アジングショックリーダー無しで釣りをしていて、ラインブレイクが発生してしまった人はとても多くいます。釣り場でアジングをしている人がロッドアクションしていると、当然テンションが無くなってロッドがとても軽くしなりのない状態を見てしまうとラインブレイクが発生してアジング仕掛けをロストしてしまったのか、気の毒だなぁと感じてしまいます。

アジングでは、状況によってボトム付近や岩場で体を休めているアジを狙う時があり、そのような岩礁地帯でのアジングではライン切れが発生してしまうことも珍しくありません。そこで、大切なアジング仕掛けを守るために、ショックリーダーを付けるメリットや目安となる太さと長さの基準についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

アジングではショックリーダーを使って擦れ対策


アジングでショックリーダーをいちいち繋げるのは、少し面倒で手間がかかるから嫌だという人もいます。しかし、アジングをするときにキャスト時の飛距離を出す目的で擦れに弱い特徴のあるPEラインや、アジングの感度を高めるためにエステルラインを使うことがあるでしょう。そのようにアジングでPEラインやエステルラインを使う時には、擦れ対策(ラインブレイク)でショックリーダーを付けると、擦れて仕掛けが切れることをあまり心配せずにアジングを楽しむことができます。

アジングで広範囲を探るのにとても役立つPEラインは、かなり強度が高いもののその一方で少しでも岩礁やテトラに擦れてしまうと切れてしまいますし、感度の高いエステルラインは急に大型アジに引っ張られたときや瞬間的に強い力がラインにかかると、プツッと切れてしまうことがあります。アジングでラインカットのリスクを減らすためにも、ショックリーダーを付けることはとても効果的です。

せっかくアジングのバイトが来たり、アジがヒットしてこれから海中からアジを引き上げたりするときにラインが切れてしまってはガッカリしてしまいますね。そんなアジングでの最大のトラブルやアジのバラシの事態を防ぐためにも、アジングではショックリーダーを付けていくようにしてください。アジングをする前に、ショックリーダーを付けるというほんの少しの手間を我慢して行うことによって、ラインブレイクの対策などが可能なためアジの釣果アップにも直結します。

アジングに適したショックリーダーはどれくらいの太さが良いのか

アジングで使用するショックリーダーの太さの目安としては、どれくらいの太さが丁度良くロッドアクションの操作がしやすいのでしょうか。その太さの目安として3lb(ポンド)前後のショックリーダーであれば、トラブル無くアジングで使うことが出来ます。あなたが普段アジングで使っているPEラインや、エステルラインとのバランスを考えて太さを選んでいくのが大切です。

アジングで使うラインとショックリーダーとのバランスが悪くて太すぎたりすると、結び目の所からアジングのアクションをしている時やアジが仕掛けに乗った瞬間に、ほどけたりポツンと抜けたりしてしまいます。アジングでこのようなラインとショックリーダーが抜けないための太さの目安としては、PEラインが0.3号前後ならショックリーダーは3lbで十分です。もしアジング用に3lbのショックリーダーを持っていなければ、4lbのショックリーダーでも問題ありません。

アジングでラインブレイクのために活用するショックリーダーの太さを選ぶときに意識することは、あなたがメインで使っているラインよりも極端に太すぎないショックリーダーを選ぶことです。アジングをしていてせっかくアジが掛かったのに、ラインとショックリーダーの不バランスでバレてしまっては悲しいかぎりです。ですので、アジングをするときには、ラインやショックリーダーをケチらずに適したバランスで組み合わせて釣果につなげてください。

アジングに適したショックリーダーの長さの基準が知りたい

アジングで好ましいショックリーダーの長さの基準は、約70センチ前後の長さです。アジングをする時にメインで使用しているラインに釣り糸のブレイク対策でショックリーダーを付けるというと、長くないといけないのかと思う人がいるかも知れません。特にアジングをする場所が磯で岩場が多いところとか、テトラがたくさんあるポイントで釣るときには、アジングのショックリーダーを長く取りたくなります。

そんな磯地帯や岩礁地帯、テトラポットが多くなる釣り場でアジングをする時でもショックリーダーは約1メートルから、1メートル半くらいの長さがあれば十分です。ショックリーダーは真っすぐとした形状を記憶する性質があるため、リールに巻いてもボワっと広がってしまします。そのため、アジングでショックリーダーをあまり長くしすぎると、リールやガイドに巻き込んで絡まってしまうので注意してください。

アジングをする釣りポイントで目に見える障害物がそんなに無いときには、ショックリーダーを40センチくらいの短めの長さでも問題なく機能します。この時に覚えておきたことは、アジングのロッドは軽量化のためにガイドの大きさが小さいタイプものが多くなっています。このようにアジングロッドのようなガイドが小さいタイプのロッドに長めのショックリーダーを付けていると、結び目の所がガイドに擦れて糸が絡んでしまったり、アジングロッドのガイドを傷めてしまったりします。

アジングでキャストをする時に、ショックリーダーがガイドやリールに巻き込まない程度の長さを目安にしてください。釣果をアップさせるためにも、アジングでショックリーダーを付けると、擦れ対策をすることが出来るのでぜひともショックリーダーを積極的に活用してください。アジングではこのようにちょっとした手間をかけてあげると釣果がアップします。

関連記事
釣り人必見!釣具が10万円お得!Yahoo!JAPANカードの補償が凄い
偏光サングラスが釣りに必要な7つの超具体的な理由と見え方

 

スポンサーリンク









Twitterでフォローしよう

おすすめの記事