アジング仕掛けには種類が豊富にあり、どの組み合わせが良いかピンとこない時があります。アジングに使うリグもそれぞれの利点やデメリットもあるのでアジング攻略には、それらの仕掛けを上手くシーンによって使いこなさなくてはいけません。

アジングは仕掛け選びも奥深さがあり、そこがまた楽しい要素でもありますが、アジングのリグ仕掛けについて詳しくその特徴について徹底リサーチしてみました。それでは、アジング仕掛けの「ジグヘッドリグ」「スプリットショットリグ」「キャロライナリグ」のメリットとデメリットをご紹介していきます。

スポンサーリンク

アジング仕掛け「ジグヘッドリグ」のメリットとデメリット

アジングの仕掛けでよく使われるジグヘッドリグというものは、シンカーと針が繋がっている仕掛けです。シンカーと針がくっついているシンプルな仕掛けなので、色々と工夫しやすくアジング仕掛けの中でも奥が深くなっています。アジング仕掛けのジグヘッドリグの種類によってはシンカーと針がくっついているところが太いため、着水の衝撃でワームが外れにくくなっています。

また別の種類としてはラバージグが付いているために、根掛かりがしにくい特徴があります。針の所がオフセットフックになっているものも、根掛かりしにくいので、アジングに慣れていない人でも使いやすい仕掛けですよ。プロペラが付いているジグヘッドリグもありますが、バスを狙っていくときにオススメです。

アジング仕掛けのジグヘッドリグはシンプルなのものが良い

アジング仕掛けのジグヘッドリグの利点は、シンプルなのでルアーのフォルムを際立たせることが出来ます。ワームをジグヘッドリグにしっかりと刺すことでワームの水中での姿勢が安定しますし、キビキビ動いてくれるのでアジングでの釣果が上がりやすくなっています。アジング仕掛けのジグヘッドリグでは、ワームの中から針が出ているために、アジにフッキングしやすいのも助かるポイントです。

覚えておきたいアジング仕掛けのジグヘッドリグのデメリットは、針が出っ張りやすいので根掛かりが発生する可能性が高いことが残念です。ジグヘッドリグを使用してアジングをする場合には、いつも根掛かりしないように十分に注意して下さい。また、注意点としてワームをジグヘッドリグに付けるときに力任せにしてしまうと簡単に仕掛けが曲がってしまいますし、壊れてしまうので気を付けなくてはいけません。

ジグヘッドリグ仕掛けのルアーを柔らかく動かして、自然なアクションにしたいときには難しいことがあります。アジング仕掛けのジグヘッドリグで大切なポイントは、重さの選び方です。釣るポイントや狙うアジによってジグヘッドリグの重さは変わってきますが、まずは自分なりの中心となる重さを決めるようにして下さい。アジングをする際に最初のうちは軽いジグヘッドリグを使っていると、アタリなどの感触が分からないことがあります。

そんな時は重めのジグヘッドリグを選んでいくと、アジングでのアタリが分かりやすくなりアジを釣りやすくなります。ジグヘッドリグの重量の目安としては、アジング仕掛けの感触だけでは無く、潮が引いている抵抗なども感じられるくらいの重さがオススメです。それでも自分の基準となるアジング仕掛けのジグヘッドリグの重さが分からないときには、1グラム位の重さのジグヘッドリグを目安にしておいたら良いでしょう。

アジング仕掛けのジグヘッドリグの重さを最初は1グラムくらいにしておいて、そこから足したり引いたりして自分にとって釣りやすい重さを探していきます。アジング仕掛けのジグヘッドリグは、シンプルなので扱いやすい特徴があります。ジグヘッドリグはちょっと根掛かりがしやすいのがデメリットですが、根掛かり防止がしやすいタイプのジグヘッドリグの種類を選べばそれほど問題ありません。

アジング仕掛け「スプリットショットリグ」のメリットとデメリット

アジングをする際、向かい風が強いときは重めのアジング仕掛けを使いたくなりますが、そんな時こそスプリットショットリグが大活躍します。スプリットショットリグと言う仕掛けは、ワームの手前にシンカーやガン玉を付けてた超シンプルな仕掛けのことです。スプリットショットリグの作り方はとても簡単で、ワームと釣り針フックとシンカーやガン玉があれば作ることができ、フックを刺したワームの50センチほど手前にシンカーやガン玉をつけて完成します。

元々このスプリットショットリグはバスを釣るときによく使われる方法でありましたが、近年ではアジング用でも使われるようになってきています。スプリットショットリグを使ってアジングをすると、沖からくる向かい風をものともせずに遠投出来るので、天候が悪いときにはスプリットショットリグ頼りとなります。人のファミリーフィッシングなどの多い釣りポイントなどでは、手前のアジはほとんど釣られているか荒らされているため、スプリットショットリグを使って沖のアジを狙うことがコツです。

アジング仕掛けのスプリットショットリグはワームを自然に動かせる

アジング仕掛けのスプリットショットリグの利点は、ワームを自然なアクションで動かせることです。スプリットショットリグは、シンカーからワームまで50センチほどの距離がありますから、ワームが潮の流れに乗って自動的に自然な動きをしてくれます。釣り人が多いところでも、スプリットショットリグは他のワームよりも本物の生きた虫エサに近い動きをするため、アジングの釣果を上げてくれます。

スプリットショットリグ自体はとても軽いルアーであり使いやすいのも助かりますが、更にスプリットショットリグは軽いうえにある程度のキャストも可能な点がとてもメリットがあります。また、その他の利点として、スプリットショットリグは「セコ釣りタックル」と呼ばれるほどに超安い費用で仕掛けを作ることができます。

