エメラルダスステイ/RV(EMERALDAS STAY)は、ダイワから販売されるフォール時の安定性が抜群かつロングキャストが可能なエギです。エメラルダスステイは従来のエギングのアクションスタイルとは違った視点で、イカがエギを抱くタイミングを大幅に増やすことを実現した設計となっています。それでは、そのエメラルダスステイのフォール時の安定性と予約開始情報(発売日間近)についてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

エメラルダスステイRVのスペックと予約開始


エメラルダスステイRVは、エギングで行うダートをする必要性のないエギです。エメラルダスステイは通常仕様とラトル仕様(RV)の2種類あり、ラトル仕様は通常仕様に波動性能を加えております。また、エメラルダスステイは3.0号と3.5号の2種類のウェイトが用意されており、それぞれ4.25m/秒・3.75m/秒のフォールスピードでエギが沈んでいきます。

また、ダイワからリリースされるエメラルダスステイは、エギングをやり込んでいる人では知らない人はいないエギングのパイオニアである山田ヒロヒト氏が監修しているというだけあって、大注目されているエギです。高比重設計のエメラルダスステイでは、飛距離が他のエギよりもあってフォール時の安定性にすごく優れています。そして、エメラルダスステイはダートを必要としないエギなので、大きなシャクリによるエギのバランス崩れが発生しません。

エギングをしていて一番イカがエギを抱く瞬間というものは、エギのフォール時です。そこで、エメラルダスステイはイカが抱くフォール時にフォーカスして、そのフォール可能時間を大幅に長く保てるように設計されたエギです。エメラルダスステイがダートをする必要があまりないので、必然的にフォールアクションにのみ集中することができ、その結果イカが抱くキーポイントチャンスを長く発生させることが可能な点が大きなメリットですね。

さらにエメラルダスステイは、シンカー部分の形状が一般的なエギよりも下に長く伸びていて且つシンカーの下部が太くなっているため低重心を実現できていおります。このエメラルダスステイの低重心化に伴って、キャスティングから着水そしてボトム取りといった一連の流れからアクションを加えるときに発生するラインの張りの強弱時にもエギ本体が安定した姿勢を保つことができます。

エメラルダスステイ(RV)のカラーラインナップ

エメラルダスステイは全6カラー、エメラルダスステイRV(ラトル仕様)は全10カラーが展開されております。そして、エメラルダスステイの販売価格は3.0号と3.5号共に1,240円です。

エメラルダスステイのカラー展開
・金:ピンクエビ
・マーブル/パープル杉
・青/縞レッド
・ケイムラ/グレーエビ
・夜光/モスグリーン
・夜光/オレンジエビ
エメラルダスステイRVのカラー展開
・赤/ブラウン杉
・金/縞レッド
・金/キンコパー
・マーブル/ピンクスギ
・ピンク/イエローピンク
・緑/ブラックエビ
・ケイムラ-蛍光キューカンバー
・ケイムラ-オレンジエビ
・夜光-グルクンナイト
・夜光-ハッスルナイト

エメラルダスステイ(RV)の予約入荷販売開始

エメラルダスステイ(RV)は既にメーカーから釣具屋への予約入荷販売が開始されておりますので、数量を確保できているお店もあります。そのため釣具屋さんによっては、エメラルダスステイの早期予約を受け付けているお店もあります。どうしてもエメラルダスステイが欲しいという方は、お近くの釣具屋さんでエメラルダスステイの早期予約の受付をしているかどうかを確認してみてはいかがでしょうか。

また、エメラルダスステイが発売開始となってしばらくすると、大手インターネットモールでのエメラルダスステイの出品も出始めます。こちらに関しても定期的にエメラルダスステイが出品されているかどうか、こまめにチェックされていると入荷タイミングによっては運良く購入することができます。やっぱり、こういった注目商品を確実にゲットしようと思うと、こまめなチェックが大切ですね。

現在のエメラルダスステイ(RV)のモール状況
※各モールの検索結果にエメラルダスステイ(RV)が出てこないときは、売り切れもしくはまだ商品が存在していない状態を意味しています。

関連記事
エギングロッドの失敗しない5つの選び方!これを知っていれば安心だ
エギングリールの特徴とおすすめの選び方を予算別に詳しく解説してみた
エギングリーダーが釣果アップにどうしても必要な理由がコレだ!
偏光サングラスが釣りに必要な7つの超具体的な理由と見え方

 

スポンサーリンク









Twitterでフォローしよう

おすすめの記事