マスタブラスタはレイドジャパン制の大人気ルアーでそのインプレを知りたい方のために、その性能の特徴やカラー塗装そしてサウンドやフック部分など細かな点まで詳しくまとめていきたいと思います。特にブラックバス釣りをする人にとっては、このレイドジャパン製品のマスダブラスタのバズベイトを大注目している人も多くいます。そんな、ブラックバス釣り好きの方のために、マスダブラスタの気になる点をご紹介していきます。

スポンサーリンク

マスダブラスタのインプレッション


マスタブラスタ(MASTERBLASTER)は、レイドジャパン製品の特徴である誰でも最大限にバズベイトの能力を引き出せるという点が注目すべきメリットです。一般的にバズベイトは、理想のサウンドや飛距離を出すためには長期にわたってブラックバス釣りの経験から生み出される言わば経験というものが釣果にも活用にも左右する要因が多くありました。

しかし、レイドジャパンのマスタブラスタのバズベイトではキャスティングによる飛距離も出しやすいウェイトであり、ペラの構造もやや特殊でありヘッド部分の形状も平面状となっているため、着水時からの立ち上がりがとても早いです。そのため、誰であったとしてもブラックバス釣りでマスタブラスタを使うと、ロングキャストが可能であり、立ち上がり操作も容易でありながらしっかりとサウンドも出せる特徴があります。

つまり、レイドジャパンのマスタブラスタはたとえブラックバス釣りの経験が少なくとも、5~6回のキャスティングをしてバズベイトの動きや動作を確認すれば最適な立ち上がりとサウンドを発生させることが可能なルアーです。その、マスタブラスタの基本スペックは以下のものとなっています。

 マスタブラスタの基本スペック

  • 全長サイズ:約14センチ
  • ウェイト :約12g
  • ワイヤー :約Φ1.4ミリ
  • ペラ素材 :アルミ

マスダブラスタの良さは4つある

レイドジャパンのマスタブラスタのバズベイトは、飛距離が出る。ところで、陸っぱりでブラックバス釣りをする人にとってはバズベイトの飛距離が出にくいことにやや物足りなさを感じている方も多いのではないでしょうか。では、なぜ一般的なバズベイトはキャスティング時の飛距離が出にくいのかという点についてお話してみます。

キャスティング時の飛距離を出すために手っ取り早い方法として、ルアーウェイトを重くするということです。しかし、バズベイトのルアーウェイトを重くすると飛距離は出るようになりますが、肝心の水中からの立ち上がりがカナリ悪くなります。つまり、バズベイトを「投げたー!引いたー!よし、ポイントまで来た!えっ、バズベイトが水面まで上がってこない!」、そしてタイミングを逃してしまったということにつながります。

ただでさえ、一般的なバズベイトはけっこうな練習量を必要として、自分自身が狙いたいポイントでタイミング良く水面へ浮き上がらせることは難しいです。そのため、できるだけ水面までの立ち上がりを良くためにバズベイトは軽量かつヘッド部分が小さくする必要がありました。そうなると今度は逆に、バズベイトの重量がなく、飛距離が出にくくなります。

陸っぱりでブラックバス釣りをしている人には、このバズベイトの飛距離がとても重要な要素でありますが、なかなか飛距離があって立ち上がりも良いバズベイトというものが存在しませんでした。そんな時に、マスダブラスタが大活躍します。それでは、レイドジャパンのマスダブラスタの良さを4つ以下にまとめてみます。

 マスダブラスタの良さ

  • 飛距離が出る
  • 立ち上がりが早い
  • サウンドが強い
  • 水掴みが良い

以上が、レイドジャパンのマスダブラスタの4つの強みです。マスダブラスタのバズベイトが飛距離が出る設計ということは先ほど述べさせていただきましたが、立ち上がりの早さについて、もう少し詳しくご紹介したいと思います。マスダブラスタのバズベイトはヘッド部分が大きく、重量もあります。それにも関わらず、水面への浮き上がりがとても早いという強みがあります。

