18カルディアベアリング追加カスタムはしたいけど、なかなか詳しい方法が公開されていないのでその手順についてご紹介していきたいと思います。18カルディア「CALDIA」は、ダイワDaiwaのリールの中でも様々な釣りシーンにおいてそのタフさと軽さが評価されているシリーズとなっております。釣りでの長期戦ではこの18カルディアの軽量さは、重宝するほど役立つのですが一つだけ不満要素があるとすれば、あなたもご察しの通りリールの回転機能ですね。

釣りでのシーンで軽くてパワーのある18ガルディアですが、この回転性能だけは少しリールとして物足りなさを感じてしまう部分はどうしてもあります。そのため、多くの18カルディアのユーザーは「ヘッジホッグ」のベアリングやカスタムパーツを利用して自分好みに18ガルディアをパワーアップしております。それでは、18カルディアのベアリング追加のカスタム方法とその手順についてご説明していきます。

スポンサーリンク

18カルディアのベアリング追加カスタムの方法

18カルディアは標準のままだと「ラインローラー」「リールスプール内部」「スプールシャフト」「ハンドルノブ」の4箇所がベアリングではなく、プラスチックカラーが使用されております。そのため、キャスト時のラインの出具合やドラグの調整、そして巻き心地に若干の物足りなさを感じることがあります。そこで、18カルディアのこれらの4箇所のプラスチックカラー部分を全てベアリング追加カスタムをしてあげることによって、大幅にリール機能が上昇します。

詳しくまとめると、18ガルディアのベアリング追加カスタムをすると以下の効果が期待できます。

 ベアリング追加効果

  • ラインローラーにベアリング追加  :キャスト時のラインの摩擦軽減によって飛距離がアップ
  • リールスプール内部にベアリング追加:魚とのファイト時にドラグ性能が向上してリールへのダメージが減少
  • スプールシャフトにベアリング追加 :ドラグの負荷が軽減して回転性能がアップ
  • ハンドルノブにベアリング追加   :リールの巻き心地が大幅に向上する

18カルディアのラインローラーにベアリング追加する手順


出典:リールチューニングのプロショップ ヘッジホッグスタジオ
18カルディアのラインローラーにベアリング追加するにあたって、ラインローラー部分のネジをプラスドライバーを使ってパーツを取り外していきます。18カルディアのラインローラー部分には白いプラスチックカラーが装着されておりますので、それをベアリングに交換することでラインローラーの回転機能がおお花に上昇にしてキャスティング時の飛距離などが出やすくなります。

18カルディアのリールスプール内部にベアリング追加する手順


出典:リールチューニングのプロショップ ヘッジホッグスタジオ
18カルディアのリールスプール内部を見ると上記写真右側のように、針金状の金属とプレートの様な金属パーツである「ドラグワッシャー」と「ドラグリング」がありますのでこれらを取り除いていきます。18カルディアからこれらのパーツを取り除くと、上記写真中央のように白いプラスチックカラーとその上に針金状のストッパーが見えてきます。

その状態で、18カルディアの内部にある白いプラスチックカラーを取るために針金状のストッパーを先端が細いものやピンセットなどで取り除いてから、白いプラスチックカラーを取ってください。そして、無事に18カルディアから白色のプラスチックカラーを取り除いたらそこにベアリングパーツを嵌めて、再び針金状のストッパーを嵌め込んでください。

そして、18カルディアのスプール内部にベアリングを入れたら一度リール本体にスプールをセットしてハンドルを回してスプールを回転させます。この時に、18カルディアのリールスプールがうまく回転しない場合は、内部に嵌め込んだパーツがしっかりとセットされていないので再び回転するようにセットし直してください。

18カルディアのスプールシャフトにベアリング追加する手順


出典:リールチューニングのプロショップ ヘッジホッグスタジオ
18カルディアのスプールシャフトのベアリング交換には、六角レンチを使用する必要があります。上記写真の中央部分にある矢印の場所にネジが入っておりますので、18カルディアのこの部分を六角レンチを使用してネジを外しますと写真右部分のようなネジが出てきます。そうすると、写真左側にある18カルディアのスプールシャフトにある白いプラスチックカラーを取り外すことが可能になります。

この18カルディアのスプールシャフトにあるプラスチックカラーをベアリングと交換してから、再びパーツを戻して六角レンチでネジ止めして完成です。この作業を行うと18カルディアのドラク機能が大幅にアップします。

18カルディアのハンドルノブにベアリング追加する手順


出典:リールチューニングのプロショップ ヘッジホッグスタジオ
最後に>8カルディアのハンドルノブに装着されている、黒色のカラーをベアリングに変更してあげるとベアリングカスタムの作業が終了です。このハンドルノブの回転機能のベアリング追加することによって、より快適なハンドリングが実現します。このように18カルディアの初期状態は様々な回転機能のあるパーツ部分でプラスチックカラーを仕様しているので、必然的にリールの回転機能に限界が来てしまいます。

そこで、181カルディアの回転性能をより向上させてあげるために、回転パーツ部分にベアリング追加することで元々良いリール機能から更にスペックアップを図ることが可能となり、釣りシーンでの快適さを実現します。そして、嬉しいことに「ヘッジホッグ」では18カルディアのベアリング追加カスタムのためのキッドをパッケージ化しております。そのため、いちいち18カルディアのカスタムのためのパーツを自分で探し出すことが不要になりました。

関連記事
釣り人必見!釣具が10万円お得!Yahoo!JAPANカードの補償が凄い
偏光サングラスが釣りに必要な7つの超具体的な理由と見え方

 

スポンサーリンク









Twitterでフォローしよう

おすすめの記事