂直にフックを刺してしまうと、水中でのスナッグレスネコリグ仕掛けの操作がとてもやりにくくなります。この45度というワームに対しての角度がブラックバスにアピールするためのアクションが良くなる秘訣でもあります。

続いて、スナッグレスネコリグのタックルですが、リールはスピニングリールやベイトリールどちらでも対応可能です。そして肝心のワームですが、「DSTYLEトルキーストレート」が推奨ワームです。もちろん、その他のストレートワームでもスナッグレスネコリグ仕掛けを作ることができますが、スナッグレスネコリグのフックで効果的なものが「N・S・S HOOKフック」であるため、このフックが使いやすいワームがDSTYLEトルキーストレートとなります。

スナッグレスネコリグの推奨ラインは、「スティーズフロロ Type-フィネス」の8~12Lbとなります。ストレートワーム先端に刺し込むネイルシンカーのウェイトは、1.5グラム~2.5グラムが推奨ウェイトです。

スナッグレスネコリグのフッキング性が良い理由


スナッグレスネコリグは、ストレートワーム内部にフックの先端部分が入っている状態であるため、一見するとブラックバスが食いついた時のフッキングが悪くなるのではないかという疑問があるでしょう。しかし、これは全く心配する必要はなく、しっかりとブラックバスにフッキングさせることができます。その理由としては、スナッグレスネコリグはフック針がワーム内部に入っていることによって、ブラックバスがワームを吸い込みやすくなるということがあります。

ワームの胴体部分からフック針の先端が出ていると、ブラックバスがワームを吸い込んだときフックが口に当たったり、水の抵抗が発生して上手く吸い込めないといったことが発生する場合があります。その一方で、スナッグレスネコリグはフック針先端がワーム胴体の内部にあるため、これらの問題が発生しにくくなります。

その結果、しっかりとブラックバスがスナッグレスネコリグを吸い込んで、口の内部に完全に入ったところを一気にフッキングすることができるようになります。ワームの内部にフック針の先端が入っているからといって、ブラックバスのフッキング性が低下するといったことはありませんので、スナッグレスネコリグにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

関連記事
釣り人必見!釣具が10万円お得!Yahoo!JAPANカードの補償が凄い
ブラックバスを食べると危険な理由!寄生虫の刺身の関係性
ブラックバスの世界記録保持者は日本人だった!その賞金額が
偏光サングラスが釣りに必要な7つの超具体的な理由と見え方

 

スポンサーリンク









Twitterでフォローしよう

おすすめの記事