水面までの立ち上がりが早いと、長くそして早くベストなバズベイトコンディションで、ポイントを引っ張り続けることが可能となります。マスダブラスタのヘッド部分は、前方に板を張ったように水に対する抵抗を大きく受けて浮力を生み出す構造になっています。このため、少しリールを巻くだけで早く水面まで立ち上がってきます。

さらに一般的なバズベイトのペラよりも一回り大きいペラを取り付けているため、このペラもヘッド部分と同時に浮力を発生させる役割をもっています。また、一般的なペラはワイヤーにペラが挟まっている状態でありますが、マスダブラスタのペラはワイヤーに対してアルミパイプを入れ、そこにアルミ製ペラを巻いているため強く低音なサウンドを実現できています。

そして、バズベイトはブラックバスに対してアクションさせながら食べさせるという釣りではなりません。それとは真逆の視点で、バズベイトの独特なサウンドとペラによる水掴みで水面をかき回すことによって、バズベイトをブラックバスに追って来させる釣りです。そのため、このバズベイトのペラによる水の掴む力がとっても重要になります。

その点、レイドジャパンのマスダブラスタのバズベイトはペラが大きい分、水掴みの能力が抜群に素晴らしいです。まさに、陸っぱりに必要とされるロングキャストが可能であり、バズベイト自体に重量があるのにも関わらず浮き上がりが極めて早く、そして水掴みの力が圧倒的に強いブラックバス釣りをする人の悩みを解決するルアーとなっています。

また、マスダブラスタのフック部分に「レイドジャパンのFAT WHIP 3inch」を付けることによって、さらに飛距離が伸びて浮き上がり性能も良くなりブラックバスの釣果アップをより期待することができます。

マスダブラスタのカラー塗装とその他のメリット

これまでレイドジャパンのマスダブラスタの良さや強みをご紹介してきましたが、一つ気になる点があります。それは、マスダブラスタのボティカラー塗装についてです。やや障害物や岩場などがある場所で、マスダブラスタをキャストしているとボティーカラー塗装がその衝撃によって剥げやすい印象があります。これに関しては、キャスティングする場所を注意すれば良い点ですが、ちょっと気になる点です。

一方で同じ衝撃でも、マスダブラスタに大きな特徴があります。マスダブラスタのワイヤーは、他のバズベイトと比べて比較的太い設計になっています。ブラックバス釣りをバズベイトを使ってする人であれば、ブラックバスとファイトした時にワイヤーが曲がってしまうといった経験はないでしょうか。バズベイトはワイヤー部分が曲がってしまうと、これまでの感覚とは大きく変わってサウンドも出にくくなり、浮き上がりも悪くなります。

しかし、マスダブラスタのバズベイトワイヤーは太くて丈夫なので、巨大バスとファイトしても簡単にワイヤーが変形してしまうことがありません。そのため、衝撃にも強いバズベイトとなっているので、マスダブラスタはいつでも同じコンディションで操作することが可能となります。そして、フック部分はバズベイトに固定されているため、ここに差別化がマスダブラスタはできています。

どんなに本体機能やサウンドが良くても、取り換えが不可能なフック部分にもフッ素コーティングが施されています。マスダブラスタのフック針にはフッ素コーティングがなされているため、バイト時の刺さりがとても良いです。レイドジャパン製品は、ブラックバス釣りをする人が快適な釣りができるプロダクトが多いですね。

関連記事
釣り人必見!釣具が10万円お得!Yahoo!JAPANカードの補償が凄い
レイドジャパンバズベイトの新色カラー効果と通販事情
レイドジャパンダッジの新色カラーと理想のラインをインプレ
レイドジャパンフルスイングのカラーとフックサイズの魅力

 

スポンサーリンク









Twitterでフォローしよう

おすすめの記事