エギングライン選びは、エギンガーやこれからイカ釣りに挑戦してみようという人にとってとても重要なポイントです。エギングでラインの選び方を間違えると、うまくエギの操作ができなかったり、そもそもエギにアクションしようとしても風や波などの外的要因が原因でアクションが全然できないといった事も発生してしまいます。今回は、エギングをするにあたってエギ選びよりも重要といえるエギングに適したラインに求められる条件やおすすめの選び方をご紹介します。

スポンサーリンク

エギングライン選び次第でエギの飛距離に影響が出る

釣りをよくする人にとっても、パッと見はどのラインを見ても同じように感じますが、エギングライン選びはかなり重要なポイントです。エギングでアオリイカを狙っていくときには、出来るだけ遠くにエギを飛ばして、広範囲を探りながらアオリイカの反応や様子をみていく釣り方になります。

エギングで使うラインによって、どれくらいエギが遠くまで飛ぶかが変わってくるので、何のラインを選ぶかは慎重に決めなくてはなりません。エギをキャストして底を取っている間に、岩や障害物に当たって簡単に切れてしまうようなラインを選ぶと、全くエギングの釣果が期待できません。

そのような強度の弱いラインを選んでしまうと、毎回ライン交換しなくてはいけないので、エギングの効率がとても低下します。強度が高くて、飛距離の出るラインをエギングを時には選ぶようにする必要があります。

人気のエギングラインの特徴

エギングラインは、一般的にPEラインとナイロンラインの2種類があります。PEラインはとても強度が高くて遠くまで飛ばせるラインであるため、エギングに使用するラインとして向いています。ナイロンラインはPEラインに比べて価格が安いので、気軽に買えるという利点があります。

人気のあるエギング用に使うラインは毛羽立ちにくく、トラブルやアクシデントが少ないものです。エギングに使うラインに適したラインとしては、ライン自体の強度だけでは無く、ラインの感度が良いものや視認性が高い物もエギングに使用するのに人気のあるラインの特徴となっています。

ライン自体の視認性が良いと、キャストした時にどこまでエギが飛んだのかを簡単に確認できますし、水深や出ているラインの長さも測りやすくなっているので便利です。強さに加えて細さを追求しているラインも、使い勝手が良いとエギンガーにはとても評価されています。

そのようなエギングをする人に評価されているラインは、表面に加工がしてあるために、滑らかな使い勝手と長い飛距離が出せるラインとなっており、最近の主流です。

エギングに高比重PEラインがおすすめな理由

多くのエギング好きの釣り人に注目されているエギングラインが、高比重PEラインです。高比重PEラインは、通常のラインよりも水に沈みやすいために底を取りやすいというメリットがあります。高比重PEラインを使用すると、キャストしたエギが海底に着いたかどうかをすぐに感じ取ることが出来ますし、余分なたるみが出ないために着底をすぐに察知できます。

また、高比重PEラインはたるみが出にくいので、アオリイカがエギをつついた時のアタリに気がつきやすい事も助かるポイントでありメリットでもあります。高比重PEラインを使用した場合、合わせが初心者でも決めやすいので、これからエギングを始める人にもオススメのPEラインです。

そして、エギングのアクションをしているときには、上に上げた際にエギごと浮き上がってくることがないので、自分がキープしたいレンジを維持できます。自分が描いたイメージ通りにエギやエギング用ラインをコントロールできるのが、高比重PEラインの優れているところでしょう。

更に、強風の時にはエギングの釣りがしにくいので嫌になることも多いですが、高比重PEラインはエギをしっかり海底まで運んでくれるので安心できます。エギングのライン次第で、釣果は大きく変わってきます。初めてエギングをする人は、エギの動きやアタリが分かりやすい高比重PEラインを試してみると良いかも知れません。

関連記事
釣り人必見!釣具が10万円お得!Yahoo!JAPANカードの補償が凄い
エギングロッドの失敗しない5つの選び方!これを知っていれば安心だ
偏光サングラスが釣りに必要な7つの超具体的な理由と見え方

 

スポンサーリンク









Twitterでフォローしよう

おすすめの記事