ジギングをする時リール選びでその選び方や機能性の違いについて、良くわからないという方も多いです。ジギングリールに求めるスピニングリールとベイトリールの機能は、どようようなジギングをするかで変わってきますが、一般的なジギングの基準としてそれぞれの機能性について説明していきたいと思います。

スポンサーリンク

ジギングのリールは大物用でないといけないのか


ジギングのルアーフィッシングでは水深のある所を狙うために、大物の魚が掛かることがあります。そのためジギングに適したリールを選ぶときには、大型の魚に耐えられるリールを選ばなくてはなりません。大型の魚に耐えられるリールの選び方として、リールの巻き取る力や耐久性の強さを重視してください。ジギング用のリールを購入するときには、スピニングリールかベイトリールで迷うかも知れません。

ジギングをしたことがない方の場合、最初はスピニングリールの方が、使いやすく感じます。具体的なジギングに適したリールのスペックはライトショアジギングなら3000番前後で、リールのドラグ力は11キロ前後を選んでください。ジギング用のリールの糸巻き量は、PEラインを使うなら300メートルくらいあれば十分です。

普通のジギングをするときには6000番前後のリールサイズで、ドラグは14キロくらいは欲しいところです。その場合、適したPEラインは4号のサイズが、300メートルくらい巻ければ良いです。

ジギングに適したリールのサイズとギア比

続いて、詳しくジギングに適したリールのサイズや、ギア比について解説します。ジギングで水深のある所を狙うと、どうしても風や潮の影響を受けます。そのためジギングで水深150メートルを狙うとしても、釣糸は垂直に海底へ沈まずに潮に流されるため200メートルくらいのラインを巻けなければなりません。ジギングで魚が掛かったときに魚が走ったりすると、さらに100メートルくらいのラインの量を想定しておくと安心です。

こうして考えるなら、ジギングをする時には300メートルくらいのラインが巻けれるリールがあれば良いかなという様にジギングに適したリールを選んでいきます。また、リールはメーカーによって番数は違ってきますが、PEラインを300メートル巻ける物を選ぶのがおすすめです。そしてジギングに使うリールでは、パワーギアタイプを選んでください。

パワーギアタイプのリールは巻き取りが軽いですし、巻き取り量も多すぎずジギングをするときに使いやすくなっています。ジギングではメタルジグを使用するハードなルアー釣りとなるために、パワーのあるリールは酷使されます。ジギングをする場合は必ず耐久性のあるタイプのリールを選ぶようにしてください。ジギングでは狙う魚のサイズも必然的に大きくなるのでヒットした時の魚の引きが強いですし、強力に走り続ける魚もいます。

さらにジギングではリールのドラグ力が試されるシーンがたくさんあります。ジギングをするのにあまり安いリールを買ってしまうと、その強烈な魚の引きに耐えきれずにすぐに壊れてしまいます。ジギングに適したリールの場合は、ある程度の値段の物を最初に買っておくと、リールの扱いを間違って負荷をかけすぎても壊れることがありません。

ジギングに使うリールの購入で失敗しない方法は、最初に支払える購入金額を予算として決めて下さい。そのジギングに使うリールの予算金額の中で買える一番良いリールを買うのです。周りの釣り仲間や先輩に話を聞いて、一番耐久性が保証されているメーカーのジギングにリールを買うようにしましょう。ここで、周囲にジギングをする人がいない場合は、釣具屋さんの店員さんにジギングに使う予算を提示すると、それに合うリールを教えてくれます。

一般的なジギングリールに求めるスペックは、PEラインが300メートルは巻けるリールです。また、ジギングでは魚がヒットした時の引きが強烈なので、リールのドラグ力も十分にある物を選んで下さいね。

ジギング時にスピニングリールを使用するメリットとデメリット


ジギングで使うスピニングリールは、キャストがしやすいのが大きなメリットです。比較的遠くへ投げることの多いサーフのジギングでは、キャストのしやすさがとても重要となってきます。また、青物のナブラ撃ちで船に乗りながら風下側から投げるときには、力の限りキャストしなければなりません。そんな時のジギングにはスピニングリールの方が、簡単に投げることが出来ます。

ジギングだと一回キャストした後に底を取って、またすぐキャストしなければいけないなんて事があります。水深が浅い場所でのジギングには横投げして、かなり広い範囲を探り続けなければいけない時もありますよね。こういった横に広い攻めをするジギングの場合には、スピニングリールの方が体力の消耗を少なくキャストしていけます。

ジギングで使うスピニングリールのメリット

スピニングリールは一般的にリールベールを返すだけでラインが出ていき、そのリールベールを戻すトリールがラインを丁寧に巻き取ってくれます。スピニングリールは持ち方も簡単ですし、ファイトが始まっても手に掛かる負担が少なくなっています。初めてジギングをするときにも、スピニングリールは扱いやすいのがメリットといえます。

