釣りよかガバチョ通販値段が高騰するほどの大人気ルアーであり、入手がとても困難な類に属します。そんな釣りよかでしょうの釣りよかガバチョ「ツリヨカクン」はどんな特徴をしていて、価格帯に対する機能性はどうなのか、その点がとても気になるところだと思います。

釣りよかガバチョは、ブラックバス釣りのメーカーであるジャッカル(JACKALL)のガヴァチョフロッグをベースに、大人気ユーチューバーグループ「釣りよかでしょう」とのコラボレーションルアー商品です。これでは、釣りよかガバチョの特徴と通販値段に対する機能をまとていきたいと思います。

ツーリー
釣りよかでしょうは、釣り専門YouTuberとしても大人気であり猛烈なファンがいますよね。釣りの動画も楽しいし、ワクワクします。釣りよかでしょうの釣りよかガバチョは、見た目も斬新だけど、バス釣り実績のあるルアーをベースにしているけど、実際のところどうなのだろうかぁ。
スポンサーリンク

釣りよかガバチョ「ツリヨカクン」の特徴と通販値段

釣りよかガバチョ「ツリヨカクン」は、ルアーベースをジャッカルのガヴァチョフロッグの型を利用して釣りよかでしょうカラーに仕上げたコラボレーションルアーです。ジャッカルのガバチョフロッグをベースとした「釣りよかガバチョ」は、キャスティング性能が良く、アピール力が強い虫系ルアーです。特におかっぱりからのブラックバス釣りでは、存分に機能を発揮します。

また、ガバチョフロッグの良さといえば何と言っても根掛かりをほとんどしないという事です。陸っぱりから障害物周辺を攻めるにあたって、きわどいスレスレのポイントへキャスティングをするとルアーロストのリスクを伴いますが、釣りよかガバチョはそんな事を気にせずにバンバン攻めるキャスティングが出来ます。ガヴァチョフロッグのサイドにボディと一体化した針が根掛かり回避と、ブラックバスの吸い込みの良さを実現しています。

ジャッカルの大人気ルアーフロッグをベースとしているので、ブラックバスの釣果実績があることは分かっているのですが気になるのは通販の値段ですね。基本価格は本家ガヴァチョフロッグと同じ価格帯の1,200円(税込み)となってきますが、品薄なためYahoo!オークションやメルカリなどで高騰が続いています。

通販の価格帯でも個人間売買の場合はプレミア価格になり勝ちですが、法人ストアがYahoo!ショッピングや楽天市場などに出品している場合は在庫状況は別として、通常価格販売が基本となっています。ただし、大手インターネットモールでは在庫が入荷次第直ぐに売り切れとなってしまうので、定期的に釣りよかガバチョの入荷状況をこまめにチェックしている人が通常価格で購入できる可能性が高いです。

大手モールで釣りよかガバチョが販売開始
楽天市場の釣りよかガバチョ状況
Amazonの釣りよかガバチョ状況
Yahoo!ショッピングの釣りよかガバチョ状況
※各モールの検索結果に釣りよかガバチョ値段が通常価格でない時や商品が出てこないときは、売り切れもしくはまだ商品が存在していない状態を意味しています。

釣りよかでしょうの釣りよかガバチョの機能性

釣りよかでしょうの釣りよかガバチョは、なんと言ってもそのルアーウェイトが18グラムという重量であり、かなりの飛距離を出してくれます。釣りよかガバチョの大きさも7センチ(正確には69mm)くらいありますから、ロングキャストしたいときには欠かせません。ブラックバスアングラーの人たちは、陸っぱり愛好家も多く、少しでも広範囲を探りたいときには、飛距離が出やすいルアーを求めるものです。

ブラックバスを狙うにあたってカバーの奥まで探りたいときなどは、飛距離を出してくれるルアーと同時に根掛かりが発生しにくい機能性があると頼もしいですよね。釣りよかガバチョを使うと、広い範囲のブラックバスなどを誘うことが出来るのでとても使い勝手が良いです。釣りよかガバチョは、ドッグウォークも素直に反応してしてくれるために、活性が低いブラックバスを起こすのにも重宝します。

この釣りよかガバチョのルアーを使いこなすコツは、何度かスプラッシュさせることです。

釣りよかでしょうの釣りよかガバチョは使いやすいのか

釣りよかでしょうの釣りよかガバチョはフロッグなため、岩礁帯や海藻帯で根掛かりしにくく、とても使いやすいのが人気の理由ともなっています。カバーの中に入ったとしても、そのルアー形状から根掛かりすることがない印象です。また、時間帯や季節によってはブラックバス達がボトムに潜んでいるので、思い切り藻の中にルアーをキャスティングしても、根掛かりすることはありませんでした。

