ワカサギ針外し方法の良し悪しで、釣ったばかりのワカサギの鮮度が変わってくることをご存知でしょうか。ワカサギは釣ってから弱らせてしまうと、みるみるうちに鮮度が落ちてしまいます。特にワカサギの鮮度が落ちてしまう大きな理由として、ワカサギの針の外し方にその原因があります。ワカサギの鮮度を落とさずに、そして簡単な針外し方法と便利な道具についてご紹介していきたいと思います。

ツーリー
ワカサギ釣りって、針の外し方が難しく時間が掛かってしまうけどコツを知れば簡単に外せるんだね。さらに針の外し方が簡単にできる道具も流行っているのかぁ。でも、ワカサギの針外し方法を間違えるとどうして鮮度が落ちるの?
スポンサーリンク

ワカサギの針外し方法の注意点


ワカサギの針外し方法を間違えてしまうと、釣ったばかりのワカサギの鮮度が急激に落ちてしまいます。ワカサギを釣ると、針外しが面倒という方もいてワカサギをそのまま針から千切る際に下顎をごっぞりと身切れさせてしまう場合があります。ワカサギは上顎に針が掛かっていると簡単に外せますが、下顎に針が掛かっていると外しづらくなります。

そして、そのままワカサギの下顎が千切れてしまうと急激に弱ってしまい鮮度がみるみるうち落ちてしまいます。また、ワカサギが弱ってしまうと水を貯めたバケツやバッカンの中でワカサギがお腹ものを吐き出せない状態になります。できることなら、ワカサギの針の外し方を正しく行い、鮮度を保ってお腹の中も物を吐き出させる方が食べるときにも美味しくいただけます。

さて、そんなワカサギの針外しの方法ですが、基本的にはスパッと針から千切る方法を取ります。ワカサギの口は小さくそして薄いので上顎に針が掛かっている場合は、簡単に取れます。また、ワカサギ針仕掛けは絡まりやすいので針外しをする時も片手で針の根元を持ち、もう片方の手でワカサギを引っ張ることで綺麗に針を外せて仕掛けも絡まりません。

この時注意したい点があり、ワカサギの下顎に針が掛かってしまっている場合には、少し面倒ではありますがワカサギを引っ張ることはせずに丁寧に針から外してください。そうすることによってワカサギへのダメージが少なくなり、後々料理をする時にワカサギを美味しく食べることができます。なお、ワカサギが針を飲み込んでしまっている時は、無理に引っ張るとハリスが切れてワカサギの体内に針が残ってしまいます。

この様にワカサギが針を飲み込んで軽く引っ張っても取れない場合は、ワカサギの口から糸が出るようにしてハサミでカットします。針が勿体ないと思うかもしれませんが、針を飲み込んだワカサギを他の釣れているワカサギと一緒になってしまうと食べるときに危険です。そのため、針を飲み込んで取れないようであれば、仕掛けを切ってワカサギの口から糸を出る状態にして別保管してください。

また、針を飲み込んでしまったワカサギをリリースすることもNGです。もし、そのままリリースして他のワカサギ釣りをしている人が釣り上げてしまったら危険です。もし、ワカサギが針を飲み込んでしまったら仕掛けを切って、安全のため分かりやすく別保管しましょう。

ワカサギの針の外し方が簡単な道具


ワカサギを釣るのは楽しいけれど、釣り上げたワカサギをできるだけ触りたくないという方もけっこういらっしゃいます。やっぱり一番の理由としては、手が汚れてしまうという意見が多いですね。もちろん、一時的に手が汚れるのは良いみたいですが、数が釣れるワカサギ釣りでは毎度毎度手を拭くのが面倒ということが原因となっています。

そんな方に大いに役立つものが、「ワカサギの針外し器」です。ワカサギの針外し器は、バッカンやバケツにセットしてワカサギを直接触ることなく針外しが出来るという優れモノです。具体的なワカサギの針外し器の使い方ですが、バッカンやバケツにセットしたワカサギの針外し器の突起部分の隙間にワカサギの口をひっかけて引っ張るだけという超簡単な使い方です。

仕掛けの糸を針外し器の隙間に入れて、ワカサギもろとも引き上げると突起の隙間にワカサギの口が当たります。ワカサギの口が針外し器の突起に挟まれる形になり、それから少し力を入れて引っ張るとプチンと針を外すことができます。このワカサギの針外し器を使う事で、手で外すよりもスピードが早く手返しが良くなります。

手返しが良くなると、ワカサギ釣りをする時間が必然的に増えるため釣果アップが見込めるようになります。ぜひともワカサギ釣りをする人は、針外し器を使用して釣果アップを目指してみてください。

関連記事
ワカサギ針サイズの大きさや種類と色の選び方で釣果が激変!
ワカサギ仕掛けおすすめの付け方!エダス間隔で釣果が変わる
ワカサギの唐揚げの作り方と下処理で内臓はらわたの出し方
ワカサギの下処理の仕方とうじの関係性!牛乳で臭い消しも
ワカサギを琵琶湖で網すくいが出来る場所とポイントや条件

 

スポンサーリンク









Twitterでフォローしよう

おすすめの記事