塩水ウニ通販(生うに)で、牛乳瓶に詰めた岩手県の三陸海岸直送グルメがとても人気を集めています。ウニと言えば北海道をイメージする人も多いですが、岩手県の三陸海岸で獲れるウニは全国で2位の漁獲量を誇る名産品です。そして、あのカミングアウトバラエティ番組「秘密のケンミンSHOW」でこの「牛乳瓶入りの塩水うに」が紹介されてから、塩水ウニ通販でも瓶入りが注文殺到状態となっています。

スポンサーリンク

塩水ウニ通販の牛乳瓶詰めが美味しい理由


出典:釜庄
塩水ウニ通販(生うに)の牛乳瓶詰めのウニが美味しい理由をご存知でしょうか。それは、板ウニなどによく使用されるミョウバンを使っていないため、牛乳瓶爪の塩水ウニが本来のウニの味わいを美味しく楽しめるということです。では、どうして板ウニなどにはミョウバンを使用しているのかご存知でしょうか。一般的に、板ウニとうものは木の板上のパッケージに、綺麗に並べられたウニの身がギッシリと密集しています。

これは、ミョウバンを使用することによって、ウニの身自体を丈夫にそして型崩れしにくいようにするためです。また、若干の保存性向上作用がミョウバンにはあるため生ウニが少し日持ちしやすいです。しかし、ミョウバンを使用するとそれ独特の味が生ウニに浸透してしまい、味に敏感な方にとってはこの板ウニがあまり好きではないという方も多くいます。

一方で、牛乳瓶詰めの生ウニは、ミョウバンなどの保存料などを一切使用しないために塩水と生ウニのみとなっています。この牛乳瓶内に入っている塩水は、海水濃度に近い食塩水を入れているため、生ウニが鮮度を落とすことなく数日間そのまま食べる事ができるようになりました。そして、この牛乳瓶詰めの塩水ウニがカミングアウトバラエティ番組「秘密のケンミンSHOW」で紹介されて、インターネット通販では岩手県三陸海岸の塩水ウニが品薄状態となるほど大注目されています。

岩手県の三陸海岸は、複雑な高低差のある地形形状をした海岸が連なっておりその恵まれた環境下で多くのウニの宝庫となっています。そして、三陸海岸の海は温かい黒潮と冷たい親潮が交わるため栄養価が高い海域となっているので、海苔やワカメなど大きな漁場となっています。ウニはこれらの海苔やワカメなどを食べてその身の味が整ってくるので、海苔やワカメが美味しい地域はウニの味も格別です。

なぜ塩水ウニ通販の保管容器が岩手では牛乳瓶なのか


出典:釜庄
塩水ウニが海の塩分濃度と同じ塩水で保存されているため、ミョウバンを使用しなくてもさほど型崩れしなくてミョウバン保存と近い日数の生ウニの身の保存ができるようになりました。ところで、そんな塩水ウニの保管容器がなぜ牛乳瓶なのか気にならないだろうか。三陸海岸ではムラサキウニの宝庫であり、昔から生ウニを塩水に漬けて保存していました。

岩手県の三陸海岸のムラサキウニ漁師は、かつて生ウニの塩水漬けを保存する容器として日常生活で身近にあった牛乳瓶を熱湯殺菌してからその生ウニの身を詰めました。そして三陸海岸のムラサキウニ漁師間で、綺麗で細菌のいない食塩水を作って生ウニを保管する方法が主流となってきたことが名残となって、そのまま現地の文化が形となって、「塩水ウニの牛乳瓶詰め」という商品が登場しました。

この可愛らしい牛乳瓶というチョイスと生ウニというギャップが話題となって、大人気テレビなどでの放送がきっかけに全国で「塩水ウニの牛乳瓶詰め」の認知度が高まりました。今では、毎年ムラサキウニのシーズンとなると、すぐに「塩水ウニの牛乳瓶詰め」の商品が完売してしまうほどの大ヒット商品となっています。生ウニは、1年のうち約3か月ちょっとしか食べることが出来ない海の幸なので、大切な友人にプレゼントしたり自分や家族にご褒美としてウニを1年に1回は出したいと思いますよね。

関連記事

 

スポンサーリンク









Twitterでフォローしよう

おすすめの記事