PEと組み合わせて釣りよかガバチョを使うと、少しくらい引っかかっても安心して引っ張れます。一方で、フロッグタイプのルアーは根掛かりが発生しにくいけれどフッキングしにくいので、使い勝手が悪いというイメージがあるかも知れません。釣りよかガバチョはベースがジャッカルのガヴァチョフロッグなので、フッキング率を上げる工夫がなされているため、かなりの確実でキレイにフッキングしてくれます。

良くガヴァチョフロッグのフックを観察すると、ほんの少しだけ針先が上の方向へ向いていますから、ブラックバスの口に引っかかりやすい構造です。ガヴァチョフロッグの形状も吸い込みがされやすく、一旦ブラックバスがルアーを吸い込めば高確率でフッキングする印象ですね。

釣りよかガバチョって壊れやすい?

釣りよかガバチョだけでなく、ルアーは障害物が多い場所で使うと壊れてしまうことがあります。特にルアーの中に泥とか水が入ると、より壊れてしまうきっかけになります。釣りよかガバチョも何度も何度も酷使していると壊れてしまうので、中に泥や水が入らないようにシーリング材を使って耐久性をあげて上げましょう。

釣りよかガバチョにブレードを付けて、使い勝手をアップさせているチューニング好きのアングラーもいます。ただ、ノーマルな状態でもガヴァチョフロッグは動きが十分に良いため、ひとつは改造したものを使って、ひとつはノーマルのまま残しておくのが良いです。釣りよかでしょうの釣りよかガバチョは飛距離も出るし、使い勝手も良いので超釣れると人気があります。障害物に根掛かりしないのは安心ですね。

釣りよかガバチョフロッグの魅力

釣りよかガヴァチョフロッグは、魚から見たら生きているエサのようなため、かなりアピールしてくれます。他のルアーとはアピール力が違っているのが、釣れまくる理由となっています。例えば、アクションによっては弱ったベイトフィッシュになってくれますし、水面に浮かんでいる昆虫のようにもなってくれます。ブラックバスが好きな動きをしてくれて、瞬時にバスが捕食モードに入るような誘い方をしてくれる特徴があります。

ガヴァチョフロッグならではのカップ形状が、使い勝手を良くしています。ブラックバスが発見しやすいように、小さな水しぶきを作り出してくれますし、海藻帯にも根掛かりしにくいようになっています。ブラックバスがガバチョフロッグにフッキングしたときには、しっかり貫通するようにフックにフッ素加工が施されているのも、釣れまくる理由の一つです。

ガヴァチョフロッグの性能を引き出す方法

ガヴァチョフロッグは、横へ首を振らせるアクションのドッグウォークが得意なルアーです。糸ふけを取りながら、ルアーロッドの穂先を上と下に振り、ラインのテンションを動かしてドッグウォークさせて下さい。このドッグウォークアクションをするためのタックルは、どのようなものが良いのでしょうか。PEラインは50から60ポンドくらいあると、雷魚などにも対応出来ます。

リールは、DCと合わせるのが良いと言われています。ガヴァチョフロッグの特徴を活かすようなタックルは、比較的作りやすいので人気なのかも知れません。人によってはガヴァチョフロッグの特徴と性能をさらに引き出すために、横のスカートを取ったりブレードの片側を外したりします。その後スイベルを付けて、最後にブレードを付け直すこともしています。

ガヴァチョフロッグの特徴は、アピール力が非常に高いことです。タックルを上手に組み合わせたりチューニングなどをして、よりガヴァチョフロッグの性能を引き出して下さい。

大手モールで釣りよかガバチョが販売開始
楽天市場の釣りよかガバチョ状況
Amazonの釣りよかガバチョ状況
Yahoo!ショッピングの釣りよかガバチョ状況
※各モールの検索結果に釣りよかガバチョが出てこないときは、売り切れもしくはまだ商品が存在していない状態を意味しています。

関連記事
偏光サングラスが釣りに必要な7つの超具体的な理由と見え方
デカダッジの発売日が遂に決定!さらに予約入荷が開始
ブラックバスを食べると危険な理由!寄生虫の刺身の関係性
野良ネズミマグナム推奨フックサイズと通販入荷事情について

 

スポンサーリンク









Twitterでフォローしよう

おすすめの記事