アジングタックルを揃えるときに、初心者の方が失敗しがちな例としてはアジング以外での使用を考えてタックルを組み合わせてしまうことです。ファミリーフィッシングの感覚では、五目釣りからサビキ釣りなど様々なシーンで使える釣竿が役立つし、そのような万能竿を買うべきです。

しかし、アジングとなれば繊細なヒットを感じ取るロッド機能や最適なリールなどもあるため、しっかりと考えてアジングのタックルを選ばないと後で困ってしまいます。それでは、そようのな需要ポイントなども踏まえてアジングタックルで初心者が失敗しないための選び方のコツについてご紹介していきます。

スポンサーリンク

失敗しないアジングタックルの選び方


アジングのタックルを選ぶときに、初心者が失敗しないためのポイントはいくつかありますがその中でもアジングロッドとリールの選び方を間違ええるとアジングがとてもやりづらい状況となってしまいます。アジングに適したタックルを揃えてはじめて、楽しくて釣果が狙える釣りが実現します。

アジングタックルではロッドとリールは重量に注目する

アジングのタックルで一番欠かせないポイントとしてあげられるものが、アジング用にどんなロッドとリールを選ぶかが重要項目です。アジング初心者の方が失敗しないためには、ファミリーフィッシングで使えるような万能竿ではなくアジング専用のロッドを選ぶことがおすすめです。アジング専用のロッドは、アジの小さなアタリを素直に捉えてくれる感度の良いロッド設計となっています。

アジングロッドは軽くてしなるため、キャスト時に飛距離も出やすくなっていますし、強度が高いガイドを備えているので初心者にとっても使いやすくなっています。アジングにおいて感度が良いロッドは、アジの回遊している様子や反応を探るのにも向いています。微細なアジのアタリでも、アジングロッドではアジが仕掛けをつついたことが感じ取れるため、とても重宝するアイテムといえます。

アジングに適したリールは、小型の1000番とか2000番くらいの番手のリールで十分です。アジングで使うラインは細いものを使うため、リールスプールと呼ばれる部分の溝が浅いタイプで問題ありません。逆に、このリールスプールの溝が深すぎるものは沖合に思いっ入り投げる遠投向きの釣りに適したリールとなるため、アジングではそのようなリールスプールの溝が深い物は不要です。アジングで使用するリールを買う時には格安すぎるリール商品では無く、ラインなどが別売りになっているリールを選ぶとアジングのタックル選びにも理オール選びにも失敗しにくいです。

アジングタックルのラインとルアーを揃える

アジングタックルとして組み合わせるラインは幾つかの種類がありますが、フロロカーボン製のライン高比重PEラインの2つを揃えておきましょう。アジングをする人が好んで使うフロロカーボン製のラインは、摩擦にも強く障害物に当たっても簡単にはラインが切れません。そして、もう一つアジングをする人に人気の高い高比重PEラインは、強くて軽く耐久性も高いく遠くにキャストするアジングにとても適したラインです。

ただし、PEラインの特徴として熱や摩擦に弱い難点があり、岩やテトラなどの障害物や角のある物に擦れたり当てたりするとPEライン切れやすいため、PEラインを使用するアジングの場合には、必ずショックリーダーと呼ばれるラインをPEラインとワームとの間に使うなど工夫をしてみるとラインブレイクが発生しにくい良い仕掛けを作ることができます。アジングで使うような軽い仕掛けでもPEラインは軽いために、飛距離がキャスト時に出ることが大きなメリットです。

アジングに使用するルアーやワームを選ぶときには、バス釣りや太刀魚釣りに使うような大型ワームではなくアジに適した小型のワームを使いましょう。アジングでアジの活性を促すときなどは、少し大きいサイズのワームを選ぶことも戦略としてありです。また、アジングに適したワームサイズなどは、「アジングワームのおすすめの大きさや形状やカラーを具体的に説明」を参考にするとアジの釣果アップに繋がります。アジングワームは、ナチュラル系のカラーと、アピール力の高いビビッド系のカラーの2種類を持っていると役立ちます。

アジングタックにあると便利なグッズ

アジングの場合は必要とされるラインやワームなど釣具の種類が多いために、タックルケースがあるとかなり便利です。アジングではワームローテーションも頻繁に行うので、両面から開くことが出来るタックルケースや、仕切り収納がしっかりしているタックルケースがとても人気です。また、タックルケースではなくても、かさばらない腰巻きタイプのアジングのタックルバッグもアジング時にライン交換などの収納が容易にできる利便性があるため評価されています。

アジングで役立つタックルケースやタックルバックは値段も安く、アジングに必要な釣具を無くさないためにも、あると便利なタックルグッズです。アジングをしているときに全ての釣具を一箇所にまとめたいときには、タックルボックスがオススメです。引き出しタイプになっているタックルボックスはとても収納力も高いですし、視認性も良いので重宝されています。

タックルボックスは、アジング以外の釣りをしているときに椅子になるタイプもありますから、自分のニーズに合ったタックルボックスを選ぶようにしてください。そして、初心者が失敗しないアジングタックルの選び方は、ロッドやリールの重量に気を付けることです。また、アジング専用のロッドや小型リールを準備して、「アジングワームのおすすめの大きさや形状やカラーを具体的に説明」を参考にワームを選んで、アジングタックルを組んでいくと、大きく失敗することは無いでしょう。

関連記事
釣り人必見!釣具が10万円お得!Yahoo!JAPANカードの補償が凄い
偏光サングラスが釣りに必要な7つの超具体的な理由と見え方

 

スポンサーリンク









Twitterでフォローしよう

おすすめの記事