また、ジギングでメタルジグをフォールをする際は、ベイトリールの様に親指を使ってブレーキを掛けないでもスピニングリールでは放っておいても自然に落としていけます。水深100メートルとか150メートルくらいを探っていくジギングでは、メタルジグなどのフォールの技術が求められます。ベイトリールだと、フォールの際にブレーキが掛からないように気を付けたり、バックラッシュしないように気を使いますが、スピニングリールなら簡単に行えます。

メタルジグをキャストしてボトムを取ったら自動で止まってくれるのも、スピニングリールの助かるポイントです。さらにジギングで大型の魚がヒットして、思い切り魚がラインを引っ張る時にドラグが力強く利いてくれるのは、スピニングリールのメリットです。スピニングリールではドラグが利いていることをしっかり音を出しながら教えてくれるので、微調整がしやすくなっています。

ジギングで使うスピニングリールのデメリット

ジギングをする時に覚えておきたいスピニングリールのデメリットは、リールベールを返すときに手間が掛かることとか感度が下がることです。魚のアタリを感じることが必要なジギングでは、そのアタリの感度が下がると繊細なコントロールが難しいことがあります。ジギングをしていていざアタリが来たときにラインを巻こうとしますが、スピニングリールだとちょっとした時間が掛かってしまうのもデメリットです。

巻き上げる力が物足りなく感じるときもありますので、心持ちパワーが余分にあるジギングに適したリールを選んだ方が良いかも知れません。ジギング時にスピニングリールを使うと、初心者は最初から釣りを楽しめます。もちろんジギングをする時にスピニングリールを使うと上記のようなデメリットもありますので、メリットと比べた上で選んで下さい。

ジギング時にベイトリールを使用するメリットとデメリット


ジギングで使うベイトリールの大きなメリットは、自分が持っているジギング用のロッドの力を発揮させてくれることです。ジギングでスピニングリールを使うと、ガイドとロッドとの間にスペースがあるために、どうしても巻き取りの時に余分な力が必要になります。ジギングに慣れているアングラーの人は、スピニングリールを使うと手が疲れると嘆きます。

ジギングでベイトリールと使うと、力のロスが無いために、巻き取りを少ない力で行なっていけます。つまり、ベイトリールはジギングロッドの強さを、十分に引き出してくれるのです。また、ジギングをしていて突然大物の魚がラインを引っ張っても、ラインがしっかりロッドにくっついていますから、ロッドの力を活かして巻き上げてくれます。

ジギングで使うベイトリールのメリット

スピニングリールに比べて、ベイトリールはラインをたくさん巻くことが出来ることに加えて体力の消費が少なく済みます。ジギングでは水深のある所の魚を狙いますし、ファイト中に引っ張られてラインをたくさん出さなくてはいけないシーンがあります。トラブルに備えて余分のラインを、リール巻いておかなくてはいけないこともあります。

ジギングの時には、通常よりも多めのラインを巻いていかなくてはなりません。ベイトリールは、たくさんのライン量を巻いておけるのが大きなメリットです。
ベイトリールに十分すぎる程たくさんのラインを巻いていたとしても、ベイトリールなら繊細なコントロールが出来ます。メタルジグがフォールをしているときにアタリが来たら、すぐに反応しなくてはなりませんが、ベイトリールであれば即座に対応出来ます。

ジギングをしていてアタリが合った時点でハンドルを回転させるだけでクラッチが戻り、フッキングが出来るのでタイムラグがありません。バイトがあった瞬間から、フッキングを始められるのはベイトリールが評価されているポイントです。

ジギングで使うベイトリールのデメリット

ジギングで使用するベイトリールは、ラインを出すときにメタルジグの重量を利用してスプールを回転させていくパワーが必要となります。つまり、軽い仕掛けでは、なかなかラインを出しにくいという事です。重い仕掛けを使うジギングではあまり気にならないですが、軽い仕掛けの釣りもしたいときにはデメリットとなります。

ベイトリールは使いこなすのに、時間が掛かるのもデメリットかも知れません。ベイトリール特有のブレーキ調節に慣れが必要なため、最初のうちは思ったところへキャストすることが出来ないことがあります。また、キャストする際にも親指を使ってブレーキを掛けながら落とし込む必要があるので、そのテクニックを覚えないとベイトリールの糸が絡まってライントラブルが発生する場合もあります。

まとめますと、ジギング時にベイトリールを使用すると、ジギングロッドのパワーを思う存分に引き出せます。そのため、ジギングでベイトリールを使用すると突然大型魚が来ても、ヒットした魚とのファイトを思う存分楽しめます。使いこなすのに時間が掛かるベイトリールですが、経験豊富なジギングアングラーからは評価されています。

関連記事
釣り人必見!釣具が10万円お得!Yahoo!JAPANカードの補償が凄い
偏光サングラスが釣りに必要な7つの超具体的な理由と見え方

 

スポンサーリンク









Twitterでフォローしよう

おすすめの記事