エギング時のタックル選びは、日頃どのような基準で選んでおりますでしょうか。一言にエギングといっても、季節や狙うイカの種類によって使用するロッドやエギなど様々な違いがあります。

エギングをし始めたばかりの人にとっては、同じようなエギングタックルでどのシーズンも同じ攻め方をされる方が多い傾向にありますが、少しエギングのタックルについての知識があれば、よりエギングの釣果アップが期待できます。
それでは、エギングタックルで初心者が失敗しないための選び方についてご紹介します。

スポンサーリンク

エギングのタックル選びではロッドに注目すべき

エギングのタックル選びで欠かせない釣り道具が、まずはエギング用のロッドです。エギングのためのロッドを選ぶときには、エギング専用に開発設計されたロッドを選ぶと間違いがありません。春のシーズンや冬のシーズンのエギイングは巨大アオリイカなどが狙えるため、長めのエギングロッドが向いています。
その一方で、ギングの秋シーズンは小さなイカを釣ることが出来るので、秋のエギングには短いエギングロッドを選んでください。

また、桟橋とか防波堤から見えている足下のイカを狙って行くには、あまり長いエギングロッドは必要ありません。
そのような目でみて釣るエギングの時は、エギングロッドの長さの目安としてだいたい8フィートくらいの長さがあれば、十分であると言えます。
春の大物アオリイカ狙いをしたいときには、もう半フィート長めの物を選んでおくと良いかも知れません。あまりにも長いものを選んでしまうと、使いづらいので気を付けて下さい。

エギングタックルの中のリールはどうしたら良いのか

ロッドの次にエギングタックルの中で重要なものが、リールです。エギングに使用するリールは、2500番から3000番くらいの番手のスピニングリールが使いやすくなっています。エギングで使うリールを購入するときにはラインなどがセットになっていない、個別で売っているリールを選ぶようにして下さい。
予めラインが巻かれているセット売りのリールや、超格安リールでカゴの中にごちゃっと入っているリールは長持ちしません。

最も注意したい項目としてエギング用のリールは、軽さと強度が重要になってきます。出来れば、エギング用に向いているリールとしては、240グラムよりも軽いリールを選ぶようにしましょう。
ローターブレーキが付いていて、PEも使いやすいようなリールは初心者向きです。ロッドアクションを数多くかつ長時間するエギングでは、リールが軽ければ軽いほど体力を自身の消耗しないので、必ずリールの重量はチェックして下さい。

先ほどロッドやリールやラインなどのセット売りは不向きとお伝えしまいしたが、釣具屋さんがエギング専門にセット販売しているものは逆にオススメです。
そのようなセット販売は、釣具屋さんがエギングをするために最適なロッドとリール、そしてラインを予めチョイスしてくれておりますので激安特価製品とは別の話しとなります。
リールの補足としまして、ダブルハンドルタイプのリール方が、細かな巻き上げがしやすいのでおすすめです。

エギング用のタックルで欠かせない仕掛け

エギングのタックルでラインを選ぶときには、PEラインを選んでおいた方が、エギングの釣果を上げやすくなります。PEラインはナイロンラインに比べて強度がありますし、さらに軽いのでエギングにとても向いているラインです。
PEラインは糸が伸びないために繊細なアタリも感じやすく、負荷に強いので、強い巻き上げや磯ずれに対応します。

シャクリなどのアクションを多くするエギングの時には、ナイロンラインの様に伸びてしまわないPEラインがとても重宝します。
また、PEラインにフロロカーボン製のエギング用リーダーを付けたタックルにしておくと、テトラポットや岩礁などでエギ仕掛けが切れることを防げます。
エギング時は、比較的障害物や岩礁の多いエリアを探る釣りであるため、PEラインが障害物に擦れる場面が多くあります。

PEラインは引っ張る力や強度がとても優れているものの擦れや摩擦といった力には弱い性質があるので、それを防止するためにPEラインにエギング用リーダーを付ける必要がエギングにはあります。
エギングにおけるリーダーの必要性については、「エギングリーダーが釣果アップにどうしても必要な理由がコレだ!」で解説しておりますので、少しでもエギングの釣果を上げたい人はご参考にしてください。

そして、エギを選ぶときには、ピンクやオレンジのカラーのエギを持っておけば、イカにアピールしているのでエギングの釣果が出やすくなります。
ピンク系のカラーやオレンジ系のカラーのエギはイカの活性を上げることについては強い色が良いですが、天候の晴れた日や海水が済んで透明度が高いときなどは、ナチュラル系の色のエギを選ぶとエギングには効果的です。
更に、ダークカラーのエギを持っておくと、夜のエギングなどでイカへのアピールや誘いに役立ちます。

初心者が失敗しないエギングタックルの選び方は、エギング専用の物を意識して選ぶという点です。
これらの情報を参考にして、エギングに適したタックルを作って下さい。

関連記事
釣り人必見!釣具が10万円お得!Yahoo!JAPANカードの補償が凄い
エギングロッドの失敗しない5つの選び方!これを知っていれば安心だ
偏光サングラスが釣りに必要な7つの超具体的な理由と見え方

 

スポンサーリンク









Twitterでフォローしよう

おすすめの記事