デビルクラッカーは、簡単な落とし込みでタコ釣りが出来るタコ専用仕掛けです。デビルクラッカーは、タコ釣りでネックとなる根掛かりを回避しやすい設計となっているので、タコが潜んでいるポイントでもサクサクとストレスなく探ることができます。

また、デビルクラッカーはワーム(デビルクロー)を装着してアピール力を自由に組み替えれる点も大きなメリットとなっています。それでは、デビルクラッカーのタコ釣りで詳しい根掛かり対策のコツと釣果アップ方法についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

デビルクラッカータコ釣りの特徴


デビルクラッカータコ釣りの特徴は、落とし込み釣りからズル引き釣りまでタコが潜んでいるポイントによって釣り方を変化させることが可能という点です。一般的になタコジグであれば、縦方向による探りがメインでありそれ以外の釣り方は同じ仕掛けではやりにくい事が多いです。また、砂地ポイントを引きずって探るタコ仕掛けであれば、ズル引きメインであり今度は逆に縦方向の探りを行うことが難しいです。

しかし、デビルクラッカーのタコ釣り仕掛けではジョイント形式の仕掛けなのでワンタッチ組み合わせでズル引き仕掛けにも、落とし込み仕掛けにも変身します。例えば、海底が砂地でそこをズルズルと引きずっていきたい場合には、デビルクラッカー画像中央のようにオモリ部分に少しリーチを持たせてタコ仕掛けをやや上側に2つジョイントさせることによって、根掛かりを気にせずズル引きが可能になります。

さらに、船からのズル引きやキャスティングでのズル引きなどデビルクラッカーは様々なシーンで場所を選ばず使用できる点が魅力です。そして、堤防の側面にくっ付いているタコを狙う場合にも、デビルクラッカーを2連結させてあげることによって、タコジグのように縦方向の探りも可能になります。船でも使えて、サーフからでも使えて、さらに堤防でも使えるデビルクラッカーのタコ釣りは、個人的にはまさに万能仕掛けの位置づけです。

デビルクラッカーの針の部分は、一般的なタコジグよりも細く鋭い仕上がりとなっているのでタコが少し触れただけで引っ掛かりがとても良い点が釣果につながる秘密です。一般的なタコジグは太い針金を針にしているため、どうしても先端部分があまり鋭くありません。そのため、タコが少しタコジグに触れたくらいでは針が引っ掛からず、思いっきり自分でフッキングする必要があります。

その一方、デビルクラッカーの針は細く鋭いため、タコが少し足先で触っただけでも引っ掛かるため、フッキングするまでに時間を稼ぐことが可能です。タコが興味本位でデビルクラッカーを触ったときに、しっかりと針に絡んでくれることによって、タコが針先に絡まっている間にフッキングすることができます。そのため、タコ釣りが初めての方でもデビルクラッカーでタコ釣りをすれば合わせがしやすい仕掛けとなっています。

デビルクラッカータコ釣りの釣果UP法


デビルクラッカーのタコ釣りは、その設計自体が糸絡みがしにくい造りとなっているので初心者の方であってもベテランであっても釣果につながりやすい仕掛けです。また、デビルクラッカーの丸いボール状のものは、針のフック部分に糸が絡みにくくするために付けられていますが、このボールが海中の中で音がなる設計となっています。

そのため、デビルクラッカーにワーム(デビルクロー)を付けれピラピラをアピールしながらも、音によるタコへのアプローチが可能です。さらに、縦連結ではなくデビルクラッカーを横に引いたり、1点から2つのデビルクラッカーを付ける場合には仕掛けの下の部分にブレードを装着することによって、光の反射によるアピールもできます。つまり、デビルクラッカーでタコ釣りをすると、デビルクローによる視覚効果と音、そして光の反射効果の3つの効果を同時に出せる魅力があります。

このように、デビルクラッカーはそのシーンに応じて、タコに対して違った誘い方が簡単に出来る点も大きなメリットです。そして、タコの習性としてデビルクラッカーのように縦連結したり、1点から複数仕掛けを付けたりすることによって、タコが両方の仕掛けに足をかけてくるため、より釣果が上がりやすくなっています。タコは獲物が複数見えると、片方ではなく両方同時にアタックすることが多いため、複数連結仕掛けは釣果アップにつながります。

関連記事
釣り人必見!釣具が10万円お得!Yahoo!JAPANカードの補償が凄い
タコの天敵エギのインプレ!使い方しだいで爆釣カスタマイズ
偏光サングラスが釣りに必要な7つの超具体的な理由と見え方

 

スポンサーリンク









Twitterでフォローしよう

おすすめの記事