その一方で、スプリットショットリグのデメリットはワームをキビキビ動かせないとか、アジのアタリが取りづらい事です。テンションを張っていてもスプリットショットリグにはワームよりも手前にシンカーがあるために、ルアーの力が直接ロッドに伝わらず、いつの間にか根掛かりしていることなどもあるので注意して下さい。

アジング仕掛けのスプリットショットリグが初心者におすすめの理由

アジングの仕掛けの中でも、スプリットショットリグが初心者におすすめなのは、レンジコントロールがしやすくなるためです。最初のうちはどのアジング仕掛けでもアジのアタリを取ることが難しいと思いますので、初めからスプリットショットリグ仕掛けでも問題ありません。むしろこのスプリットショットリグの仕掛けは、風に左右されずに投げられるために、攻めたいポイントまでワームを飛ばしたい初心者に向いています。

スプリットショットリグでフルキャストした後に、リールをあまり巻かずにロッドをさびいていってゆっくりと巻き取ると、海面近くにいるアジを簡単に釣ることが可能です。海面でアジのアタリが無いと思ったら、レンジを5とか10に変更してトライしてみて下さい。基本は、巻きの釣り用のアジングアクションでアプローチしていけます。

アジングの仕掛けのスプリットショットリグは、ルアーを自然に動かせます。さらにスプリットショットリグは向かい風などものともせずに遠投出来ますし、コントロールもしやすいですから初心者にも向いています。ワーム自体にオモリが無いため、ワームが自然な動きをしているためアジを誘いやすくなります。

アジング仕掛け「キャロライナリグ」のメリットとデメリット

キャロライナリグという仕掛けは、元々バス用に使われていた仕掛けでした。しかし最近では、キャロライナリグがアジングでも十分に効果的だと言うことが分かってきたので、今では普通にアジング用仕掛けとしてキャロライナリグが使われています。また、近年のアジングでは、アジング用のキャロライナリグ仕掛けとしても独自の進化を遂げています。

これまでアジングをする人が共通して悩んでいた事として、アジの口のサイズに合わせた小さな仕掛けでは遠投がしにくいことでした。しかし、アジング仕掛けのキャロライナリグであればシンカーを追加しているので、小さな仕掛けでもかなり遠くへ投げることが出来ます。キャロライナリグの飛距離は、普通のアジング用ジグヘッドリグに比べると、2倍以上遠くへ投げられます。

アジングで遠くに飛ばしたい人はキャロライナリグ一択

アジング仕掛けのキャロライナリグの利点は、なんといっても飛距離が出ることです。中にはアジングでそんなに飛距離なんか出さなくても、防波堤の近くで十分にアジは釣れるでしょと思うかも知れません。しかし、釣り人の多い釣りポイントでは、沖合のアジを狙わないと釣果はアップしないのです。アジングで飛距離が出れば出るほど沖のアジを狙うことが出来ますから、キャロライナリグ仕掛けはとても重宝します。

風が強い日などは、アジング仕掛けのキャロライナリグのシンカーの重さを調整してあげると、風に負けずに遠投することも可能です。このキャロライナリグがあれば、あなたが狙ったポイントへ仕掛けを投げやすくすることも出来ます。その一方で、キャロライナリグのデメリットは、根掛かりしやすいことです。また、向かい風の強い時には、キャストして着水する前に、キャロライナリグの仕掛け自体が絡まってしまうこともあります。

キャロライナリグ仕掛けは、ワームルアーよりも手前にシンカーがあるため、繊細なアタリを取りづらいのもデメリットです。アジのアタリを感じ取るためには、何度も同じタイプのキャロライナリグで試し続けると、アタリを取るコツはつかめてきます。逆に、なかなかアジングでアタリが来ないといって、色々な種類のキャロライナリグを付け替えていると、かえってアジのアタリが分からなくなるのでご注意ください。

キャロライナリグを使う時におすすめのタックル

アジング仕掛けのキャロライナリグのタックルを作るときには、中通しのスライド式シンカーを使うことがおすすめです。沖に向けてシンカーがフォールしていくために、遠投がしやすくなっています。着水したところよりも、さらに遠くへ仕掛けを飛ばすことも出来ます。それに適したアジングロッドを選ぶときには、細くて繊細なアタリを取れる柔らかいアジングロッドよりも、固い遠投用のアジングロッドを選ぶことがおすすめです。

アジングロッドの長さの目安としては2.5メートル前後の物で、対応している重さは10グラムくらいで十分です。そして、アジングロッドは、ソリッドティップタイプを選ぶようにして下さい。ソリッドティップタイプとは、ロッド先部分が空洞ではなくしっかりと詰まっているタイプのロッドです。アジング仕掛けのキャロライナリグを使用するためには、2000番前後のリールを選ぶとアジングがやりやすいです。

アジングの場合は時間を掛けて攻めていきますから、ノーマルギアでもかまいません。アジング仕掛けのキャロライナリグとは、元々バス用の仕掛けをアジ用に進化させたものです。そして、年々アジングに最適化しキャロライナリグが開発されてアジングの広範囲攻略がしやすくなっております。アジングのキャロライナリグ仕掛けは、狙った遠くのポイントへ投げられる利点などがあります。

関連記事
釣り人必見!釣具が10万円お得!Yahoo!JAPANカードの補償が凄い
偏光サングラスが釣りに必要な7つの超具体的な理由と見え方

 

スポンサーリンク









Twitterでフォローしよう

おすすめの記事